恋愛実話

22歳、オーストラリアで出会ったタイ人との、人生最大の恋愛のおはなし。②

私がオーストラリアに着いて2週間後に、クリスマスホリデーがはじまった。

暇になることが怖かったけどそんな心配と裏腹に、彼は私を頻繁に誘ってくれた。あの帰りみちに紹介してくれた友達と彼と私は、クリスマスホリデーの間ほぼ毎日、安い韓国料理屋さんに飲みに行った。

拙い英語でなにをそんなに話したのか覚えていないけど、朝までノンストップで飲むのが定番になった。

常に3人でいたけれど、特に、彼と私の距離

もっとみる

22歳女、オーストラリアで出会ったタイ人との、人生最大の恋愛のおはなし。①

21歳。ミュージカル女優を諦めフリーターになって2年。

好きなことを探そうとひらめいた。英語を話せたらかっこいいなって思ってオーストラリアへの語学留学を決めた。

出発は11月末。6月からバイト2つと就職して貯金、辿り着いたオーストラリア。

How are you?という挨拶にすらなんて返事したらいいかわかんなかった。

休憩時間、同じクラスの男の子が話しかけてくれた。

なにも話せなくておど

もっとみる

信じられないほどバカな女【4】

ドキドキとソワソワとが私の中で弾けそうだった。

繋いだ手から彼のドキドキが伝わり、彼のドキドキが余計に私をドキドキさせた。

もしかして好きになってきてる?

気になってきてる?

最初はタイプじゃないし、今日のデートが終わったら断ろうと思ってたのに次に会う日は何処に行こうかなど考え始めてきた。

彼も私も緊張は止まらないが話もスムーズにできるようになった。

楽しいと思い始めてる自分がいるのを

もっとみる

信じられないほどバカな女【3】

彼も私も初めて会うのでお互いに緊張していた。

私はタイプじゃないと思われても良いと思いながらも好意を持ってもらいたいと思った。

わがまま性格のせいか訳がわからない感情が生まれた。

挨拶をすませ彼が乗ってと言うので車に乗り込んだが乗り込みながら、この人大丈夫な人かな?

怖い人じゃないかな?

帰って来れるかななど色々考えたが乗ってしまった。

彼は緊張した顔をしながら「ごめんね、遅刻しちゃっ

もっとみる

フィリピン人夫♥️日本人妻3:出会い3

8月30日、話の内容が赤ちゃんとかになる。彼は赤ちゃんが欲しいと言う。私は、もう一生産まないと思ってた。

今考えるとバースカフェでオーガズミックバースを知ってから赤ちゃんのことが頭によぎってた。今、しかも妊娠中、本当にお腹の赤ちゃんは二人が願って私のところにやって来た子。

でも当時の私は困惑してた。離婚は決めてはいるものの、下の子がまだ1年生だったので心配で、こどもと離れる決心はうまくついてな

もっとみる
スキ、ありがとうございます。とっても嬉しいです☆

フィリピン人夫♥️日本人妻の私:出会い2

8月28日、話しは続く。話していく中でなんだか漠然と、私きっとこの人と一緒に住むんだな~とか離婚も前なのにそういう予感がしてた。

なんで昔少しかじったスペイン語を今になって勉強したくなったか?不思議だった。フィリピンはスペインの植民地時代を経験してはいるもののスペイン語が話せるフィリピン人なんていないことが今ならわかる。

英語もずっと好きで勉強していて、カナダに1年ワーホリに行ったけど韓国人の

もっとみる
スキ、ありがとうございます。とっても嬉しいです☆

フィリピン人夫♥️日本人妻の私:出会い

Hello palで出会い、カカオトークで話し始めた私たち。

8月25日~27日はスペイン語で何気ない会話。でもお互い興味を持ち出していたので、スペイン語だけじゃ事足らず英語にシフト。

8月28日にソウルメイトを探しているって話に。私が結婚して子持ちだと知っていた彼は、まさか私もソウルメイトを探しているだなんて夢にも思っていなかった。私もソウルメイトを夢見てるんだ。今生中に会えるかわからないけ

もっとみる
スキ、ありがとうございます。とっても嬉しいです☆
ありがとうございます!いくつになっても褒められていたい。
1

《エピソード27・手にしたものは失うことの始まり》  弱冠20歳で1000万超えの借金、鬱、自殺未遂、親との確執。からのプロテストクリア、月収100万、結婚、子供、車、家、自由時間。自己破産せずに逆転人生を実現させた返済リアル話とサクセスストーリー。お金、性、人間模様など。絶対に知らないけど知ったほうがいい裏話を公開しています。

永遠のないキス

Cちゃんと抱きしめあったベッドは色がなくて、温かみのないお互いの肌だった。どこか投げやりで、どこか慌てていて。それでもCちゃんを抱いたことで次の日にみるCちゃんは違ってみえた。砂で作られた人形のように、あの日から僕の中のCちゃんは跡形もなく消えそうだった。それがなぜかはわからなかったけど、、、

突然の旅立ち

それから僕とCちゃんは形式的に会っていた。お互いの弱さや傷を舐め合う

もっとみる
ありがとうございます!褒められるのはいくつになっても嬉しい!

文章を上手に書ける人は好きですか?

こないだ年上の女性編集者と飲んでいるときに、「好きな人、付き合う人ってどうやって選ぶの?」と質問された。

「3つ考えて!」とのことだった。「いやー、そういうの毎回決めてるわけじゃないっすからね〜」とかなんとか言って、本当にないなあ、浮かばないなあ、と思った。いわゆる異性の「好きなタイプ」というのはあまりない。

なんとかひねり出した答えのひとつは「目の離れた人」。こう答えたのは、これまた別の(今

もっとみる