Fumiya Sakai

iOSアプリのUI実装が好きな元デザイナーからジョブチェンジをしたエンジニア。QiitaやGithubなどでもUI実装に関するサンプルや解説記事を投稿したり、たまに登壇しています。アイデアや設計のためのメモや図解を作る時はもっぱら手書き派です。

Fumiya Sakai

iOSアプリのUI実装が好きな元デザイナーからジョブチェンジをしたエンジニア。QiitaやGithubなどでもUI実装に関するサンプルや解説記事を投稿したり、たまに登壇しています。アイデアや設計のためのメモや図解を作る時はもっぱら手書き派です。

    最近の記事

    2021年を簡単に振り返る

    今年も長い様であっという間であったと思いつつ、もう12月31日になってしまいましたので、簡単に振り返りでも書いてみたいと思います。 (実家は久しぶりの大雪なので結構寒いです🥶) 本業での活動に関する簡単な振り返り昨年5月に引き続き、今年も同じ現場でフリーランスでiOSアプリ開発をメインに携わらせて頂いておりました。昨年よりはAndroidアプリ開発の割合は昨年より少し減りはしたものの、iOSの方は業務を通して様々な施策やアップデートに携わる機会が多かったように思います。大小

    スキ
    7
      • Androidアプリ開発やFlutterの基礎学習をノートと一緒に振り返る

        昨年5月以降はこれまで4年程継続してきたiOSアプリ開発と並行してAndroidアプリ開発をお仕事の中でも実践する機会に恵まれ、その後個人的な取り組みとして、Flutterに関しても基本知識を整理しながら合間を見つけて少しずつではありますが、気になった基本事項を整理したり、簡単なサンプルのコードリーディング等にも取り組む活動をしています(僕のTwitter投稿で不定期ではありますが取り組んだ時の記録ノートを投稿したりしています)。 Androidアプリ開発を始めて2ヶ月経過

        スキ
        7
        • 2020年の振り返り

          今年は世界的にもコロナ禍で大変な1年となってしまいましたが、無事に1年を終えることができ安心しております。今回は僕個人での仕事や個人活動を通じて取り組んできたことに関する振り返りをしていこうと思います。 想像以上に大きなチャンスに恵まれた気がしている2019年4月から1年あまりお世話になっていた所ではiOSエンジニアとして新規アプリ開発を中心に据えながらも、必要があれば過去に5年以上経験のあったバックエンド側の実装(主にPHPやRuby)も手伝うような形で新機能開発の他に若

          スキ
          4
          • iOSDC Japan 2020 アフター視聴レポート(2)

            早いものでiOSDC 2020から1ヶ月あまりが経過し、もう少しすると年末に突入するということもあったので、このようなタイミングではありますが引き続きノートをとりながらセッションの内容をまとめたので共有致します。こちらも「iOSDC Japan 2020 参加レポート」及び「iOSDC Japan 2020 アフター視聴レポート(1)」の続編の様な形でお楽しみ頂ければと思います。(※セッションの内容については既にiOSDC JapanのYoutubeチャンネルにて公開されてい

            スキ
            3
            • Androidアプリ開発やFlutterの基礎学習をノートと一緒に振り返る

              スキ
              7
              • 2020年の振り返り

                スキ
                4
                • iOSDC Japan 2020 アフター視聴レポート(2)

                  スキ
                  3
                  • iOSDC Japan 2020 アフター視聴レポート(1)

                    iOSDC 2020から1週間が経過しましたが、ニコニコ動画の期限も延長してくださったみたいでしたので、引き続きノートをとりながらセッションを楽しんでいます。引き続き「iOSDC Japan 2020 参加レポート」の続編の様な形で視聴していたセッションのノートをまとめています。 視聴したセッションについて 過去の実務において多少触れたことがある課金処理に関連する部分や、他社様のアプリで活用されている事例について紹介しているセッションを中心にこの1週間に合間を見つけながら視

                    スキ
                    4
                    • iOSDC Japan 2020 参加レポート

                      初めてのオンライン開催となった「iOSDC Japan 2020」にリモートで参加しました。僕にとっても毎年「夏の終わりの風物詩」的なiOS関連イベントですが、今回はニコ生でPC画面の向こう側から、リアルタイムでの配信を見ながらノートをとりながらセッションを楽しんでいました。(気がついたら右手が若干腱鞘炎気味な感じが...) しばらくはiOSDCの余韻と思い出を楽しみながら、リアルタイムで視聴していたもの以外にも魅力的なセッションが沢山ありましたので、しばらくはタイムシフト

                      スキ
                      34
                      • 技術書典9にて新刊「UI 実装であると嬉しいレシピブック おもしろ編」を頒布致します!

                        9/12から開催される技術書典9にて、表現や動きが特徴的でかつ、ユーザーにもほんの少しだけ遊び心を与えるようなUI実装の解説ををまとめた「UI 実装であると嬉しいレシピブック おもしろ編」を頒布する予定です。 前回に頒布した「UI 実装であると嬉しいレシピブック まかない編」や、今後執筆を進めていく予定のVol.3とは少し異なる位置付けとして少し寄り道した形となっていますが、ご興味のある方は是非お手に取って頂けますと嬉しく思います。(※前回同様に電子版のみのご用意となります

                        スキ
                        4
                        • 僕が業務で初めてAndroidアプリ開発に着手して2ヶ月程経過した中での振り返り

                          きっかけはいつも、思いがけないタイミングでやってくるものだなと改めて感じながら、現在のお仕事では、とあるサービスのiOSアプリ開発と並行してAndroidアプリ開発にも少し携わっています。これまでは、デザイナーから始まり、サーバーサイド側の開発を経て、iOSアプリ開発の業務はかれこれ4年程携わってきましたが、Androidアプリ開発に本格的に携わる機会は今回が初めてでした。その中で僕自身がどのようにキャッチアップをしていったかを簡単にまとめていければと思います。(とはいっても

                          スキ
                          25
                          • 新刊「UI 実装であると嬉しいレシピブック まかない編」の電子版を公開しました!

