furu-t(N.Furuta)

札幌市小学校教員/『学び合い』/みゆき会所属/著書「子どもの書く力が飛躍的に伸びる!学びのカリキュラム・マネジメント」(学事出版)/令和元年度 第35回東書教育賞・優秀賞/twitter @furu__t /過去記事はこちら:https://bit.ly/2yrrB86
    • 息子の自立探究学習
      息子の自立探究学習
      • 4本

      恐竜が大好きな息子。3歳から現在に至るまでの学びの記録です。

    • 眩暈(めまい)が支配する世界
      眩暈(めまい)が支配する世界
      • 2本

      「遊び」とは何か?ロジェ・カイヨワの考え方をもとに探ります。現代社会がなぜ息苦しいのか?まとめていきます。

    • 「かしこさ」について本気で考えてみた
      「かしこさ」について本気で考えてみた
      • 5本

      学校ってどうしていかなきゃならないの? そんな風に問いかけられた時はないでしょうか? そんな時僕は「かしこくなるためだよ」と答えます。 なぜそう考えているのか。僕の頭の中をまとめてみました。

固定された記事

大切なことはすべて「恐竜」で学んだ〜息子の恐竜探究記録〜

◾️恐竜への目覚め 息子(小4)は恐竜が大好きだ。 恐竜にはまりはじめたのは3歳のころ。 それまでは「動物」大好きだったのだが、あるきっかけで恐竜にのめりこんだ。 …

〜腹が立ったら〜  まずは怒りを「消火」させよう。次に、怒りを覚えたことをちっぽけなことに「小化」させよう。そこまで落ち着いたら自分の中でゆっくりと「消化」して、より高いものに「昇華」させていく。「消火」もせずに「昇華」させようとするから、心がちぐはぐになる。まずは「消火」だ。

潜る

外につぶやかないで、自分の中に蓄積する。 そんな試みを数ヶ月続けてみたわけだけど、これがなかなか心地がよい。 今までの僕はたくさんの記事を書き連ねてきた。 思考の…

きりふきの話

「バケツでぞうきんをぬらすと密になっちゃうから、今日からこれを使ってねー」 朝の会で僕はクラスに3本のきりふきを置いた。 子どもたちの目が輝く。 「おおー!」 き…

説明できるうちは理解できていない

数年前みゆき会で話題になっていた 「アダプティブ戦略」 まあ、簡単に言えば「後出しジャンケン」だ。 子どもたちの状況を見とってそこから必要な課題を生み出すという…

最近はこんな授業です

僕の授業はアウトプット中心だ。 でも、話すというアウトプットだと「話す人ー聞く人」という構図に陥ってしまう。 誰もが同時にアウトプットできる。 それが「書く」とい…