はるのひ

字幕翻訳家。書くことは自分を知ること、そして過去と今と未来の自分をつなぐこと。思考を整理・記録するためのエッセイを書いたり、忘れたくない日常のワンシーンやある日の思い出を綴ったり。投稿コンテスト:2018年 #美しい髪 グランプリ受賞、2019年 #こんな社会だったらいいな 入賞
固定されたノート

愛しい6秒

日常のふとした時に、空を見上げる。 電車の流れる車窓の向こう。 自転車をこぐ、スーパーからの帰り道。 エレベーターから玄関までの数メートル。 洗濯物をとりこむベ...

「秘密の質問」の「母親の旧姓は?」という項目に凝縮されているもの

1.「よそはよそ、うちはうち」の感覚がプラスの意味で社会に浸透してほしい 「よそはよそ、うちはうち」 小さいころ、親からこの言葉を言われた人は結構いるんじゃないか...

下界の彼と仲直りした、旅路の夜

「もしもし、今どこ?」 気まずそうな恋人の声。呼び鈴を押しても出ないから、電話をしてきたのだろう。 黒い空に輝く月と白い雲を近くに感じながら、私は努めてシンプル...

『私はロボットではありません』

唐突にその言葉がパソコン画面に現れたのは、納期に追われてものすごい勢いで調べ物をしていたときのことだった。 Google Chromeのタブをいくつも開き、キーワードとなる...

あのころの私たちは

高校時代、マチコ(仮名)という女友達がいた。卒業以来、もうずっと連絡を取っていないし、たぶんもう一生会うことはないと思う。私は彼女の気持ちを傷つけてしまった。し...

あとがきにかえて (初めて短編小説を書きました)

投稿コンテスト #あの夏に乾杯 に寄せて、初めて短編小説を書いてみた。 1杯のカクテルを通して、思い出すと胸が疼く過去の恋と、夏に新しく始まる恋が交差する瞬間を書...