超時空要塞マクロス

1992年に、バンプレストから発売された、アーケード用縦スクロールシューティングゲームです。

劇場版『愛・おぼえていますか』が元ネタになっている作品です。

開発はNMKです。

バルキリーは、ファイター、ガウォーク、バトロイド、アーマードの4形態に変形出来る仕様になっています。

でも、武装(表現方法)とかがアニメとは違っているので、好き嫌いがあると思います。

変形はアイテムによってする事が
もっとみる

よかったらフォローもしてね!
5

コロナ対応版;私の愛するゲームセンター(STAGE 2:池袋ゲーセンミカド編)

数少ない、主要駅のレトロゲームセンター

今回は、池袋ゲーセンミカドについて書こうと思います。東京の主要駅近くにあるゲームセンターは数が少なく、具体的には、ここと新宿歌舞伎町の新宿プレイランドカーニバルくらいだと思います。それ以外だと高田馬場とか新橋になってしまうので。

◎良いところ:
1. STGの稼働タイトル数はそこそこ多い
2. 高田馬場ミカドに比べて人が少なく、じっくりやるには穴場
3

もっとみる
ありがとうございます!これからもドンドン書いていきます!
2

コロナ対応版;私の愛するゲームセンター(STAGE 1:秋葉原HEY編)

僕とゲームセンター

ゲームセンターが好きです。子供のころにデパートの屋上やスーパーにあった原風景というのもあるのかもしれませんが、様々な人たちがゲームをするためだけにやってくる、社会的地位やコミュニティから解放された自由な空間が好きです。

ゲームセンターでの僕はほぼシューティングゲーム(STG)専門で、就職後にプレイし始めたこともあってそこまで上級者ではありません。ワンコインクリア(コンティニ

もっとみる
ありがとうございます!これからもドンドン書いていきます!
3
スキありがとうございます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪これからも頑張ります。^ ^

おじさんはエスプレイドをノーコンティニュークリアできるのか?!:5

もろもろ山場だっためにろくにプレイできていない日々。

23日目が2回あったりと、ダメダメな5回目まとめです。

ちなみに、「レビューを書く」ということに関してのネタは25日目段階で拾いきっていると考えています。

特に22日目に書いている「初心者が3面で燃え尽きる」という部分が幹になりそうですね。

21日目

22日目

23日目

24日目

25日目

次回は、30日目までのツイートとこれ

もっとみる

彩京弾との出会い STG苦手だった私vol.3

有料ですが最後まで読めます。応援したくなったら買って下さい。またはサポートお願いします。

STG苦手だった私vol.2は下記

はじめに

 まず最初に言うと、Amazonのレビューで言われる遅延というのは何のことかよくわかりませんでした。スイッチライトでプレイしてますが、そんなものはないと思ってます。もしこれ理由で不人気なんだとしたらもったいない。圧倒的にお買い得だから好きなら絶対買いです。

もっとみる
スキをされるのがスキ!!
2

ブレイジングスターに教えて貰ったSTGの面白さ -STG苦手だった私vol.2-

※有料だけど最後まで読めます。応援したくなったら買って下さい。もしくはサポートお願いします。

 シューティングゲームが苦手(食わず嫌いや偏見含む)なのは何故か確認するべく、ちょうど一年前に行った実験が下記記事です。きっかけはネオジオミニ。

 沙羅曼蛇やパロディウスだ!など、購入出来る限りの全ハード移植を買って片っ端から違いを確かめてみたかったのがきっかけ。特にパロディウスだ!はWii UでMS

もっとみる

タンクバタリアン

1980年にナムコから発売されたアーケード用シューティングゲームです。

固定画面で自機の黄色い戦車を操作して、敵戦車を倒していくゲームです。

画面下段に「司令部」があり、そこがやられるとゲームオーバーになります。

この時代のゲームって、グラフィックもチャチだし、なんで夢中でやっていたんだろうと思います。

単純ですね。








まとめサイト文書遊戯
http://kingchan.w
もっとみる

よかったらフォローもしてね!
7

スクランブル

1981年にコナミから発売された、アーケード用横スクロールシューティングゲームです。

宇宙船『スペースファイター』を操作して、敵基地の破壊が目的です。

燃料の概念が有って、画面下の燃料ゲージが空になると、ガス欠で墜落します。

燃料の補給は、「FUEL」と描かれた地上物を破壊すると燃料が補給されます。

このゲーム、後のグラディウスに繋がっていく事になり、グラディウスはここから始まったと言える
もっとみる

よかったらフォローもしてね!
4

#1 MAIDEN & SPELL

今回紹介するゲームは『MAIDEN & SPELL』(メイデン アンド スペル)です。

前置き

まず、なぜ感想文を書くのか。
基本的には「これを読んだ誰かの、このゲームをやるきっかけになれたらいいな」と思って書いているよ。はてなブログで書いてた時代もそれは変わらない。もちろん単純に「このゲームはいいぞ!」と、140字以上で叫びたい時も書いてます。

というわけで、今回も出来るだけゲームの魅力が

もっとみる