建設機械

夢は叶う!!

夢は叶う!!

20代の頃、ワタミの渡邉社長がカンボジアの子供たちに教育機会を付与するために始められたSchool Aid Japanのことを書籍で知りました。その後、都内の学校運営をされるなど、飲食事業以外にもどんどん活躍のフィールドを広げていかれる姿は、いつしか私にとって憧れの経営者となりました。 そして…。 いつか、私も学校運営に携われるような経営者になりたい! 社会に出てから自分の行く末に不安を覚え、自分を見失っていた時に、希望の光を見つけた瞬間でした。 あれから20年…。あ

スキ
12
建設機械メーカー世界3位|中国XCMG超大型クレーンの特許

建設機械メーカー世界3位|中国XCMG超大型クレーンの特許

  前回の記事で第22回中国特許賞について紹介しました。今回の記事では、同賞にランクインしていた企業のうち徐州市で唯一の金賞受賞企業である徐州重型机械有限公司に注目し、該当の風力発電設備に使用される技術に関する特許と、同社のグループ企業である徐工集团工程机械股份有限公司(XCMG)の知財活動や最新情報について紹介したいと思います。 (画像引用元)http://news.cmol.com/2021/0720/89008.html 1.  徐州重型机械有限公司   徐州重型机

スキ
3
40* 建設機械業界の発展から学ぶ、今の人間に必要な素質とは

40* 建設機械業界の発展から学ぶ、今の人間に必要な素質とは

こんにちは、野々村健史です。 毎日note! いつも読んでいただきありがとうございます。 先日、非常に興味深いニュースを発見しました。 そのニュースがコチラです。 鹿島と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、1000キロメートル超離れた場所から建設機械の遠隔操作と自動運転による施工実験を実施し、高い精度の施工を実現した。両者は月面で無人による有人拠点建設を目指しており、今後さらに遠方の海外現場での実験を進めるなど、計画の実現に向け共同研究を継続する。 1000km先から

スキ
5
【特許から見たSDGsグローバル企業ランキング】9.a 建機・建設サービス

【特許から見たSDGsグローバル企業ランキング】9.a 建機・建設サービス

SDGsのゴール「09.産業と技術革新の基盤をつくろう」のターゲットである 09.a アフリカ諸国、後発開発途上国、内陸開発途上国及び小島嶼開発途上国への金融・テクノロジー・技術の支援強化を通じて、開発途上国における持続可能かつ強靱(レジリエント)なインフラ開発を促進する。 については建機・建設サービスという観点でランキングを作成しています 9.aについてはインフラということで道路、橋、鉄道でもランキングを作成しております。 特許出願状況・ランキングおよび母集団検索式

ド文系の一般人が建設機械等の資格を沢山取った話

ド文系の一般人が建設機械等の資格を沢山取った話

こんにちはHIROです。今回は僕のような体の弱い人間が建設系を含めた資格を沢山取ったお話をしたいと思います。普通に生きていたらこれらの資格は使うことはもちろん、知ることも無い資格もあると思います。 ~3年間で僕の取った資格~ ・第一種中型自動車免許 ・玉掛け ・小型移動式クレーン ・刈り払い機(芝刈り) ・中型二輪免許 ・第二種電気工事士 ・大型特殊免許 ・車両系建設機械 ・フォークリフト アホみたいに取ってしまいました。特に夢があって取ったわけではあり

スキ
6
建設現場にもDX!0301

建設現場にもDX!0301

建設現場における自働化システムについての記事です。 今までの自動運転は、自動車に対しての記事が大半でしたが、 油圧ショベルに対して、また後付可能というところが珍しいと思いピックアップしました。 掘った土をダンプに乗せるだけしか自働化できませんが、特殊な免許が必要なショベルカーの自働化、また既存の機械にも後付で使えるということで市場のニーズは高いのではないでしょうか。 建築現場のDX化も進んでいますね。

スキ
2
燃料小売業で学んだこと #3

燃料小売業で学んだこと #3

~ 顧客との距離を縮める方法 ~ 顧客(建設関係)への距離の縮め方は、建設会社での経験を活かした仕事の仕方により安心感を与えることでした。 具体的には、工事の内容から燃料消費量を予測して定期配送の提案を行ったり、給油に係る付随作業として重機を操縦したことです! また、現場で働いている方の中には以前、運転業に従事していた方が多かった為、意図的に愛車の装飾を施すことで興味をそそり、声を掛けてもらうきっかけを作りました。 結果、他社とは違う車両が人目に付くようになったことで顧

建設機械メーカーの世界売上高ランキング(2021年版)

建設機械メーカーの世界売上高ランキング(2021年版)

本ノート(以下「本ノート」という)では、世界の建設機械会社の本ノート開時点で入手可能な売上高をもとに、各社の売上高をランキング形式で掲載しております。建設機械会社には、キャタピラー、コマツ、ディア、日立建機、ボルボ、リープヘル、三一重工、斗山インフラコア、テレックス、徐工集団、中連重科、CNHインダストリアル、タダノ、コネクレーンズが含まれます。 なお、本ノートは、本ノート作成者が信頼できると細心の注意を払い判断した出所からの情報に基づき作成されていますが、本ノートの記載内

有料
500
石炭露天掘機械技術研究組合について

石炭露天掘機械技術研究組合について

1.目的  石炭露天掘機械技術研究組合(以下「組合」と称す)は,わが国エネルギー政策の一つである石油代替エネルギー開発方針に沿って、海外炭の採掘合理化を図るべく、昭和58年3月に設立された。  海外炭露天掘用建設機械の研究開発を目的として、組合はわが国主要建設機械メーカおよびタイヤ・油圧機器等主要コンポーネントメーカからなる11社で構成されている。  当組合が目指す成果は、近年進歩の著しい各種先端技術を駆使し、時代の要請である省エネルギー、運転や保守整備の容易化安全性の確保を

スキ
2
亀有工場の建設機械(昭和37年)

亀有工場の建設機械(昭和37年)

昭和37年○2月 F03形トラッククレーンを改良したF34形トラッククレーン3台完成 (注)F03形トラッククレーンの巻上荷量7.5tを10.5tに容量増大したもの 納入先 1.(株)ド東海事業所 2.国際運輸(株) 3.日産自動車(株)室蘭営業所 ○3月 T09形油圧ブルドーザ試作完成。(日立最初の製品)(日立最初の製品) 牽引馬力:約76PS 原動機:日立B-40形ディーゼル機関 定格回転数:1,500rpm 最大出力:95PS TS09形トラクタショベル試作完成

スキ
2