原宿で唯一の米屋・小池理雄

1971年、原宿生まれ。明治大学卒業後、出版社入社。社会保険労務士の資格取得後、コンサルタントとして活動。2006年小池精米店を継ぐ。イベントや講演会、テレビやラジオ、新聞等のメディアに多数出演。 https://www.facebook.com/tadao.koike
  • 商品の画像

    【5㎏】★期間限定【令和3年初の新米!】石垣島産ちゅらひかり(令和3年産)

    沖縄県石垣島で栽培される、日本で最も早く出荷される新米です。沖縄県では「ひとめぼれ」も栽培されていますが、小池は沖縄らしさが名前ににじみ出ている「ちゅらひかり」推しです。弊社は「でーじまーさん南ぬ米 日本一早い石垣新米ファンクラブ」の一員として、産地と直接やり取りして仕入れています。 実は生産者は那覇市で米屋を営んでおり、自分の生まれ故郷の石垣島に何か恩返しを…ということで稲作を始めた人たちです。弊社はそのチャレンジ精神に惹かれ応援しています。日本一早い新米、是非ご賞味下さい。
    3,500円
    三代目小池精米店
  • 商品の画像

    【5㎏】新潟県胎内産 コシヒカリ【特別栽培米】みずばしょう(令和2年産)

    「みずばしょう」という愛称は、産地の旧中条町にあるみずばしょうの自生地に由来します。国内で自生している地域のなかでは最も標高が低く、それでも自生しているのはひとえにその水のきれいさのお陰、と言われています。 このお米の特徴は、収穫後の乾燥調製を、通常は「熱」で行うところ、国内ではあまり見られない「風」で行っていることにあります。熱を使わないためお米の風味を損ないません。収穫後の仕事も味に大きな影響を与えることがよく分かるお米です。是非ともご賞味下さい。 【味の評価】 点数 77.5点(100点満点) 硬さ…口当たりが優しい硬さ 粘り…ややもっちり うま味…すぐにわかるほどの濃さをもつうま味 【一言で言うと】 旨味が一瞬で深く伝わり、そして消えていく…言うならば切れ味鋭い旨味…のお米。
    3,400円
    三代目小池精米店
  • 商品の画像

    【5㎏】福島県会津若松産 コシヒカリ AiZ’S-RiCE(令和2年産)

    「今までのコシヒカリと何が違うの?」。20019年会津若松市主導で販売が始まった福島県会津コシヒカリのブランド米「AiZS-RiCE」。会津は美味しいお米が穫れる日本有数の産地。それゆえ何をリリースしても「今さら感」がぬぐえず冒頭のような評価になります。 しかし米消費が落ち込む現在だからこそ、マーケットに左右されないブランド米は必須。生産者の稲作にかける想いに触れた弊社は、販売のお手伝いをしています。会津と言えば日本酒。酒粕を肥料に使った江戸時代から続く農法を継承したお米、是非ともご賞味下さい。 【味の評価】 点数 72.5点(100点満点) 硬さ …ほどよい弾力がある硬さ 粘り…ややもっちり うま味…すぐにわかるほどの濃さをもつうま味 【一言で言うと】 ほっこり噛み応えのある粒で、うま味もしっかり舌に立つお米。
    3,750円
    三代目小池精米店
  • もっとみる

「東京米スター」の存在意義…その7 街の米屋が語る『お米の栄養と日本人』!

さて…前回からの続き。「東京米スター」についてのお話しです。 都内には800軒近いお米屋さんがいますが、その中でお米屋さんならではの資格を有している米屋が数軒あり…

「東京米スター」の存在意義…その6「いざ」と言うときに…あって良かった!近くの米屋!

さて…前回からの続き。「東京米スター」についてのお話しです。 都内には800軒近いお米屋さんがいますが、その中でお米屋さんならではの資格を有している米屋が数軒あり…

「東京米スター」の存在意義…その5「米屋が語る『調理器具』の話」

さて…前回からの続き。「東京米スター」についてのお話しです。 都内には800軒近いお米屋さんがいますが、その中でお米屋さんならではの資格を有している米屋が数軒あり…

「東京米スター」の存在意義…その4「米屋がコッソリと教える『炊飯のコツ』とは」について

前回からの続きです。 都内には800軒近いお米屋さんがいますが、その中でお米屋さんならではの資格を有している米屋が数軒あります。 その資格とは、 お米マイスター …

「東京米スター」の存在意義…その3「お客の好みに合わせた『オーダーメード精米』とは?」について

前回からの続きです。 都内には800軒近いお米屋さんがいますが、その中でお米屋さんならではの資格を有している米屋が数軒あります。 その資格とは、 お米マイスター …

「東京米スター」の存在意義…その2「プロの目利きと技術!お米の特徴を引き出す『精米テクニック』」について

少し時間が空きましたが…。 「東京米スター」の存在意義について解説します。今回が第二回目です。 その前に…そもそもについて簡単に触れておきますね。 現在、都内の…