タクトレ

自衛隊89式小銃CQB 実戦テクニック

スピードが最優先

CQBにおいて最も優先するべき要素、それは「スピード」。つまり敵を認識してから初弾を発射するまでの時間を速くすることです。他にも「命中精度」「操作性」といった要素がありますが、どんなに射撃が上手でも敵から先に撃たれてしまっては何の意味もありません。CQBの極意は「敵よりも先に弾を命中させる」ことなのです。

もっとみる

特殊部隊CQBテクニック:ダブルタップに代わる射撃術とは

ダブルタップは「基本」なのか

アメリカ軍の一般部隊では至近距離において敵と交戦する場合、通常はダブルタップ又はコントロールペアで射つように教えている。ダブルタップはサイトが敵に入ったらすぐに2発目を射つが、コントロールペアは1発ずつよく狙って射つ。もちろんできるだけ早く射つのだが。どちらの射法で射つかは、敵との距離によって決めるが、どちらにしろ2発を確実に命中させなければならない。

しかし残念

もっとみる

surefire XH30を買った&初期不良に当たった&顛末

surefireって?

懐中電灯屋さんなんですが、普通のではなくアメリカのお巡りさんが持つようなイカツめのやつを作っている会社で、その筋では超有名です。詳しくはぐぐってください。

XH30を買ってみた

で、そこのXH30というウェポンライト(ピストル等に付けて使うモデル)を買いました。同カテゴリではライバル製品や廉価なものもありますが、その歴史や性能で代名詞的なメーカーの製品を一度使ってみた

もっとみる

完全公開!特殊部隊流タクティカル・カービンのセットアップその2〜フォアグリップ、ライト、レーザーの選び方〜

アクセサリーはサポート・ハンドに近く取り付ける

ARやM4カービンにオプティクスやアクセサリーを正しく選んで装着すれば、戦闘において非常に有利だ。前回(その1)ではバットストックの正しい調整の仕方、軍用のA2グリップの欠陥、オプティクスの正しい取り付け方などを紹介した。その2ではフォアグリップ、ライト、レーザーについて説明する。

フォアアームにアクセサリーを取り付ける場合の原則は、サポート・ハ

もっとみる

完全公開!特殊部隊流タクティカル・カービンのセットアップその1〜ストック、グリップ、オプティクスの選び方〜

AR-15が広く普及している理由はたくさんあるが、その一つにモジュラー化されていることが挙げられる。AR-15の初期にはフルサイズのライフルかカービンタイプかの選択しかなかったが、1990年代の中頃からARライフルは非常に進化してきた。

当初はアクセサリー類も銃身に取り付けるシンプルなライトか、キャリング・ハンドルにつけるスコープとかダット・サイト程度のものであったが、今ではオプションもアクセサ

もっとみる

タクトレ・テクニック詳細解説!モザンビーク・ドリルとダブル・タップ

「モザンビーク・ドリル」の用語について:

モザンビーク・ドリルは長い間最も重要なコンバット・トレーニング・ドリルとされ、熱心なシューターたちからその名で知られていた。しかし近年の言葉狩りとも言うべき「ポリティカル・コレクトネス」への配慮から、今は味気のない「フェイリュア・トゥ・ストップ・ドリル(Failure To Stop Drill)」または単に「フェイリュア・ドリル(Failure Dri

もっとみる

ハンドガン・レディ・ポジション解説;実戦的なレディ・ポジションの考え方とは

(カバー画像はエア・マーシャル・レディ・ポジション。航空機内での戦闘を想定したポジションだ。)

多様な任務を遂行する組織では、与えられた任務によってレディ・ポジションを選択することが必要である。

レディ・ポジションは先ず大きく「ハイ・レディ」と「ロー・レディ」に分けることができ、一般に胸から上で銃を保持するのがハイ・レディ、下がロー・レディとされている。また敵の拠点の掃討や室内での戦闘に向いて

もっとみる

完全公開!特殊部隊流セットアップ! ウォー・ベルトの正しい組み方

ベルト自体の作りにも種類がある。右はベルト裏地のパッドにメッシュがついたもの。中央はラバーコーティングされたもの。左は厚めのブロック状のパッドを間隔を開けて取り付けたもので、このタイプは他よりも空気の通りがよく蒸れにくくなっている。

「ウォー・ベルト」とは?

戦闘任務となると、プライマリーとセカンダリーの予備弾倉、救急キット、暗視装置、通信機、ブリーチング用の爆破薬、さらに手榴弾(又はフラッシ

もっとみる

完全公開!特殊部隊流セットアップ! プレートキャリアの正しい組み方

例えばアサルターであれば、戦闘で敵に最大限の損害を与えることが最優先だ。そのためには敵を倒すためのアイテムを一番アクセスしやすい位置に配置しなければならない。

この点こそIFAKの「携行している者の応急処置に用いる」という考え方の欠陥だ。もし負傷者を助けに来た者が、吹き飛んでしまった負傷者のIFAKを探していては、救命の貴重な時間を逃してしまう。

射撃場で丸一日プレート・キャリアを着用したこと

もっとみる

レビュー:SIG SRD9サプレッサー

銃の消音装置(減音装置)はサイレンサー、サプレッサー、サウンド・モデレーターなどとも言われる。金属缶を利用した簡易的なものから、ほとんどメンテナンスの必要がない高性能な製品までバリエーションは多い。

簡易的なものの例は、「ジャガイモ・サイレンサー(リボルバー拳銃の銃口にジャガイモをねじ込んだもの)」や、プラスティック・ボトルやオイル・フィルターを取り付けたもの、タイヤのインナー・チューブを拳銃に

もっとみる