夢のようで、しっかりと思い出される4日間。

『KUMA EXHIBITION 2019』閉幕。

わーい!おつかれさまでした。ヘトヘト。

4日間、立ち仕事というのは、結構キツくて、昨夜3日目の夜は、足裏シートや、サロンパスを貼っての対応となった。

今日は、朝から晩まで、ひっきりなしだったし、何気に会場のスパイラルが、不思議な構造をしている建物なため、なかなか館内移動が面倒くさい。その分距離も出て、移動距離が長くなる。ふー。

学生たちの

もっとみる
コメントは お気軽にどぞ!
7

スパイラルに住んでいる。(心は)

今週は、表参道に住んでいる。(ことにしている)

『KUMA EXHIBITION 2019』も、本日折り返し、3日目を終了。
今日は途中、3,000人を超えた〜!と騒いでたら、それどころじゃない、もうほぼ、4,000人だ。

昨年が、2日間で、3,400人弱。

会期を延長したとはいえ、今回は平日も含んでいるので、3,500人を達成できたら御の字な感じだった。

今日は気温も低め。日中はたまに雨

もっとみる
コメントは お気軽にどぞ!
5

人生の『宝物』モードの時間。

『KUMA EXHIBITION 2019』は、2日目を終えた。はやくもお越しいただいた方々は、2,000名をゆうに超え、そのペースに正直驚きを隠せない。

いくら週末とは言え、今日は平日なのだ。

土日が海外だから、と、いつもツイッターで拝見していた、林信行さんもご来場。実は去年も来てくださっていて、それだけは強烈に印象に残っていた。また、たくさんのクリエイターの作品を丁寧にご紹介くださっていた

もっとみる
ぼくも読みに行きます!行きます!
6

感受性は、子どもの頃のように。

『KUMA EXHIBITION 2019』初日。
今後も、モーメントを使って、ガンガン情報をまとめて行く予定!

終始バタバタしていた昨年と違い、
こうした広報の仕方や、インスタのストーリーを使ったアナウンスなど、今年はいろんなところに目が届くなぁと思う。

こうした機会を使って試してみたいこと、
例えば『PRの仕方』や、『チーム全体でのイベント周知』を図ること。
そうした一連の『おもしろい』こ

もっとみる
“珈琲”は 漢字で書きたいタイプです。
4

アベシュンスケです

■アベシュンスケ

音楽家です。22歳。東京都出身。青山学院大学4年。

詞を書いて、メロディーに乗せて、歌って、楽器を弾いて、録音して、エンジニア作業をして、映像を撮って、ってとこまで全部1人でやってます。

ソロプロジェクト「aoihr」として活動しつつ、「もしもナンバーガールが再結成してPPAPを演奏したら」とか「もしもMy Hair is Badがマックのポテトが揚がる音を演奏したら」等々

もっとみる

苦しいだけじゃなかった

東京に来ています。

この一年間いろんな人に出会って考えて行動に移して褒められて叩かれて

「自分は何者なのか」と
問い続けて苦しくなって

楽しい思い出より
苦しい思い出の方が多かった一年の集大成

『KUMA EXHIBITION 2018 』

を終えました。

組踊の台詞と歌三線を一人でこなす
(一人語り組踊)を披露しました。

この演奏形式の難しいところは
演奏だけじゃなくて舞台に立つ演

もっとみる

「語りえぬもの」は、かく語りき。

数年ぶりに、「演劇」ってやつを観てきたよ。

10/9(祝)の夕刻、クマ財団の学生クリエイター、黒木洋平氏の作品を観るべく、我が古巣早稲田へ。

その日は、個人的な八戸遠征からの帰り道。朝イチの新幹線はやぶさに乗り、一路東京の我が家へ。週末金曜に八戸市内でのイベント出演があったため、それに合わせた「お腹いっぱい胸いっぱいツアー@八戸」をしてきたのだった。
それについてはまた詳述する。

興味を持た

もっとみる
毎日書きます!よろしくお願いします🤲
1

森山亜希の作品が持つ強さと、主張とは何か?

先週金曜日の夕刻、東銀座駅近くのギャラリーで開催されている、森山亜希さんの個展『DOLLs』へ行ってきた。森山さんは、クマ財団の1期生でもあり、かのゾゾタウン前澤さんの現在芸術振興財団主催によるCAF(カフorキャフなどと呼ばれる)でも賞を受賞しており、選考の際もひときわ異彩を放っていた。

この日は、同じくクマ財団1期生の川中陸くんも来訪し、同じ時間を過ごした。

著名なアートプロデューサー

もっとみる
コメントは お気軽にどぞ!

魂をもった芸術たち、パワフルダイナソーのこと

クマ財団の学生クリエイター、土屋美沙さんの個展に行ってきた。

場所は武蔵小杉駅から徒歩5分ほどのとても好アクセスのギャラリー、小杉画廊。
外観は非常に綺麗。
マンションのような出で立ちで、
デンタルクリニックなどの病院も入っている。実際に館内で子供連れのお母さんともすれ違った。昔からの住民というよりも、ここ2、3年で急増している、武蔵小杉的ファミリー感がした。
この街に降り立つのは、3回目くらい

もっとみる
ぼくも読みに行きます!行きます!

芸術初心者が、インスタレーション作品を見て感じること。

落合さん(藝大 院 GAP)の個展に行ってきた。

クマ財団1期生、スクリプカリウ落合安奈さん(一度で言えた試しがない。)

何がすごいって、彼女は今月だけでも三本の展示を開催していて、超絶パワフルだってこと。来週からも川口での展示が控えていると。エネルギーがすごい。

その3つのうちのひとつにクマ財団としてようやく行けたってワケ。
がんばれ、事務局の俺!

***

何を隠そう、この財団の仕

もっとみる
コメントは お気軽にどぞ!
2