地域研究交流センター

自分の住む町の未来をデザインしていける仕組みづくりが必要

自分の住む町の未来をデザインしていける仕組みづくりが必要

大学と地域との連携を考えるオンラインイベント「地域研究交流フォーラム」に参加してくださった、南アルプス市在住の農家で移住者の古川翔太さんが寄稿してくださいました。ご紹介させていただきます。 日本全体として今後人口減少は避けられない事象となっています。特に山梨県含め、地方は都心と比較するとその減少していくタイミングは早いものと思われます。その中で、行政は試行錯誤しながら進んでいますが、どうも要領を得ないというか、どの分野においても本当にきちんと考えた結果なのかと疑問に思ってし

スキ
7
地域との連携において、大学に期待すること

地域との連携において、大学に期待すること

山梨県立大学地域研究交流センターが、本学の15周年にあわせて3月2日に開催した「地域研究交流フォーラム」のメインコメンテーターを務めてくださった、保坂久さん(南アルプス市役所 総合政策部 理事・南アルプスIC新産業拠点整備室 室長)が寄稿してくださいました(見出し画像:右手が保坂さん。左手は、地域研究交流センターの箕浦一哉センター長)。 山梨県立大学との関わり 10年ほど前、2010年頃、市の政策研究担当として、過疎が進む芦安地域のまちづくりに取り組んでいるときに、県内大

スキ
3
この場限りの話とせず、これからにつなげていく。

この場限りの話とせず、これからにつなげていく。

開学15周年の「地域研究交流フォーラム(オンライン)」を本日開催しました。学内外から80名近い方にご参加いただきました。心より御礼申し上げます。山梨県立大学地域研究交流センターは、地域との教育・研究の連携窓口として、開学と同時に発足しました。第一部では、箕浦一哉センター長が、15年間の歩みを振り返りつつ、大学から見た将来の課題を展望しました。 認知症看護の現場から見た大学の役割 第二部では、JCHO山梨病院にお勤めで認知症看護認定看護師の藤原智恵さんのお話で、認知症看護の

スキ
2
山梨県立大学と拓殖大学のまちづくり事例

山梨県立大学と拓殖大学のまちづくり事例

本学は、拓殖大学と共に、内閣府「地方と東京圏の大学生対流促進事業」を実施しています。今年度も、杉山ゼミナール(山梨県立大学)、徳永ゼミナール(拓殖大学)、富士川町の関係者方々の三者で協力し、富士川町名産のゆずと町内の特産品がセットになっている返礼品「お家でゆず湯セット」を制作しました。 では、内閣府「地方と東京圏の大学生対流促進事業」事業で、どのような活動が実施されているのか。拓殖大学国際学部国際学科の徳永達己教授が寄稿してくださいました。  山梨県立大学と拓殖大学の教育

スキ
7
大学と地域の自治会との交流

大学と地域の自治会との交流

本学は、地域に根ざした大学として、地域の自治会との交流と連携を進めています。 大学周辺自治会と大学との情報交換会は、2009年度から開催されました。当時は大学から学長・地域研究交流センター長・学務課長・学務課副主査・交流支援部長の5名が出席し、自治会からは池田地区周辺自治会から自治会長3名、飯田地区周辺自治会から自治会長、自治会相談役、自治会福祉部副部長の各1名ずつの6名が出席して行われました。自治会側からイベントや講座の情報をもっと発信してほしい、自治会の文化祭などにも参

スキ
3
学生の自発的な地域活動の証

学生の自発的な地域活動の証

本学には「学生優秀地域プロジェクト」という表彰制度があります。2008年度に創設され、12年間で応募総数は65件、そのうち49件が「学生優秀地域プロジェクト」として認定されました。応募総数から、この12年間で3学部の多くの学生達が自発的に地域に出て様々な活動を行ってきたことがわかります。多くの学生が地位貢献活動へ自発的・積極的に参画していることは本学の理念である「グローバルな視野で現実をとらえながら、生活の場である地域で行動していく実践的な知を求めること」を学生が理解し体現し

スキ
1
開学15周年を迎え、地域のみなさまとの交流フォーラムを開催します。

開学15周年を迎え、地域のみなさまとの交流フォーラムを開催します。

2005年の開学から一貫して山梨県立大学の地域連携の中心を担ってきたのが地域研究交流センターです。15周年を迎えた今、その取り組みをふりかえり、今後を展望することを目的として、3月2日に「地域研究交流フォーラム」を開催します。オンラインで開催し、どなたでもご参加いただけます。以下のフォームから、お申し込みください。 15:00〜15:30 第一部:ご報告  「地域研究交流センター 15年の歩み」 15:30〜16:00 第二部:対話 看護の地域連携をめぐる対話(収録動画2

地域と向き合う山梨県立大学の15年

地域と向き合う山梨県立大学の15年

いま大学が地域貢献に取り組むことはすっかり当たり前となりました。少子化時代にあって、地域貢献をしない大学は時代から取り残されるという危機感もあるかもしれません。しかしそれ以上に、地域貢献に取り組むことは大学の教育や研究の充実につながる、という本質的なメリットが理解されてきたという側面があるように思います。 山梨県立大学は2005年の開学当初から「地域に開かれ、地域と向き合う大学」との理念を掲げてきました。この15年の間、県立の大学として、教育事業を通じた人材輩出はもちろん、

スキ
3
学部を超えて地域と協同した15年間の地域研究事業

学部を超えて地域と協同した15年間の地域研究事業

地域研究交流センターでは「地域と向き合い、地域に開かれた大学」であるための取り組みとして、地域と大学がともに地域の課題や文化に向き合い、研究事業を通じて課題解決や新しい価値を創造していくために、地域研究部門を設けています。3学部・研究科の教員から毎年参加を募り、複数学部の教員や地域の方々とで、地域貢献に資する共同研究を行うことを支援しています。今年度、地域研究交流センターは15周年を迎えました。これを機に開設時からの地域研究事業を振り返ってみました。 地域研究事業の振り返り

スキ
5