フタリノ

ふたりのことを赤裸々にシェアして助け合うメディアコミュニティ|世の中の正解じゃなく、ふたりの答えをみつけよう🌱 https://web.futa-rino.com/

フタリノ

ふたりのことを赤裸々にシェアして助け合うメディアコミュニティ|世の中の正解じゃなく、ふたりの答えをみつけよう🌱 https://web.futa-rino.com/

    最近の記事

    • 固定された記事

    フタリノ アドベントカレンダー2022 記事一覧

    12/1~12/25まで実施する、「フタリノ アドベントカレンダー」の一覧です。 随時、執筆者とテーマを更新していきますので、お楽しみにお待ちください! フタリノアドベントカレンダーについてはこちらからご確認ください。 12/1(木):ふたりの自由 NPO法人tadaima!代表 三木智有さん 12/2(金):”理想の夫婦”とわたしの名前 株式会社cotree代表取締役 西岡恵子さん 12/3(土):ふたりのチーム育児 一般社団法人母親アップデート 代表理事 なつ

      • #25 ともに生きるという選択

        こんにちは!フタリノ・代表の清水(@amie_818)です。 12/1〜24まで、豪華なゲストの皆様に毎日リレー形式で「ふたりのこと」について語っていただくアドベントカレンダー企画をお届けしてまいりました。 たくさんの方にご覧いただき、皆さんと一緒にふたりの関係性や未来をみつめる時間を共有できたことを嬉しく思っています。 お忙しいなか記事を執筆してくださった皆様、本当にありがとうございました! 私自身もいち読者としてとても楽しく読ませていただき、早速真似したいことや、も

        • #24 ふたりの新婚

          再婚した。3回目の結婚である。 なぜそこまでして結婚するの?3回目ともなれば友人の反応もユルくなり、「あ、入籍したんだっけ? いつ?」と、後から聞かれることの方が多い。 こちらも似た塩梅で「いつだっけな?」と返す始末である。 そんなノリなのに、何で3回も結婚するのか? と聞かれたら、答えはシンプル。 これまでの2回とも、結婚生活が楽しくて、楽しくて仕方がなかったからだ。 過去の結婚生活は終わりを迎えたが、それはお互いにとって「このまま一緒にいたって、どうしようもないね」

          • #23 家族も赤ちゃんも、幸せに。「たった一人のママのため」から始まった「あのね」の想い

            わたしがスキンケアブランドを立ち上げた理由私がベビースキンケアブランドを立ち上げたのは、入社して2年目のことでした。 私が在籍しているのは、妊活・妊娠・子育て中の家族をサポートする会社であるhugkumi+(はぐくみプラス)です。 当時、子育て中のママが少しでも安心できるようにと、スタッフ全員の顔を載せた会報誌を毎月作ったり、妊娠祝いや出産祝いをお贈りしたり・・・ 顔の見えないオンラインショップだからこそ、一人ひとりのお客さまとの繋がりをとっても大切にしていたんです。

            #22 ​​ふたりの「家族観の現在地」

            いきなりですが、他人と暮らすって、子育てするってしんどいなーと思うことってみなさんありませんか? え、私? まず前提として、相手と自分の名誉のために書いておきますが、大好きなんですよ、夫も、子どもたちも。この人たちと家族になれてよかったと、心の底から思ってます。 このエクスキューズを免罪符にして書き足すと、正直しんどいと思うのはしょっちゅうです。子育てひとつを取っても、もし向き不向きがあるなら、私はおそらく向いてない方の部類。 何が辛いって、ペースが乱されること、集中し

            #21 仕事も夫婦関係もなめらかにする #ツキイチデート のすすめ

            19歳、大学1年生のときに、高校時代からお付き合いしていた妻と学生結婚をしてから、早15年。今年3月には4人目が産まれ、6人家族になりました。なかなかの大家族ですよね。 ちなみに、結婚15周年は「水晶婚式」と呼ばれるそうですね。水晶が無色透明なことから「曇りのない信頼関係や、お互いに嘘のない関係を築く」という意味合いがあるそうな。 この15年間、離婚寸前まで夫婦関係が危機に陥ったことが何度かありますし、決して順風満帆だったわけではありませんが、少なくとも現段階では「曇りの

            #20 ふたりの育児休業1年間

            24時間365日3人一緒の生活が始まる今年の初め、東京で雪が降った日に、娘が生まれた。 この日から、私たち夫婦にとって初めての子育てが始まった。 私の妊娠中に「夫婦で同時に1年間の育児休業を取得すること」を決めていたので、”24時間365日、私・夫・0歳の娘の3人一緒の生活”が始まったのだ。 文句の言い合い合戦娘の生後1か月は、寝不足の日々だった。 1~3時間おきの授乳、1日約20回のおむつ替えで、一日のほとんどが終わる。というか、夜中も日中と同じ生活なので、一日の切れ

            #19 ちょっと頑張り屋さんなふたりの日常に、結び目を。

            でこぼこなふたりはじめまして。 Hue-ish(ヒューイッシュ)株式会社のさやと申します。 突然ですが、みなさんはパートナーとどんな関係性ですか? 付き合って4年目、結婚して2年目のわたしたちは、こんな感じです↓ 遠くを見つめて勝手にどこかに歩き出そうとしている私と、その少し後ろについてくる彼。 私より大きい荷物を背負わされています。 いや実際は、私は財布だけ入ったリュックで彼はそれ以外全部を背負っています・・・! この1枚で空気感を感じていただけたかもしれないのです

