川崎市殺傷事件

6月に多く読まれたコラムTOP3

6月度もたくさんの方に武蔵野算命塾のコラムをお読みいただき、ご連絡やお問い合わせもたくさんいただきました。

6月に多く読まれたコラムの第3位はこちらです。

非常にショッキングな事件でした。

過去に、そういう共通の行動性を示す子供を持つ親に伝えたことがありますが、全員が「うちの子に限って・・」と言って、誰一人聞く耳を持たず、その結果、全員が、人を傷つけるか、DVに走るか、あるいは自殺という結末

もっとみる

「不良品」などいないが、孤独は人を喰う ある連続殺人犯の父の手記

2019年5月28日、川崎市で痛ましい無差別殺傷事件が起きました。
被害者とご家族など関係者にお悔やみとお見舞いを申し上げます。
以下の文章は敬称略とします。

広がる殺傷事件の波紋

20人もの死傷者を出し、犯人が自ら命を絶った川崎市の事件は、様々な反応を引き起こした。
話題になったのはタレント松本人志のテレビ番組での発言だ。

「人間が生まれてくる中で、どうしても不良品っていうのが何万個に1個

もっとみる
Many Many Thanks !!
143

【長期化した重度ひきこもりの問題を解決できる、現実的思考】

私の経験では、長期化した「重度のひきこもり」は、なんらかの精神疾患に罹患しているケースばかりだった。そもそも精神疾患の症状としての「ひきこもり」は昔からあり、たとえば統合失調症にも、ひきこもりの症状はある。そのため家族も、偏見や体裁から本人の状況を受け入れきれず、第三者の介入を拒む傾向がある。これは、長くひきこもりの問題に携わる専門家の間では周知の事実である。

今や世の中にはメンタルヘルスにまつ

もっとみる

川崎市登戸・殺傷事件② 【事件の引き金とみる、川崎市精神保健福祉センターの大きなミステイク】

note川崎市登戸・殺傷事件①では、国の曖昧なひきこもり定義について書いた。今後は、「軽度」「中度」「重度」の見極めをおこない、それぞれに見合った支援を提供していかなければならない。その区別がないままに支援をおこなうことは、再び川崎市登戸のような凄惨な事件や家族間の殺傷事件を引き起こすことにもなる。

事件の経緯を振り返る

はじめに、報道から分かる範囲ではあるが、事件までの経緯を振り返っておく。

もっとみる

川崎市登戸・殺傷事件①【孤絶を招く、国の曖昧なひきこもり定義】

5月28日朝、神奈川県川崎市多摩区登戸で、スクールバスを待つ小学生や保護者が刃物を持った男性に襲われ、2人が亡くなり、18人が重軽傷を負った。

理不尽に命を奪われた女児と保護者の男性に心よりお悔やみを申し上げます。また、心身に大きな傷を負った子供たち、保護者の方々にお見舞い申し上げるとともに、一日もはやく日常を取り戻せるよう願っています。

曖昧なひきこもりの定義

被疑者が「ひきこもり傾向にあ

もっとみる

川崎市殺傷事件の被害者遺族の事を法的に考えた。

ご冥福をお祈り申し上げます。
今回2019/5/28に起こった痛ましい事件のその後を法律の専門家にお聞きしてみました。
僕らが被害者遺族の方々に出来る事って何だろう?
可哀想とか、大変だよねって、そもそも投げやりな無関心の現れだと私は思う。残されたご遺族の事をもっとしっかりと知らないと、サポートしたくてもやり方が解らないんじゃないかな?
少なくとも僕はそう思う。
僕らが被害者ご遺族に出来る事はなん
もっとみる

「川崎・登戸通り魔事件」から、川崎の腐敗した公教育行政を嘆きつつ、「階級闘争」の予感を書いてみる。

 6月になりました。梅雨も近いのか、暑かったり寒かったりの繰り返しですね。私は、副鼻腔炎(鼻のちくのう症)の治療に本腰を入れ始めたのですが、抗生物質を何日か呑んだ後、頬の奥の方とか眉間とかが灼けるような感じとなり、ひょっとしたら(「軽い方だと思いますよ」と言ってた)お医者さんの見立てよりもやられてる範囲が広いんじゃ無いか。と思っております。ここ数年、左目だけムズムズするのが続いてたり頭痛が時折走っ

もっとみる

「川崎市登戸事件」その後

先日の「川崎市登戸事件」の記事について、かなりの反響をいただいております。

かなりショッキングな事件だっただけに、多くのの方が関心を持たれ、「うちは大丈夫か?」という恐怖感を持たれたようです。
結論を言いますと、この時点まででご連絡をいただいた方は、全員大丈夫でした。

こういう記事を書いたり、武蔵野算命塾の会員の皆さまにメール配信をした時に、いつも思うことなのですが、同じような危険性がある方か

もっとみる

川崎の事件と引きこもりについて

川崎市の痛ましい事件

その真相が 明らかになってきて

容疑者が 引きこもりだったという
ことですが

これはまさに 日本社会の闇とも言える。

日本の人口の 約1割は
引きこもりなんだから

少なくとも1000万人以上は
いるわけですよ。

つまり、 起こるべくして起こったということです。

これは プロローグに過ぎなくて

こうゆう事件は 増えて行くはず。

今回の 容疑者は

相手を刺

もっとみる

川崎市登戸 死傷事件

昨日(5月28日)、神奈川県川崎市登戸で痛ましい事件が起こりました。

引率の大人を含む小学生の殺傷事件で、19人(2人死亡)が刺されるというショッキングな事件になりました。

犯人は岩崎隆一(51歳)で、現場から15分くらいのところに住む、職業不明の男だったようです。
犯人が自殺してしまい、動機等の発表はされていませんが、家庭環境を含め、子供時代の断片的な事実も少しずつわかってきたようです。

もっとみる