子産

「楽則能久」と「好きなことで、生きていく」

「座右の銘は何ですか?」と聞かれたら、私は「楽則能久」と答えます。

「楽しければ永続きできる」という意味ですが、それだけだと遊びほうけているキリギリスが得をするような印象を受けてしまいそうですので、長めに説明してみます。

この「楽則能久」という言葉は、古代中国春秋時代を記録した「春秋左氏伝」に出てきます。「春秋左氏伝」という書物は、「春秋」(作者は孔子とされています)という歴史書に、後で左丘明

もっとみる
ありがとうございます!
9

おすすめの歴史小説(1)

宮城谷昌光

・楽毅(全4巻:完結)

・子産(上下巻:完結)

北方謙三

・水滸伝(全19巻:完結)
楊令伝(全11巻:完結)→岳飛伝(全17巻:完結)へ続く

・楊家将(上下巻:完結)

・武王の門

高橋克彦

・炎立つ(全5巻:完結)

・火炎(上下巻:完結)

佐々木功

・慶次郎、北へ(完結)

簑輪諒

・最低の軍師(完結)

富樫倫太郎

軍配者シリーズ(早雲・信玄・謙信:それぞ

もっとみる

古代中国で大火事その意外な消火方法とは?

身近な災害で人命を奪う事もある火事、その歴史は人類発祥より古く、
また、人口が密集するようになると被害も大きくなりました。
春秋戦国時代の中国は、すでに周囲を土壁で囲んだ城塞都市であり、
ひとたび火事となれば、甚大な被害が出ました。
そんな火事に、古代中国人はどう対応したのか?
実は、消火活動の一文が春秋左氏伝襄公九年に記されていました。

紀元前564年宋で大火事が発生する

紀元前564年、宋

もっとみる
明日はハレルヤ
5