ハリトヒト

献本のある世界、こんにちは

献本って知ってます?
言葉通りだと、本を献上すること。

あんまり馴染みのない言葉ですよね、ネットで意味を調べてみると…

献本
[名](スル)書籍を進呈すること。また、その書籍。「図書館に献本する」・・・出典『デジタル大辞泉』

といった感じです。

お世話になった先生に新書を贈る慣習といった感じでしょうか。
そこに「宣伝して」というお願いも含まれてたりするみたいです。

最近だと、インフルエン

もっとみる

ツルタnoteはじめました

こんにちは、ツルタ(鍼灸師/編集者)です。
世間ではClubhouseがおもしろいと話題ですが、そんな折に遅ればせながらnoteをはじめることにしました。
目次を作れたりとか、機能が充実していてすごいですね。ちゃんと使いこなせるようになりたい、頑張る、楽しい。

ごあいさつ

ツルタ(鍼灸師/編集者)のnoteにようこそ。

ここでは個人的にゆるっとふわっと楽しんで、その時に気になっていることを書

もっとみる

患者は1日1人限定、女性専門のお灸サロン/有山優子氏インタビュー(webメディア「ハリトヒト。」)

1日1人の患者とじっくり向き合う――。

女性専門の自宅サロン「鍼灸マッサージサロン和み」では、そんな治療が日々行われています。

院長の有山優子先生は子育てが落ち着いてから、鍼灸専門学校に通い始めたという異色の経歴の持ち主。なぜ、鍼灸師になろうと思ったでしょうか。

あえてお灸専門にした理由とともに、ウェブサイト「ハリトヒト。」で伺いました。私は記事の構成を担当しました。

ぜひご一読ください。

もっとみる

LGBTフレンドリーの鍼灸院を/飯塚聡氏インタビュー(webメディア「ハリトヒト。」)

性別にとらわれず自分らしく生きたい――。そんな声を上げる人たちが増えて、LGBTという言葉が急速に浸透しました。

「LGBT」とは、「レズビアン(L)」「ゲイ(G)」「バイセクシャル(B)」「トランスジェンダー(T)」それぞれの頭文字からとった性的マイノリティの総称です。

ただ、言葉は広がったとはいえ、まだその理解は十分とはいえません。そんななかか、「LGBTフレンドリー」を打ち出す鍼灸院があ

もっとみる

eスポーツを鍼灸治療でサポート/平松 燿氏インタビュー(webメディア「ハリトヒト。」)

トレンドを脱して、もはやジャンルとして確立した「eスポーツ」。長時間プレイすれば、健康に支障をきたすのは、スポーツと同様です。

eスポーツに早くから鍼灸師として携わる、平松燿先生へのインタビューが、webメディア「ハリトヒト。」に掲載されています。私は構成を担当しました。

平松先生は、東京有明医療大学附属の鍼灸センターで非常勤として、治療も行っています。

東京有明医療大学附属 鍼灸センター

もっとみる

慶応の大学病院で鍼灸のメカニズムを研究/鳥海春樹氏インタビュー(webメディア「ハリトヒト。」)

大学で鍼灸のメカニズムを研究しつつ、大学病院での鍼灸治療の実践する――。そんな鳥海春樹先生へのインタビューが、webメディア「ハリトヒト。」に掲載されています。私は構成を担当しました。

鍼灸の効果メカニズムに関心のある方、また、研究の道を視野に入れている鍼灸師の方はぜひ、ご一読ください。

【参照サイト】
慶応義塾大学病院 漢方医学センター
http://www.hosp.keio.ac.jp/

もっとみる

クラウドファウンディングに挑戦中です!

3月に始動した「ハリトヒト。」、早くも製本化が決まりました。
製本化にあたり、CAMPFIREを利用したクラウドファウンディングに挑戦しています。

>>> 詳しくはコチラ >>>

インタビュー記事を製本化して、より多くのヒトに言葉を届けたい。そして、残したい。 

ハリトヒト。にアクセスすると、鍼灸業界のヒトたちのチャーミングで味わい深い、実体験に基づいたインタビューが並んでいます。

無料で

もっとみる
いい一日が訪れますように!
7

「で、学会ってどうだった?」 編集後記 by 津田昌樹

4月23日の最新記事「で、学会ってどうだった?」は、いかがだったでしょうか? 学会から中10日、webメディアならではのスピード感で書き上げました。

3月15日と20日の記事「津田先生、学会って何ですか?」【前編】 【後編】を受けて、今まで学会に参加したことがなかった鍼灸師たちが、初参加のリアルな感想や評価をレポートしております。
「津田先生、学会って何ですか?」【前編】【後編】をお読みでない方

もっとみる
あなたにも「スキ」を♡
6

趣味とか、興味ってね、大事やと思いますよ。/鍼灸師:藤川 直孝

5月9日公開のハリトヒト。インタビュー。
大阪・塚本で開業されている藤川 直孝(ふじかわ なおたか)先生です。

臨床だけでなく、講師も長年お勤めされている藤川先生は72歳。
生涯をかけて持ち続けていらっしゃるアイデンティティは、「オモロいこと」への探究心。

常にアンテナを張り続ける姿勢はお見事です!

くわしくは、「ハリトヒト。」インタビューで。

マンガ by @urabe_robo 

もっとみる
いい一日が訪れますように!
10

ハリトヒト。をもっと知っていただくために

ハリトヒト。編集長のさまんさです。
みなさん、お元気でしょうか?

わたしはGW直前だからか、目が飛び出るほど安くゲットした航空券でソウルにおります。

(専門学校の同期の子とふたり旅)

Peachで片道4000円。やっす〜。
帰りは8000円。行ったら帰らないといけない旅行者の弱みにつけこまれた感じがしますが、それでも安い〜。

ちなみに帰国した次の日からはめっちゃ高いですね。
ええ、関西に引

もっとみる
ありがとうございます!!
13