もとはしたかこ

関東出身、岩手県盛岡市在住。書局やさぐれ店主。blogは「funkin’for HONGKONG」(2004~)や「In the groove for life」(2004〜2020)など。アイコンはもちろん店主近影ではありません。

もとはしたかこ

関東出身、岩手県盛岡市在住。書局やさぐれ店主。blogは「funkin’for HONGKONG」(2004~)や「In the groove for life」(2004〜2020)など。アイコンはもちろん店主近影ではありません。

    マガジン

    • In the groove for life@note

      これまで日記がわりに書いてきたblogをnoteで継続します。日々のこと、自分自身のこと、マガジンや記事の裏話などがメイン。

    • T.Moto/f4hk drawing storage

      イラスト置き場。noteのヘッダやzineに使えるよう練習中。 人物以外のイラストも描きたい。 いいのができあがるまで、マガジンのヘッダは未設定。

    • funkin'for HONGKONG@note

      2018年から中華圏の娯楽文化や旅などについて書いたことをまとめています。 現在はblog更新のお知らせと共に中華ネタのショートストーリーや写真などを置いています(2022/1/18)

    • Tea is delight 〜日日是好茶〜(仮)

      中国茶、紅茶、地元のお茶など、お茶をめぐる様々な思いをまとめました。 お茶以外の飲み物にも多少触れます。 まとまったら加筆訂正してZINEを発行します(完成後は有料マガジンになる予定)

    • 閱讀之旅2019之雙城故事

      本を読み、本と出会うというテーマで2018年夏から台湾と香港を旅した記録です。noteで先行発表後、6月頃にZINEにまとめます。そのため、一部有料となりますので、よろしくおねがいします。

    最近の記事

    2022年我的電影生活

    あけましておめでとうございます。 昨年は『リトル・ガール』から『空の大怪獣ラドン』まで、新旧あわせてスクリーンで111本鑑賞しました。その中から例年通り新作を洋邦各10本、そして今年は特別に旧作5本選びました。 (TOPの写真は大館の御成座) 洋画編 カモンカモン マイク・ミルズの映画は家族を描くものが多いし、子供のいる映画好きに支持が高いイメージがあって、いいとは思ってもあまり響かなかった子供なし単身なのだが、これがよかったのは、主人公ジョニーの子供に対する扱いが失礼

        • 2022年 夏のタスク

          選挙が終わり、その終盤に起こった衝撃的な遭難事件が30年前の忌まわしい事件からの亡霊を引きずり出してきたこと(詳細はここで書いてます)や、コのつくなんとかのあたらしい種類が流行し始めて地元も実家もひどいことになっている今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか。 梅雨明け近い(多分)夏の始まりの3連休、1日振休を取って昨年11月以来久々に実家に帰ろうかと計画を立てていたのだが、その「ひどいこと」の一つによって帰省を断念しました。この様子では夏休み後半の帰省も難しく、3年連続で地元

          • くたばれOld Boys Clubーこの「国」をこれ以上嫌いになりたくない私へ

            10年前の選挙があった冬、その結果を受けて、blogにこんな記事を書いた。 今回の参議院議員選挙の結果を受けた今、読み直してみると…なんだよ、ますます悪くなっているじゃねえか!とやさぐれた。 私はネットでものを書き始めてそろそろ20年を迎える田舎に住むただの一般人である。普段は好きなもののことしか言わないのだが、ただSNSでぶちぶちと不満を呟いて何事もなく流すのなら、ここでまとめて言ってやって自分だけがスカッとできればいいじゃねえかと思い、いろいろ書くことにした。 というわ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • In the groove for life@note
            もとはしたかこ
          • T.Moto/f4hk drawing storage
            もとはしたかこ
          • funkin'for HONGKONG@note
            もとはしたかこ
          • Tea is delight 〜日日是好茶〜(仮)
            もとはしたかこ
          • 閱讀之旅2019之雙城故事
            もとはしたかこ
            ¥300

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            今月の中華blog更新。 この映画を観ると、辛いのが苦手でも火鍋が食べたくなります。 花巻に火鍋店があるそうなので、今度食べに行ったらblogで食レポできるかな。 https://funkin4hk.tea-nifty.com/f4hk_blog/2022/07/post-01686b.html

            6月19日(日)に岩手県産業会館(産ビル)7階大ホールで開催される第7回文学フリマ岩手に出店いたします。新作は3作品の予定。昨年台湾好きの友人たちと結成した台湾カルチャー研究会(略して台カル研)のZINEも頒布いたします。 https://bunfree.net/event/iwate07/?_ga=2.176648357.145635738.1654780317-1458899274.1651330805

