人気の記事一覧

ブラジルのリズム

1か月前

ふいつふにまちまち

7か月前

マシーシ2 19世紀から20世紀初頭 マシーシは社会的偏見にさらされました。 マシーシは恵まれない階級の人々に とても人気があるダンスでした。 しかしカップルで踊るその振り付けが、 政府と教会から スキャンダラスなものとして敵視され禁止されました。 投獄された者もいました。

マシーシ1 マシーシ(Maxixe)はショーロで使われるリズムの1つです。 1880年頃のブラジル、リオデジャネイロで ダンスの音楽として生まれました。 ヨーロッパのダンスであるポルカ、 キューバのハバネラ、 アフリカ系のルンドゥーなど 複数の文化のリズムが混合したものです。

マシーシ4 音楽面に言及すると 南米によくあるハバネラの派生形と言えます。 シンコペーションが特徴的で アフリカ系ブラジルの「ルンドゥー」と ほぼ同じリズムと考えて差し支えないと思います。 またエルネスト・ナザレーの楽曲にある 「タンゴ・ブラジレイロ」ともかなり似通っています。

キューバのハバネラの影響って かなり大きくて 今のレゲトンだって同じリズム 人間は同じ事を繰り返している(笑) コロンビアのクンビアだって 違いはあれど似たフィーリングは感じる アフリカ由来の踊り・風習が 現地の文化と結びついた音楽っていう事なのかな

マシーシ8 Choros No.1は 一般的なショーロの進行とほぼ一致していますね 実際には、アンサンブルで演奏する曲と ギター独奏曲では構成が異なる場合もあります 例えばジョアン・ペルナンブーコのSons de Carrilhões等 ギター独奏曲はABの2部構成が多いです

マシーシ9 ジョアン・ペルナンブーコのSons de Carrilhões「鐘の響き」も 基本マシーシですが 「マシーシ+ポルカ」の折衷型で演奏すると その田舎っぽさ、素朴さが強調されてより良いと思います。 また1拍目の音を、重く少し長めに強調すると より土臭さが増しますね

マシーシ7 各セクションはそれぞれ異なるキー(調)を持ち 通常16小節で構成されます Choros No.1の場合 A→Eマイナー B→Cメジャー C→Eメジャーとなります 小節数は AA→32(16+16) BB→24(16+8) CC→32(16+16) ですね

マシーシ6 ヴィラ=ロボスのChoros No.1 曲全体に流れるリズムは「マシーシ」だと思います 冒頭のフェルマータ3つは マシーシの曲調にままあるテンポ変化を指し示します ここからは形式論ですが ショーロの曲構成は一般的にABC3部構成 それがAABBACCAと進行します

マシーシ5 またマシーシは、緩慢なテンポから始まったり 急速調になったり 緩急を伴う楽曲が多いですね。 例:Apanhei-te Cavaquinho(エルネスト・ナザレー) ここでクラシックの曲ですが ヴィラ=ロボスのショーロ No.1を参考にアナライズして行きましょう

ファビアーノ・ド・ナシメント来日公演 https://www.ele-king.net/news/009510/ 10/13(金)南青山のBAROOM <JAZZ at BAROOM>に出演との事 ブラジル音楽は、JAZZにもクラシックにも近接しているので 音楽文化に興味のある方にはオススメだと思います

+16

コントラバス奏者 吉浦 勝喜 「もうすぐ67才!」コンサートより

カヴァキーニョの教則本を出版しました

ショーロクラブ 新作アルバムリリースツアー ~ Caleidoscópio ~

7弦ギター26 ・Solistaの特徴 伝統的なショーロやサンバの流れを汲みつつも 楽器の可能性を最大限引き出すため コンサート・ホールでの独奏をメインに行うスタイル クラシック・ギター同様ナイロン弦を張ります 調弦はBEADGBEですが 曲によって7弦をAにすることもあります

7弦ギター24 結果に気をよくしたルイス・オタヴィオ・ブラガは 1983年、ギター製作家のセルジオ・アブレウに発注し 伝統的なショーロからコンサート・ホールまで対応できる ナイロン弦用の7弦ギターを作りました セルジオ・アブレウのクラシック・ギターは 村治佳織氏も使っていますね

7弦ギター2 製作家ラコルトと共に開発したこの7弦ギターには 左手で押弦する指板がありません つまり開放弦or共鳴弦の役割となります ナポレオン・コストの教則本では 7弦を主にDにチューニングしています デンマークのギタリスト・作曲家 セフレン・デゲンもこの楽器を愛用しました

10か月前
再生

Yamandu Costa 「Suíte Ameríndia」

10か月前

僕は以前、安達常一氏にクラシックギターを師事していた 当時はガットギターで ジャズと現代音楽を演奏するというビジョンを描いていた そして同時期に ペルー音楽と現代音楽の笹久保伸氏も在籍していた http://shin-sasakubo.com/ 新しい音楽の創り手として期待したい