                            残念ながら技術書典8がやむなく中止となってしまいましたが、2月上旬までに新刊の原稿を書ききる目標で予定通り原稿を進めていたこともあり、今回は電子版のみ現在はBoothにて販売しておりますので、ご興味のある方は是非お手に取って頂けますと嬉しく思います。 ※紙版の本書につきましては次回の技術書関連イベントで頒布致しますのでその際には何卒よろしくお願い致します😓 新刊の内容に関する簡単な説明と紹介一昨年に初めて執筆したVol.1では少しのアイデアと工夫を盛り込むことでUI実装や表

                            スキ
                            23
                            • 「iOSアプリ開発 UI実装であると嬉しいレシピブックVol.2」の商業化のお知らせと書籍の執筆を通じて感じていること

                              以前に僕のTwitter上でも告知しましたが、2020年1月24日に技術書典7で頒布した「iOSアプリ開発 UI実装であると嬉しいレシピブックVol.2」がインプレスI&D 技術の泉シリーズ(NextPublishing)様より商業化しました! 「便利なライブラリを上手に活用した表現集」として、Githubで公開されているOSSのUIライブラリでの動きや表現を取り入れて組み合わせたサンプル実装を例に、UI構築をする上で重要な実装ポイントやアイデアを紹介していく形式となってお

                              スキ
                              5
                              • 技術書典7のブース【あ11C】にお越しいただき本当にありがとうございました!

                                2019/09/22(日)に池袋サンシャインシティで開催ました技術書典7にて、「iOSアプリ開発 UI実装であると嬉しいレシピブックのVol.2(ほぼ新刊)とVol.1(既刊)」を販売致しました。当日書籍をご購入頂きました皆様をはじめ、今回の書籍をお手にとってお読み頂きました皆様、技術書典の運営スタッフの皆様、当日お越し頂きました皆様に改めてこの場をお借りして御礼をしたいと思います。本当にありがとうございました! 昨年の技術書典5での反省を踏まえて昨年の技術書典5でブースを

                                スキ
                                8
                                • 技術書典7でも「UI 実装であると嬉しいレシピブックの続編」を頒布しますので【あ11C】でお待ちしています!

                                  最近はiOSDCと関連イベントがようやく落ち着いたタイミングではありますが、2019/09/22(日)に池袋サンシャインシティで開催される技術書典7にて「UI実装であると嬉しいレシピブック Vol1 & Vol.2」を頒布致します。 当初は50部のみ頒布する予定でしたが、サークルの被チェック数や以前に参加した際の売れ行き等を鑑みた結果50 → 100に増刷致しましたので多少余裕はあるかと思います。本当に嬉しい限りです。 ⭐️ 9/20時点でのサークル被チェック数: ⭐️

                                  スキ
                                  3
                                  • 7月27日の技術書同人誌博覧会にて「UI 実装であると嬉しいレシピブックの続編」を頒布致します!

                                    最近は、本業もプライベートもなかなか忙しく、近況のご報告等がなかなかできていなかったこともあり、申し訳御座いませんでした。慌ただしくも皆さまのお陰もあり楽しく過ごせています。 7月27日に大田区産業プラザPIOにて開催されます、「技術書同人誌博覧会」にて、新刊となる「iOSアプリ開発 UI実装であると嬉しいレシピブックVol.2」をD-10 Just1factoryのブースにて頒布致しますので、何卒よろしくお願い致します。 今回が第1回の新しい技術書関連のイベント開催とい

                                    スキ
                                    2
                                    • 「DXEL.3 エンジニアとデザイナーが「いい関係」を築くために」へ参加した際の記録とまとめ

                                      3/14にNAVITIME社様にて開催されました「【増枠】DXEL.3 エンジニアとデザイナーが「いい関係」を築くために」に参加してきました。(ブログ枠での参加でしたが、アップするのが遅れてしまってすみませんでした...) 今回は「デザイナー / エンジニアのお互いの頭の中を知ろう」という素敵な趣旨で今回は開催されており、参加者の方もエンジニア・デザイナーの方がたくさん参加していました。 特に良いプロダクトを開発していくにあたり「エンジニア⇆デザイナー間における相互理解」

                                      スキ
                                      11
                                      • Tokyo iOS Meetup January にて登壇しました!

                                        こちらもブログへまとめるのが遅くなってしまいましたが、1/19に株式会社サイバーエージェント様で開催された「Tokyo iOS Meetup January」へ参加しました。 現在日本でiOSエンジニアとして勤務されている海外出身のエンジニアの方々の出席率も高く、また英語と日本語がどちらもできる方もいらっしゃるので、国際色が豊かでありながらもiOSの技術に関連する数多くのTips等が紹介されている素敵なイベントです。 イベントページ: 僕の発表スライド: 今までの登壇

                                        スキ
                                        7
                                        • VOYAGE GROUP エンジニアの公開ガチ評価会へ参加した際の記録とまとめ

                                          1/30に株式会社VOYAGE GROUP様で開催された「VOYAGE GROUP エンジニアの公開ガチ評価会」へ参加しました。 昨年12月に参加したPHPカンファレンス 2018 GrowthでもVOYAGE GROUP様の企業ブースでも、実際の評価会とフィードバックに関する資料が提示されていたので僕自身も、 ・評価会は実際にどのような流れと雰囲気で行われているか? ・発表者・評価者はどのような切り口でプレゼンテーションやフィードバックを行うのか? という2点が特に気

                                          スキ
                                          1