ちばつかさ

柔道整復師/心と体のコーディネーター/コラムニスト/児童相談所補助員 東京と福井に投げ銭制の接骨院『小道のほぐし接骨院』を運営。野球を教えない野球レッスンを運営。U12侍ジャパン代表選手を輩出。 公式webサイトhttps://www.chibatsukasa.com/
固定された記事

ちばつかさです。僕が過去に体験した実話や、そこからの物語。学んだこと。伝えたいことを書いています。

はじめまして。夢を追いかける途中で挫折を味わい、生きる意義も歩く道も失った過去。タガが外れた僕は遊びを覚え借金をしました。その額は1000万。 若干20歳。自業自得と…

児相3日目。「距離」

 人と人との”距離”はとても重要で、その感覚がズレてしまえばたちまちそこにある関係性は形を崩す。身体的な距離が近ければ心は離れようとするし、精神的な距離が近けれ…

児相2日目。「空っぽの茶碗」

 子どもたちがご飯を頬張る姿をみていて、なんだか幸せになる。その姿だけで安心する。生きるために、夢中で食べ物を口に入れるあの時だけはきっと、嫌なことも忘れている…

児相1日目。「隔たり」

この4月から、とある児童相談所の夜間補助員としての活動が始まった。決して立派になんかなれない大人のような子どもである僕が、立派になろうと苦しむ子どもたちに、”子…

かぎりなく透明に近い心。

私は“普通だ“ そう思っている人がほとんどなんだと思う。 東京駅に向かう、とある地下鉄の駅構内に、一般的に“ホームレス“と呼ばれるであろう女性がうずくまっていた…

教育って“受け取り方”を学ぶこと。本当のバカと価値のあるバカの違いからみる教育の必要性。

どうやら人間の心理というものは、自分が理解できるもの、知っているものを“価値のあるもの”とか“必要なもの”と判断するし、知らないものや見たことがないものを“無価…