            #18 「夫婦1人旅」のススメ

            はじめまして。増田と申します。 今回このフタリノアドベントカレンダーをお手伝いさせてもらいながら、みなさんの記事を楽しく読ませていただきました。 色んな気づきを得られているので何書こうかなと思ったのですが、最近始めた「夫婦1人旅」が割と良かったので、書こうかと思います。 わたしたちのことわたしたちの家族のプロフィールをまずは紹介させていただきます。 ・2018年に結婚(結婚してもうすぐ6年目) ・子供2人(4歳の娘と2歳の息子) ・子供達はどちらも保育園に通ってる ・私は

            #17 "違い"を面白がるふたりのルール

            "夫婦円満の秘訣は、価値観を無理にすり合わせないこと" それに尽きる。 こんにちは。 人生を祝うプロデューサー オア明奈です。 私たちは"国際結婚"なので、「文化が違って大変じゃない?」とよく聞かれる。でも私からすれば「国際結婚だから」大変ということはない。だって国際結婚だろうが、日本人同士の結婚だろうが、他人と共に生きることにおいては何も変わらない。誰しもが自分の当たり前を持っていて、誰しもが違う価値観の中で生きている。そう考えてみると「そもそも、あなたと私は当たり前が

            #16 ふたりではじめる「ファミリーキャリア」

            はじめまして。 ファミリーキャリアコンサルタント・ライターのふりふりです。 “リレー形式でパートナーシップについて語る” フタリノさんアドベントカレンダー、16日目を担当させていただきます。 「私は、夫の自由を奪っていないだろうか」 「私たちは、わが子に自慢できるチャレンジをできているだろうか」 みなさんの投稿を読んで、自問自答しつつですが 今日は「ファミリーキャリア」について書かせていただきます。 忘れられない、あの夜。「私のキャリアなんか、どうでもいいと思ってい

            #15 ふたりの選択

            みなさん、はじめまして。株式会社Suns up代表の⻑屋友美です。 普段講演活動などで話すことはあっても、⽂章にする機会はなかなかないので、まとまりがない内容になってしまうかもしれませんが、どうか優しい気持ちでお付き合いください! 今回『ふたりの〇〇』というお題を頂き、すぐに頭に浮かんだのが”選択”という⾔葉。 私にはパートナーがいますが、今のところ⽇本で”結婚”という選択肢が与えられていません。 それは、私たちが同性同⼠だから。 学⽣時代に好きになる性が周りと違う

            #14 ふたりの一緒にいる理由

            私たち夫婦のこれまでの歴史は、聞く人によっては刺激が強すぎるようだ。 仲のいい友人によれば、何人かで集まって夫婦の話をしたあとに私だけ先に帰ると、「本当に大丈夫なの?」と心配されることが多いらしい。 彼が私のパートナーになって、もうすぐ干支が一周する。 その間に入籍、結婚式、転職、流産、不妊治療、妊娠、出産とそれなりの経験をともにして、さらに2時間ドラマでしかお目にかからないような出来事を少なくとも3つは乗り越えてきた。 離婚届はいまでもファイルに挟んで本棚に大事に仕

            #13 ふたりで歩む不妊治療

            はじめまして、不妊治療と仕事の両立支援を行っているNPO法人フォレシアの佐藤です。 今回、フタリノさんよりこの企画のお話を頂いた時、これを読んでいただいた方に私が出来ることは何だろうかと考えていました。 不妊治療に関わる事業をしておりますが、私は医師ではありませんので、個人として医学的なアドバイスができるわけではありません。 仕事との両立支援という面でいうと、当事者の職場背景を理解せずに簡単にアドバイスが出来るものでもなく、企業様の環境整備支援の話でも無い。 では、読む方

            #12 ふたりのキャリアをトレードオフにしないために

            こんにちは、XTalent(クロスタレント)という会社の代表をしています、上原達也と申します。弊社では、withworkというワーキングペアレンツ向けの転職サービスを運営しています。 こちらの記事では、デュアルキャリアカップルな方々へ、それぞれのキャリアを考える上で参考になるお話ができればと思います。 デュアルキャリア・カップルとは?「二人とも自分の職業生活が人生に大切で、仕事を通じて成長したいと考えているカップル」だそうです。 (デュアルキャリア・カップル――仕事と人生

            #11 ふたりの出産

            こんにちは!助産師で現在一児の母、梅ちゃん(@twitter)です。 5年前からパートナーのひろ先輩とともに「世界で1番満足な出産へ」をコンセプトにアミプラ!助産師YouTuberとしても活動しています。 今回は私と夫、たくちゃんとの「ふたりの出産」についてお話させて頂きたいと思います! フタリノさんではラジオなどのコンテンツを通して、私達夫婦が今の生活に至るまでのお話もさせて頂いております。 出会って約10年、いろんな出来事や葛藤・危機を経て、今回は第一子の出産につ