スーパーベイビー

明日にとっての泡立て器

明日にとっての泡立て器

2021年5月25日昼寝研究所寝言レポート#2615 うわーん、まだ火曜日だよ~ そろそろ木曜日ぐらいかと思ってたのに~ ===================== そう言えばヤマダ電機でM1のiMacを見ました! 触りました! 展示されていたのは緑のみ。カッコいい~ そしてiPad Pro 12.9インチも。ブラウザの表示すらめちゃくちゃ速い…… どっちも欲しいなあ~ どっちも半額くらいだったらなあ~ ===================== 丸顔めめ先生の『

1
タクラミよりも甘く

タクラミよりも甘く

2021年5月24日 昼寝研究所寝言レポート#2614 また新たな絵をお迎えしてしました! BOOTHの『花と、甘い。』で購入した唯さんの作品『マカロンと女の子』でございます。 BOOTHを巡回している時にマカロンに腰掛けている、というところで心を掴まれました。 この座り方。この表情……良くないですか? あと、靴の模様の細かさやマカロンのリアルな感じもステキです! ===================== 今日は月曜日。仕事で思いがけないトラブルが発生しましたが、

1
谷原書店 丸顔めめ『スーパーベイビー』

谷原書店 丸顔めめ『スーパーベイビー』

谷原章介さんがおすすめの書籍を毎月紹介する「谷原書店」。 今月号はweb記事だけでなく、けさの朝日新聞朝刊にも載っています。 丸顔めめさんの漫画『スーパーベイビー』(芳文社)。 熊本出身のギャルと、冴えないスーパー店員の恋愛、夢、自己実現の物語。 谷原さんは「とにかくスカッとして、ほんわかしてじんわりします。皆さんとシェアしたい」と語っています。 https://book.asahi.com/article/14279085 #谷原書店 #谷原章介 #好書好日 #丸顔めめ

4
ときめきを食べて生きる

ときめきを食べて生きる

ご多分にもれずストレス社会を生きている1人の大人として、声を大にして言いたい。 みなさん……ときめいてますかっ!?? 時間も気にせずパッション迸っているさおとめです。どうも。 お仕事の日は日記に書くような出来事がさほど無いので、今回は最近読んだオススメの恋愛漫画のお話をしたいと思います。 実は私、人の恋路を眺めるのが大好きな生き物でして。とくに、一癖も二癖もあるヒロインが愛されて幸せになるラブストーリーが三度の飯より大好物なんですモグモグ。 「一日一話無料」な漫画配

1
最近買った漫画を全部紹介していく その2

最近買った漫画を全部紹介していく その2

前回の記事 以前紹介しきれなかった「Kindleで買った漫画を無限に紹介していくやつ」後編です。無限と言いつつ、購入した漫画はとりあえずこれで一区切りです。前回と同じく購入順。 ・惑星クローゼット 可愛い絵柄からは想像も出来ないほどグロテスクなSFパニックホラー。全く別の世界のような惑星に眠ることによって行けるようになった女の子と、その惑星に囚われた女の子の話。虫のような異生物が人間に巣食ったりと割としっかりとしたグロ描写もあり。こういう作品には珍しく、話がすごくしっか

2
カースト下層の暗黒の民が読んで興奮した「令和版身分違いの恋」『スーパーベイビー』

カースト下層の暗黒の民が読んで興奮した「令和版身分違いの恋」『スーパーベイビー』

陰キャと陽キャが出会い、惹かれ合ったら……。 最近「自粛警察」という言葉をあちらこちらで見かけますが、誰しも心になんらかの警察を飼っているのではないか、と竹谷は思います。 こと竹谷に関しては、まず「国語警察」を飼っています。 たとえば、「足元をすくう」という表現を見聞きする度「すくうのは足元じゃなくて足なのになあ」とモヤモヤします。 また、「陽キャ警察」でもあります。書いていて少し悲しくなりますが、竹谷は混じりっけなしの高純度陰キャなので、会う方々から陽キャ素粒子の放

17
今、見直される『ギャル』漫画3選【レビュー】【漫画】

今、見直される『ギャル』漫画3選【レビュー】【漫画】

断言しますけど「ギャル漫画」って今、流行ってます。 『ギャル』の出てくる漫画です。 昔のようなヤマンバメイクはさすがに出てきませんが、明るい髪の色に、肌も黒かったり。リアルではかなり数を減らした「ギャル」。皆さんがイメージにある「ギャル」が、今、漫画の世界を席巻しているのです。 もともと、ギャルのテンプレイメージは「派手な見た目なのに、話すと意外とフランクで親しみやすい」というもの。 全盛期から20年くらいの時がたち、数を減らし、実物に触れる機会が減ったせいで、いいイメー

22
全力全開ギャル×不器用文学青年の、異文化交流を刮目せよ!:『スーパーベイビー』

全力全開ギャル×不器用文学青年の、異文化交流を刮目せよ!:『スーパーベイビー』

なんとなーく読んだら、主人公のギャル・玉緒ちゃんにドはまりしました。 熱烈ドラマ化希望です。 (※以下のレビュー、ちょびっとネタばれあるからお気をつけくださいませ~) あらすじ: 朝光玉緒(ともみつ・たまお)は熊本県荒尾市出身、東京都町田市在住のギャルで、 ミルネ(※たぶんあのデパートですね)の服屋にてショップ店員をしている。 ある日、苦手な鳥を追い払ってくれたことから、同じデパート内のスーパーで働く山田楽丸(やまだ・らくまる)にキュン死にしてしまう玉緒。山田に怖がられな

15