時々コラム

あえて自分に課す、2020年の読書目標。

2020年を迎えるにあたって、自分に課したことがあります。

「今年はよりいっそう本を読む!読みたくない本も読んでみる!読んだ本をきちんとメモしておく!」

もともと読書は好きで読むことは苦痛ではないのですが、油断すると自分が読みたいものだけ、読みたいジャンルのものだけにひたってしまうので、自分自身の語彙を増やしたり視野を広げるという意味でも、無理やり好きじゃないジャンルの本も読んでみよう、という

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
10

名前をデザインする ~私たちのこだわり。

先日、打ち合わせの帰りの車の中で「チキン南蛮はカフェのランチメニューとして有りか無しか」という話になりました。

…よくこういうふざけた話をしているのですが、結論から言うと私の個人的見解としては「無し」で、理由は「チキン南蛮の"蛮”の文字の印象と"ばん”という音がカフェのイメージとかけ離れているから」です。だから、例えば「カリカリチキンのスイートビネガーマリネ」とかなら有りかな。「豚の生姜焼き」が

もっとみる
スキありがとうございます。
101

1周まわって感じる地域格差。

くらしアトリエは、いわゆる「地方」である島根県を中心に活動しています。

およそ15年前、活動を始めたきっかけのひとつが「転勤族の妻でも自分らしく働けないか」という思いでした。

いくらやりがいを持って働いていても、夫が異動になれば「妻が仕事を辞める」のが当時の既定路線で、それ以外の選択肢はない。もちろん家族との暮らしも大切にしたい。ならば、どこに引っ越しても同じように仕事ができる環境を作ったらい

もっとみる
スキありがとうございます。
18

いまを豊かに生きるために 取り入れるもの、譲れないもの

昨年の12月、こんなコラムを書きました。

スケジュール帳を選ぶのに変なこだわりがあって…というお話。この時は「なんとなく手で書くことで頭に入るような気がして」手書きの手帳を愛用している、と書いていたのですが、わたくしこのたび、手帳を買うのをやめることにしました。

このコラムで書いた「悩んだ末に選んだ」というスケジュール帳を、結局スケジュール帳として使うことがほとんどありませんでした。ライターと

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
8

プレゼンは苦手。苦手なものを頑張ることで見えてくるもの。

こうして「時々、コラム」を書いている金曜日。

あすは出雲市斐川町の荘原地区というところで、タウンミーティングのコーディネーターを担当するのですが、その中で「地域づくりの心得」的なことを発表させていただくということで、プレゼンの準備もしています。

■ 今までいろんなプレゼンをやってきました。‥が、一向に慣れません。

プレゼンテーションや事例発表。NPOとして活動し始めて12年、今まで幾度となく

もっとみる
スキありがとうございます。
8

おばさんはインフルエンザにかからない説。

この2、3日でぐぐっと寒くなり、全国的にインフルエンザが流行を迎えたとニュースで言われています。くらしアトリエスタッフも来週県外研修を控えており、「行く前に予防接種してこなくちゃ」と言っていました。

私は、と言うと、体質なのかインフルエンザにかかったことはほとんどありません。一度子どもたちが小学校低学年の頃にうつされて罹患して以来15年近く、毎年、たとえ子どもがかかっても、オットがかかっても、私

もっとみる
スキありがとうございます。
6

バズるより「きちんと伝える」を選ぶ。

くらしアトリエスタッフは、お互いに「この文章ためになったよ」というサイトや、読んだ本などをシェアする習慣がありますが、今日はその中から、先日noteで読んだこちらの記事をご紹介します。

こちらの記事は、フォローしている料理研究家の方が紹介されていたもの。その方は、料理もインスタ「映え」など、本来伝えたいところ以外のことで評判になることが増えて、これからの在り方を考えていかなければならない…という

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
9

しんどい時こそ、悩み迷う時こそ。

変な話ですが、くらしアトリエの中心スタッフはふたりおりまして、このふたりには、「共通の脳内フォルダ」(のようなもの)があるとされています。

すなわち、ある「もの」を想像したときに頭にぽわわんと浮かぶものがほぼ同じ。同じ話をしていて同じように頭の中で発想を飛躍させ、飛躍した先に発する言葉まで同じだったりして、ちょっと気持ち悪いくらいに、共有のフォルダにいろいろなものが収納されています。

普段は、

もっとみる
スキありがとうございます。
5

人生は3万日。それをどう生きるかは自分次第。

人生は30000日。

というのは、2013年6月にアメリカのDropbox社のCEOであるドリュー・ヒューストン(Drew Houston)が大学の卒業式で行ったスピーチの一部です。

※Dropbox(ドロップボックス)とはオンラインストレージサービスの会社で、くらしアトリエスタッフもこのサービスをかなり利用しています。データをクラウドに(しかも膨大なサイズの)保存しておけるので、ハードディス

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
9

選ばれる「情報」。今の時代の情報発信について考える。

「シマシマしまね」でワークショップや勉強会などを企画するとき、「集客」というのはいつも最優先で考えなければならないことであり、そのためにどんな発信方法を行うのかも、その時々ですごく考えます。考える中で何となく気づいたことがあるので、今日はそのことについて綴ってみたいと思います。

例えば10数年前、ウェブで発信すると言えばホームページやブログしかなく、ウェブで集客を図るのはすごく大変なことでした。

もっとみる
スキありがとうございます。
9