第103回 マンハント (2017年 中国) 福山雅治とジョン・ウーの作り出した消すべき過去

大好きなジョン・ウー監督がなんと日本のスーパースター福山雅治を主演に映画を作った!

すごいタック作品が公開された。

期待に胸高まる!

観た!

めまいがした!

まさかここまで酷い作品が出来上がるとは夢にも思っていなかった。

これ、誰が悪い?

福山雅治が大根なのか?

いや、ちがう。

脚本がひどい!演出がひどい! つまりジョン・ウー監督がひどい!

いくら福山雅治でも、これはカバーでき

もっとみる
うれしいな(๑˃̵ᴗ˂̵)

マンハント

“ 日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」の中国リメイク ”

天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)
がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子
(タオ・オカモト)の死体が横たわっていた。
現場には自身の指紋が付いたナイフが置かれるなど、
突如として殺人事件の被疑者となった彼は、
何者かにハメられたことに気づき、その場から逃走。
そんなドゥ・チウを大阪府警の刑事・矢村(福山

もっとみる
(。・_・)♪
28

『マンハント』

2019年7月12日、
時間をかけて、Netflixで
全8回を鑑賞。
詳しくはググッてね。

①ユナボマー

1995年の実話をベースとして
作られたドラマ。

犯人の動機と素性を解明するのに
長き時間を要した、
犯罪は決して許されるべきことではない、
しかし、第7回で、犯人がどんな人生を
送ってきたのかを見せられる…
天才、ハーバード大学、理想家
恋人はいない、結婚はしてない、
50代

もっとみる

映画:マンハント (2018) ネタバレ有

​ジョン・ウーが放つ中国製日本映画with福山雅治!なんじゃこりゃあ!
冤罪を晴らすため日本を横断する巨編「君よ憤怒の河を渉れ」のリメイク!しかも監督はあのジョン・ウー!映画の冒頭から演歌が流れ、主人公の口から流れるあのテーマ。名台詞。一通りリスペクトが済んだらヤクザ皆殺し!二丁拳銃!鳩!スローモーション!二丁拳銃!!!包み隠さず遠慮無しの高純度のジョンウー節は今も昔のまま!
それを披露してくれる

もっとみる
うれしー!!!!

渋谷のレジェンド

2018年3月1日(木)18:00-18:55

00:00 | 00:30

<番組パーソナリティー>KATSU佐藤
<出演>谷健二(映画監督)映画解説
ジェントル(俳優)進行
尾崎康元(asobist映画ライター)ナビゲーター
<ゲスト>石川路子(女優)

今回紹介したのは映画『マンハント』(公開中)。
監督:ジョン・ウー
http://gaga.ne.jp/manhunt/sp/
さくらがおか学長こと、福山雅治さんも出演中!
壮大なアクションシーンに要注目です★

▶︎

もっとみる

映画「マンハント」

す………すごい。超絶おもんなかった(思わず関西弁が出るほど個人の感想です)。期待はしていなかったけど、ここまでとは……。だいぶきつかった。帰りたくてお尻モゾモゾしてきたよ。ほんまにジョン・ウー監督なん?疑いたくなるほどの脚本のベタさ。主人公である福山雅治になーーんの思入れもないから、さらにキツかった。高橋一生なら新井浩文なら、おもんなくても見続けてられるのに。。PVだと思うからね♥

今回の感想は

もっとみる
ホンマにありがとうございます!私もスキです。
3

映画備忘録 2018年2月中旬

観た映画の備忘録を書いている『後悔と反省の狭間で』の2018年2月中旬分のまとめ。

『マンハント』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』
#マンハント #追捕ManHunt #ジョンウー #福山雅治 #チャンハンユー

『祈りの幕が下りる時』

出典:公式サイト

【備忘録】『後悔と反省の狭間で』
#祈りの幕が下りる時 #新参者 #阿部寛 #松嶋菜々子 #溝端淳平

『今夜

もっとみる

オリジナルを超えられなかった『マンハント』

これは、ちょっとひどいな。。。(笑)

元は1976年公開の『君よ憤怒の河を渉れ』っていう、
若かりし頃の高倉健や原田芳雄が出ている映画なのだけど、
これと比べてしまうと、いろいろお粗末だなと。。。

実は今回の『マンハント』を観る直前に、
予習としてオリジナルの方も観たのだけれど、
物語冒頭から強盗だの強姦だのの濡れ衣を着せられた高倉健が、
事件の真相を追いながらも、刑事たちから逃げるという、

もっとみる
スキありがとうございます!
1

リチャード・コネルの『最も危険なゲーム The Most Dangerous Game』

「右に寄った方に――どのあたりだったかな――大きな島があるんだ」ホイットニーが言った。「ちょっとミステリアスな話で…」

 「何て島なんだい?」レインズフォードは尋ねた。

 「古い地図には『シップトラップ(船罠)島』とある」ホイットニーは答えた。「どうだい、思わせぶりな名前じゃないか?船乗り達はあそこに妙な恐怖心を持っていてね。理由は知らんが。何か迷信でも…」

 「見えないな」レインズフォード

もっとみる