原辰徳

【原監督に学びたい」常勝軍団を作るマネジメントの鉄則とは?

【原監督に学びたい」常勝軍団を作るマネジメントの鉄則とは?

巨人の原辰徳監督。福岡県の三池工業高校を1965年夏の甲子園で初優勝に導き、翌年からは、今でこそ常勝軍団であるが、当時無名校だった神奈川県の東海大相模高校の監督に就任。 70年の夏。就任わずか4で年同校を初優勝に導くなど、その後甲子園通算17勝を挙げた。高校野球にとどまらず、東海大野球部の監督にも就任。首都大学リーグ7連覇。貢氏の転勤に合わせ。58年に福岡県大牟田市で生まれた原も神奈川へ転居。 74年、貢が監督を務める東海大相模の野球部へ入部。 野球部入部の直前、原は貢とこ

大谷翔平選手に似た隠れ二刀流選手!

大谷翔平選手に似た隠れ二刀流選手!

今回は、エンジェルス大谷翔平に似た隠れ二刀流選手! エンジェルスの大谷翔平選手、大リーグで大活躍ですね! 二刀流と言えば、ベーブルースが世界初の二刀流選手ですが、今回は大谷翔平選手のフォームが似ている隠れ二刀流選手です。

9
100
プロ野球中断期間の1ヶ月間をどう過ごすか 巨人原監督の斬新な取り組み

プロ野球中断期間の1ヶ月間をどう過ごすか 巨人原監督の斬新な取り組み

こんにちは。 オリンピック期間に伴い、 プロ野球の1軍の公式戦は約1ヶ月間中断。 期間中、公式戦ではありませんが、 エキシビジョンマッチが開催されます。 興行面でも効果的ですが、 これまで1軍に出れなかった選手の出場機会も増える点で、 若手を中心とした戦力の底上げにも繋がります。 各球団、この中断期間をどう過ごすかで、 後半戦が変わってくるのは言うまでもありません。 さて、巨人は今日と明後日の2日間、 1軍から3軍の選手を全員シャッフルさせて、 3チームに分けて紅白

ニューシングル「首位攻防戦という大事な試合」

ニューシングル「首位攻防戦という大事な試合」

1
上手い選手より強い選手

上手い選手より強い選手

こないだ上司に褒められ時に言われた言葉 原辰徳監督が言ってたんだってさ ①私は頑張れない人間?ついこないだ3ヶ月かけて取り組んでいた仕事がようやく終わった!最終週なんてタイムマネジメントできてなさすぎたせいで毎日残業🤣🤣🤣自分でもよくがんばったなって思う。 終わったその日にその上司と路上飲みしてた時に褒めてもらえた時に言われた 巨人の監督がなんかゆーてたんやけど 上手い選手より強い選手が欲しいって意味 わかった気するわ 〇〇さんはそれやわ!強い! 最初は、え、どゆ意味

2
巨人原監督の目はすでに交流戦後に

巨人原監督の目はすでに交流戦後に

プロ野球セ・パ交流戦で熱戦を繰り広げている巨人。菅野・坂本というチームの絶対的柱を欠く中で一進一退の攻防を繰り広げている。本来はスタートダッシュに成功した阪神タイガースの勢いが止まっている今に差を縮めたいのだが、巨人も続出する故障者のため勢いに乗れないのが現状だ。そこで飛び込んできたのが、今年ブルージェイズを解雇され、サンフランシスコ・ジャイアンツのマイナーにいた山口俊投手の日本球界復帰というニュース。これには巨人の現状をふまえお気持ちを表明したい。 1.二位 貯金856試

1
お爺さん(74)の思い出 その14中休み     「巨人ついに勝った!執念の鷹狩り」

お爺さん(74)の思い出 その14中休み 「巨人ついに勝った!執念の鷹狩り」

  ついに勝った!巨人は30日のソフトバンク戦で執念の総力戦を繰り広げ、4―3で逃げ切り勝ち。同カード708日ぶりの勝利で天敵相手の連敗をどうにか14で止めた。2年近くに及んだ屈辱がチームにもたらした「鷹アレルギー」も深刻だったが、その間に常勝を義務づけられた伝統球団のプライドはズタズタに引き裂かれた。 優勝争いを演じるシーズン終盤さながらの緊迫感だった。5回2失点の力投で5勝目を挙げた戸郷は、プロ初となる中4日での先発登板。ブルペンでは28日のカード初戦に先発した畠が中1日

【巨人】今シーズンの途中補強策を考える

【巨人】今シーズンの途中補強策を考える

皆さんこんにちは!  またまたコ〇ナの感染拡大が深刻ですが、いかがお過ごしでしょうか? さて、直近2回の投稿では第3次原政権下で行われたシーズン途中の補強について振り返りました。 シーズン途中の補強がチームに与える影響の大きさを感じることができました。その年の選手の状態とチームのニーズを見極めてから選ぶことができるのも大きなメリットですね。 「じゃあ、今年はどうするんだい?」というのが今回のテーマです。まずチームに足りていないポイントを整理してから、これからどんな補強が必

2
原辰徳とグアルディオラを比較してみた話

原辰徳とグアルディオラを比較してみた話

初めに僕はサッカーも好きなんですけど、野球も好きなんですよね。なんなら野球の方が見始めたのは早かったくらいです。両親や周りの影響で巨人ファンになったので巨人のことや原監督のことは人並みには知ってるわけです。なので今回は野球界の名将とサッカー界の名将を比較した記事をお届けしたいと思います。 異常な程のアップデート力監督歴も監督としてチームを優勝させた回数も多い原監督監督とグアルディオラ監督ですが、最大の共通点は異常な程のアップデート力だと思います。 原監督は監督キャリアの多

4
見慣れない「横浜」のユニホーム。似合っているのかどうか、窓ガラスを何度ものぞき込んだ【仁志敏久連載#10】

見慣れない「横浜」のユニホーム。似合っているのかどうか、窓ガラスを何度ものぞき込んだ【仁志敏久連載#10】

前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ FA権を行使したのは、一度は米国でやってみたかったから  2004年オフ、シーズン中に取得したFA権を行使することはある程度決めていました。  ただ、国内球団への移籍は考えていませんでした。選択肢は残留かメジャー。メジャーを甘く考えていたわけではなく、とにかく米国に行ってプレーしたかったのです。  海外での野球の楽しさはアマチュア時代から感じていました。フィールドの美しさや何となく感じる開放感。思い切りのいいプレースタイルも大

3
100