見出し画像

クミンと生姜の【キャロットポタージュスープ】を召し上がれ |「ハーブ&アロマ」香る暮らし

自粛でゆるんだ身体に、夏の暑さ、梅雨の湿気と低気圧。言葉を並べてみるだけで不調になってしまいそう・・・こんな季節なので ルーシー恩田さんのコラムのテーマは、心身をリセットする「食事」!
私も今週末は、冷蔵庫で残りがちな人参を引っ張り出して、ブランチにしてみようかなーなんて思いました。心が軽くなるコラム、今回もお楽しみください。

「昨日なに食べた?」と聞かれても、恥ずかしながら反射的には口が動かず、「あれー?なんだっけ?んー?そうそう!あれあれ!」と脳みそにきちんと「問い合わせ」をしないと答えが出てきません。

そのくらいに「食事」とは、毎日の流れ作業なのです。

通常であれば1日3回の食事をしている訳ですから、1週間では21回、1ヶ月では84回、1年ではなんと!1008回もの食事をしている計算になります。どひゃー!

英語でよく言われているのが「YOU ARE WHAT YOU EAT」。つまりは「あなたは、あなたが食べたものでできている」という意味。

画像1

ドキーーーっ!!!コンビニのお弁当や菓子パン、ファストフード、ペットボトルのジュースばかりの生活をしている人には、ヒヤッとしちゃう言葉かもしれませんね。

お手軽で味が濃く、添加物や化学調味料がたっぷり入った食品ばかりを食べ続けていると、栄養バランスがくずれてしまい、免疫力は急降下。便秘や生理不順等、身体のあちこちに不調が出てきます。

前回の「フットバス」のコラムにも書いたように、心と身体は密接に繋がっていて、お互いがバランスを取り合うことで健康を維持しています。体調が壊れ、そのバランスが崩れるとストレスが溜まりやすくなり、結果的に感情が不安定になってしまうのです。

近年では子どもの「食育」が重要視されています。「お袋の味」はいつからか「袋の味(レトルトやパウチの袋の事)」となり、昔は手作りが当たり前だったのに、今となっては「手作り」と言う言葉はどことなく特別な表現に聞こえてしまうこともしばしば。非常に残念な事です。

私ね、料理って「ラブレター」だと思うのです。

大切な人に作る料理は、自然と相手の体調や好きな食べ物を考えて作りますよね。
そんな事を想いながら1人キッチンで黙々と作業する様子が、まるで机に向かって筆を執る姿と重なるのです。

先ほども書いたように「あなたは、あなたが食べたものでできている」ってことは、つまり私が作った食事が、食べてもらう相手の血となり肉となり、明日のパワーの源になるってこと。なんとも!責任重大。

でも、毎日ごちそうを作る必要なんかありません。ぱぱっと作れる簡単なものでも十分。新鮮で生き生きとした、旬の食材を使うだけでも立派なごちそうです。

画像2

外出を控えていた約3ヶ月間、世のお母ちゃん達は1日中キッチンで大忙しだったかと思います。「ラブレター」書きまくり!後半は、もはや「殴り書き」の様な状態だったかもしれません。

しかし、ちょっと考えを変えてみれば、今子供たちや家族、そして自分自身の身体が「愛」で満たされているのです。身体の細胞は約3ヶ月で入れ替わるので、今は愛情満タンの状態!

私はこの自粛期間中、普段は別々に料理教室を開催している母と共に、料理のインスタライブを週2回配信していました。

作った料理を皆さんに直接食べて頂くことは出来ませんが、画面を通してレシピをお伝えし、私達なりの「ラブレター」を皆さんにお届けしていたつもりです♡ えへ。

さて今回、みなさんへの「ラブレター」は旬の人参を使ったポタージュスープ。

画像3

消化促進作用のある「クミン」と、身体を温める作用のある「生姜」を使い、隠し味には「にんにく」「唐辛子」「レモングラス」などが入った「レッドカレーペースト」を使います。ちょっとエスニックでさっぱりとしたスープは、梅雨のジメッとした日や、暑さでバテそうな日にもオススメです。

エスニック風味なキャロットポタージュ

画像4

■材料(3〜4人分)
・ 人参 2本
・ タマネギ 半個
・ ジャガイモ 1個
・ 生姜パウダー 小さじ1 ※生のショウガでもOK
・ オリーブオイル 大さじ1
・ 水 300ml
・ 牛乳 300ml 
・ 塩 胡椒 少々
・ コンソメキューブ 2個
・ レッドカレーペースト 小さじ1/6 ※お好みで増減してください
・ クミン (粉末) 少々
・ 飾り用のハーブやナッツ 適量

■作り方

画像5

① 人参、タマネギ、ジャガイモをぶつ切りにする

② 鍋にオリーブオイルを熱し、人参、タマネギ、ジャガイモを入れよく炒める

③ 鍋に水とコンソメを加え、材料が柔らかくなるまで、蓋をして20分程煮込む

④ 火が通ったら一旦火を止めて、生姜パウダー、レッドカレーペーストとクミンを加え、ハンドブレンダーで滑らかになるまでよく混ぜる

画像6

⑤ 4に牛乳を加え混ぜ、中火にかけて温まったら塩胡椒で味を調える

⑥ 器に流し入れ、飾りのハーブやナッツを散らして完成!

手軽に作れて飲むとホッとするポタージュスープ。簡単で美味しく、身体も喜ぶレシピです。ぜひお試し下さい。

画像7

戦争や人種間の差別をする前に、みんなで自国の手料理を持ってテーブルを囲めば、「この野菜うちの国では見た事がないよ〜!」とか、「この調味料なんだい?美味しいなぁ」とか、「このレシピ教えてくれたら、うちの国の資源をおすそ分けしちゃおうかな!」なーんて、
みんなが「ラブレター」を交換すれば、もしかしたら今より少し平和な未来がやってくるかもしれません。You may say I'm a dreamer かしら。

手作りの美味しい食事は、絆を深め、楽しい会話を生み、心身共に健康的な時間となる事でしょう。世の中の状況が落ち着いたら、ぜひ!大切な人を集めて手料理を振る舞ってください。テーブルの上に花を飾るのもお忘れなく!ではでは、いただきまーす!!

creator
ルーシー恩田 @say_it_with_lucys
アンティークバイヤー / IFA認定アロマセラピスト / ITEC認定リフレクソロジスト

画像9


20代に訪れたタイ・チャン島でのファスティング(断食)経験から、心・体・生活環境などを全体的にとらえる事により、本来の自然治癒力を高め病気に負けない体づくりを学び啓発される。会社員としてデザインの仕事をしながら英国IFAアロマセラピストの資格を取得。退職後は更なる経験と知識の向上のためイギリスへ渡り、英国ITEC認定リフレクソロジストの資格を取得。現在は家業のイギリスアンティークの買付と販売をしながら、アロマセラピスト的な視点で自家栽培の野菜とハーブを使ったお料理教室やワークショップを開催している。https://www.lucys-antique.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。 いただいたサポートは、花代や、取材時の交通費として使わせていただきます。

スキありがとうございます!
22
「季節の花」を日々の暮らしの中で楽しむ|花のある暮らしを提案するWEBサイトを運営しています。 【HP】https://hanaike.chsp.jp 【Online Shop】https://hanaike.myshopify.com

こちらでもピックアップされています

2020.6【Water Colors】月刊はないけ
2020.6【Water Colors】月刊はないけ
  • 10本

「鮮やかな色たち」をテーマに、花のある暮らしの楽しみ方を提案します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。