            紅茶は世界をめぐる

            子供の頃、母には「子供は『コ』のつく飲み物を飲んじゃいけない」とよく言われました。当てはまるのはコーヒー、コーラ、そして紅茶。コーヒーは苦いし、コーラは炭酸とあの薬っぽい味が親たちに嫌われていました。 でも紅茶は家に日東のティーバッグがあったので、母のいない日中に祖母がよくいれてくれました。子供なのでストレートではなく必ず加糖で、輪切りのレモンを添えてくれました。 このことからしばらく、紅茶といえばレモンティー派なのですが、後に紅茶の本場であるイギリスではミルクティーが主であ

            禍威獣と外星人と、人のふりした光の巨人と、そして愚かな人間と。

            先日『シン・ウルトラマン』を観ました。 とりあえず、感想の要約を先に挙げておきます。 楽しかった。 だけど例えセクハラ描写はダサいし許せないから、この批判をしっかり受け止めて作り手側はシン化し続けてください。 ではまいりましょう。もちろん完全にネタバレです。 センス・オブ・ワンダー、私の好きな言葉です。 私は一応特撮好きではあるが、子供の頃から好きで積極的に見るというよりは、学校や近所の友達だったり、後は弟の影響でそれに触れることが多かった。でも、実際は再放送そのもの

            今月のblogは、昨日閉幕した大阪アジアン映画祭についてです。 OAFFについては、ここで4年前にも書きましたが、あの頃に比べたらうらやましいというような気持ちは少なくなってきましたね… 写真はプロムナードのアニタ・ムイ像。 https://funkin4hk.tea-nifty.com/f4hk_blog/2022/03/post-db6151.html

            今月のblogは、10月から1月まで3度にわたって開催された盛岡台湾Happyフェスについての記事です。 https://funkin4hk.tea-nifty.com/f4hk_blog/2022/02/post-877783.html

            教養(インプット)と創造(アウトプット)

            2022年が明けました。コのつくなんと禍に見舞われてこの年末年始も帰省できず、ここ盛岡で初めて2年続けて年越しをしました。 2020年の春以来、現在に至るまで世界的な状況は変わっていないこともあって、昨年はまるで2020年がそのまま続いているようでした。今は2020年25月ではないかと思うくらい、変化もメリハリもないし、仕事に追われる日々を過ごしています。はい、しんどいです。 あまりにしんどいので、久々に長文を書きたくなりました。 マガジンの題名を変更し、リスタートを切るにあ

            2021年我的電影生活

            昨年は『詩人の恋』から『キングスマン:ファースト・エージェント』まで、108本の映画を観ました。その中から洋邦各10作品ずつ、印象に残った作品を挙げていきます。 (各題名のリンクはtwitterの感想) 洋画編 アメリカン・ユートピア いくら映画好きとはいえ、スパイク・リーのファンでもなければ、デイヴィッド・バーンも、ひいてはトーキングヘッズのファンでもない。でも20年前のリバイバル上映で観た『ストップ・メイキング・センス』は好きだったし、CDも買ったくらいだ。それでも

            あけましておめでとうございます。 昨年は全くnoteを更新できませんでしたが、今年は「クリエイティヴでいる」を目標にしたので、こちらでも主にblog更新告知や創作等出来るだけUPしていきます。まずは新年最初の更新から。https://funkin4hk.tea-nifty.com/f4hk_blog/2022/01/post-79731f.html

            テン・リングスの中秋節

            先日『シャン・チー テン・リングスの伝説』を観てきました。 いくらトニー・レオンがハリウッド映画に初出演するとはいえ役どころは主人公の父親にしてヴィランだし、なによりマーベル作品だし、などと観る前は不安要素ばかりしかなかったのでした。 しかしそれは杞憂に終わり、ものすごい勢いでハマっていたのは感想の通り。 この感想の最後の方で「マーベルCEOケヴィン・ファイギには、トニー演じるウェンウーの1000年間の人生を描いた『テン・リングス The Beginning』を企画及び製作

            本日はblog開設16年の記念日です。そんなわけでリハビリとして(こらこら)記事書きました。 なお、この写真は市内の台湾料理店ふぉんの台湾風おでんです。これを目指して作ってます。https://funkin4hk.tea-nifty.com/f4hk_blog/2021/01/post-348f34.html

            香港と香港映画のBETTER TOMORROWのために。

            あけましておめでとうございます。こちらも久々の更新となります。 現在、下記のクラウドファンディングを支援しております。 この活動についてはblogにも書きましたので、そちらもぜひご覧ください。 そして、もしご賛同いただけたら、ご支援もお願いいたします。 よろしくお願いいたします。