文化を作る

辻井喬=堤清二 著作一覧

辻井喬=堤清二 著作一覧 堤 清二(つつみ せいじ、1927年(昭和2年)3月30日 - 2013年(平成25年)11月25日)は、日本の実業家、小説家、詩人。筆名は辻井 喬(つじい たかし)。学位は博士(経済学)(中央大学・1996年)。日本芸術院会員、財団法人セゾン文化財団理事長、社団法人日本文藝家協会副…

自己紹介④

立ち上げで苦労したことは大きく3つです。 1つ目は院内の理解。 2つ目は開設申請。 3つ目は集客。 病院には基本的に「病気にかかった方」がお越しになります。 なので、フィットネスのように健康づくりをするって言うことに対する理解というか、文化がありませんでした。 「遊びの延長のよう…

自分の中で熱男がたまに出てくる。そいつは徐々に自分を蝕んできている。

Google keepの中にこんな文章が残っていた。いつのだろうか、去年?これ自分が書いたのか疑うが、面白かったので共有しておこうというアーカイブ投稿です。 この時代は腐りつつある。 教育はGHQに変えられ、 誰もが、 自分さえ良ければ良い。そんな価値観で溢れかえっている。 そんなことはどうでもい…

自己責任を当たり前にしてはいけないと思う。

自己責任という言葉を上司によく言われる。 果たして上司のいう自己責任とは、 私たち若手が素直に受け入れていい価値観なのだろうか、いや、それは違うような気がする、という話。 自己責任 ・自己責任は、自己、自分自身の行動により発生する影響は、自分がとらなければならないという考え方であり…

贅沢、そして、心豊かに

Leica 主催の小山薫堂さんのトークショー。以前、FUJIFILMのトークショーに行ったことがあるけれど、個人的には、小山さんはLeicaが似合うと思っている。 Penで人間国宝ポートレート を連載していて、そのきっかけが、Mを買って、写真を撮りたかったから、って。 小山さんといえば、くまモンの生みの…

価値観を共有した社外のチームを作るまで

昨日は、2月1日にローンチしたメディア「イケウチな人たち。」で全面的に関わってくれている灯台もと暮らしが主催する「もと暮らの深夜枠」という動画に出演してきました。 対談したくいしんさんから、最後にこんな力強いコメントをもらいました。 「イケウチさんのタオルは、『日本一のタオルなん…

これからの豊かさを考えるメディア「イケウチな人たち。」をはじめます

突然ですが、2月1日にwebメディア「イケウチな人たち。」を始めます。 「イケウチな人たち。」は、私たちが好きな人たちとこれからの豊かさについて 考えるウェブメディアです。 私たちは、社員というよりも、その周辺にいる取引先の方やお客様など、IKEUCHI ORGANICに関ってくれていて、応援してく…

ブランドが文化を作る必要がある理由〜あるタオル屋さんの話〜

noteの連動企画、#平日の備忘録 で一緒にやらせてもらっている平山さんが、とてもステキな文章を書いてくれた。その中にこんな一文がある。 個人的な感覚でざっくり言ってしまえば、文化は「思想×共振」が雪だるま的に大きくなっていく様そのものだと思っています。まずはブランド側が目指す未来や…