見出し画像

ほんの少しでもマネジメントやってるなら、絶対に読んだらいい。

しゅんしゅしゅんです。

「うちの会社は働き方を改革します」「残業を削減します」「社員の満足度をあげます」。上からは号令がふってくる。

なのに、会社の業績目標は変わらない。メンバーの成果目標も下げてはいけない。業務効率を良くし、社員のモチベーションを高く維持しなければならない。自分が持っている数字もある。

「できるかい」

できるならとっくにやっている。マネジャーは神なのか。そのジレンマに対して、下からは容赦なく突き上げがくる。「無理です」「どうすればいいんですか」「そもそもの何のための働き方改革なんですか」と問われる。

上に相談すると「それをうまくやるのが君の仕事だろ」と言われる。

ピラミッド型組織のど真ん中で多くを背負っているマネジャーの負荷を軽減させたい。「これからのマネジャーはどうすべきか」という重荷ではなく「どうすればマネジャーの仕事を減らせるか」という軽やかさを示したい。

マネジャーを過度な期待と責任からマネジャーを解放する。

それがサイボウズ式の「最軽量のマネジメント」だ。

控え目に言って、よい。

大企業の人も。ベンチャーの人も。マネジャーも。マネジャーじゃない人も。全員に捧げたし…

マネジャーを解放するという本書は確かに、マネジャーの苦悩に寄り添いマネジャーの負荷を軽減する考え方、方法論について言及されている。

かといってこれはそんなに優しい本ではない。これを読んで心が楽になると思ったら大間違い。むしろ、厳しい

マネジメントとは何かと問われると「他者を通じて物事を成すこと」と僕は答える。これはおそらく正しい。

メンバーを管理監督すること自体が本質ではない。権限を行使することも本質でもない。メンバーを同じように統率することはマネジメントのいち手法であって、これまた本質ではない。マネジャーがマネジメントするのは人ではなくプロジェクトだ。ピープルマネジメントではなくプロジェクトマネジメントがマネジャーの仕事だ。

そんなことはわかっている。

でも現場ではいつのまにか、メンバー管理が本質であるかのようにふるまってしまう。そして苦悩する。

でもこれって、マネジメントの本質から目を背け、マネジャーの地位に固執して、勝手に苦しんでいるんだと思う。

・本当にマネジメントしてますか?
・本質をはきちがえていませんか?

真正面からこの本が問うてくる。

本書で捨てたら良いとされている負荷を捨てることには、結構な覚悟が伴う。簡単に捨てられるもんじゃない。マネジャーのアイデンティティが崩壊するかもしんない。

やっぱりやさしい本じゃない。でも確実に議論の起点になる。

僕もいちマネジャーとして、この本を起点として、マネジメントに向き合うnoteをしばらく書いてみようと思う。

身につくことが多いから読んだほうがいいとかじゃなくて。この本を読んでお互いに頭をウォームアップさせてから対話して生まれるもんがある。だからみんなが読んだほうがいい。

ぜひ手にとって読んでみてください。おススメです。

では。

この記事が参加している募集

推薦図書

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます!面白かったらスキ!超おもしろければサポートいただけると嬉しいです!これからもがんばります。

とっても良い1日になります!
37
白いごはんとビジネス書が好きな内省型ライター。本業は人材マッチングメディアの企画マネジャー職をやっています。収集欲が強いので、特定ジャンルを読み漁っては内省にふけるのが趣味。自分にぶっ刺さった本しか紹介しません。企画する人の思考のヒントを詰め込んでます。

こちらでもピックアップされています

ライツ社応援の声
ライツ社応援の声
  • 50本

ライツ社の本やライツ社の活動などについて思いを綴ってくれたみなさんの投稿をまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。