鬼頭史樹@borderless

borderless-with dementia-/名古屋市社会福祉協議会 ソーシャルワーカー 認知症当事者の経験を起点に多様な活動を展開するプラットフォーム borderless-with dementia- メンバー。本業は地域包括支援センター職員。

鬼頭史樹@borderless

borderless-with dementia-/名古屋市社会福祉協議会 ソーシャルワーカー 認知症当事者の経験を起点に多様な活動を展開するプラットフォーム borderless-with dementia- メンバー。本業は地域包括支援センター職員。

    最近の記事

    ニューバランス好きソーシャルワーカーがはまる型番

    こんにちは。 ソーシャルワーカーの鬼頭です。 ぼくは仕事のときなどは基本ジーパンにスニーカーです。 そしてスニーカーは数年前からニューバランスしかはいていません。 とにかく履き心地がよく、ずっと履いていたくなります。もちろん疲れにくい。 ニューバランスのスニーカーにはいくつかの型番があるのですが、その中でも自分がいちばん好きなのが決まってきて、結果、同じ型番を3足も買ってしまったので紹介します。 こちら、ニューバランスのM920という型番です。 M920は2020年に

    スキ
    20
      • 山中湖で朝食を。

        週末は山中湖に朝食を食べに。 何度か訪れてすっかりその虜になっている宿 菜食の宿Jamoo。 ここの朝食は本当に最高。 野菜のうまみたっぷりのスープ、上品な甘さのスムージー。 そば粉を使ったカリカリふわふわのガレット。 添えられる野菜は他で食べたことのないくらいの新鮮さと絶妙すぎる味つけ。 料理はもちろん、食事をするリビングダイニングの空間の心地よさ。 質素で清潔な室内。 差し込む光。 朝食を食べるという点においてこれ以上ない。完璧。 身体が浄化される感覚。

        スキ
        3
        • magic keyboard+magic trackpad

          使ってますか? magic keyboardとtrackpad。 以前の記事でも紹介したように、ぼくは使っています。 このときはlogicoolのトラックボールマウスを右手で、左手でトラックパッドを使っていました。 しかしいまいちトラックパッドのよさを活かしきれていない感じ・・・ なにかよい方法はないものか・・・ そんなときmacbook proを眺めていたところ、キーボードの手前にトラックパッドがある(あたりまえ)。 そう、ここなんだよ!定位置は。 ということで、

          スキ
          3
          • ガジェット好きソーシャルワーカーの出張先での充電まわり

            みなさんは出張時の充電、どうしていますか? 充電しなければいけないものは多いし、でも荷物はできる限り軽く小さくしたい。 そんなふうに考えている人も多いはず。 今日は出張時の充電まわりを紹介します。 充電したいものまずは前提として、充電したいものをリストアップしておきます。 ついでに充電端子も。 優先度高 M1 macbook pro 13インチ→USB-C iphone SE 第3世代→lightning 優先度中 カメラ(fujifilm X-E3 )→mic

            スキ
            58

            M1 macbook Airを持っているのに、M1 macbook Pro 13を買ってしまった話

            言い訳をさせてほしい。 いや、言い訳なんて必要ない。 もうこいつがここにあるのだから。 21年3月に初のmacとして、M1 macbook Airを購入しました。 そしてすごく愛用していた、というより、本当に相棒でした。 そのあたりは下の記事に書きました。 それから1年半。 今(22年9月)、ぼくの手元にはM1 macbook Pro 13インチモデルがあります。 動画編集に興味が出てきたから、とか、メモリやストレージの問題が、とか言い訳じみたことはいくらでも言えます

            スキ
            8

            ガジェット好きソーシャルワーカーのバッグの中身

            以下の記事が思った以上に多くの人に読んでもらえたこともあり、調子に乗って、よくあるバッグの中身をやってみようと思います。 俯瞰撮影難しい・・・ 仕事に行くときのバッグの中身バックパック ぼくは普段は自転車通勤なので、あまり大きなバッグは持ちたくありません。 少なめの容量のバッグにして荷物を減らしたいという意図もあり、バッグはAerのバックパックでいちばん小さいslim packです。 コンパクトですが、十分にものが入るので気に入っています。 以前はincaseのcit

            スキ
            49

            コロナウィルスに感染した話

            ついに感染しました。コロナ。 まだ微妙に症状も残っており、あまり記事を書くようなテンションでもないのですが、この体験は残しておく必要があると思ったので、簡単に記事にしておきます。 発症熱が出始めたのは、8月7日でした。 その前日(6日)に職場で陽性になった人が出て、自分も濃厚接触者で自宅待機となっていました。 6日はまったく症状はなかったのですが、7日の朝方に身体(特に背中)の痛みが出てきました。 そしてあれよあれよという間に熱が高くなり、39度台へ。 高熱期7日の日中

            スキ
            22

            ソーシャルワークとプレゼンテーション①

            これまで人前で話をすることは多い方だったと思います。 多くは市町村や都府県など公的セクターが主催する講演会、あるいは研修会の講師という形で、一回あたりは数十人〜数百人くらいの規模です。 2015年くらいからそういう機会が増えたので、累計では200回以上は機会があったと思います。 そう思うと少なくとも延べ一万人以上の人にプレゼンテーションをしたことになると思います。 自分の場合、少し特有な状況として、これまでのプレゼンテーションのうち半分くらいは認知症の当事者との対話形式の

            スキ
            4

            映画「私のはなし 部落のはなし」を観た話

            ドキュメンタリー映画「私のはなし 部落のはなし」を観た。 部落解放同盟に所属する男性 若い頃部落解放運動に打ち込んだ女性 部落を記録する映画を自主制作した元共産党員 部落解放に関連するNPOメンバーの対話 被差別部落出身者とその友人の対話 被差別部落周辺に住み人権活動するママ友の対話 部落差別の歴史を研究する研究者 被差別部落を訪れ動画配信するyoutuber 被差別部落出身者への差別心を隠して生きる女性 そうした人々が、部落を語る。「私のはなし」として。

            スキ
            2

            社会課題解決の話|ファスナー合流の話

            ファスナー合流という言葉をご存知でしょうか? いま自分のいちばん好きな言葉といっても過言ではありません。 ぼくは名古屋に住んでいるのですが、名古屋近辺の渋滞スポットといえば、岡崎周辺(愛知県)、亀山周辺(三重県)、一宮周辺(愛知県)じゃないでしょうか。 岡崎周辺は、新東名高速道路ができたことによって、かなり改善されました。亀山周辺も新名神ができたことでかなり解消されました。 そして取り残された一宮。 名古屋に住んでいるとなにかと利用します。 ここの渋滞がまあひどかっ

            スキ
            5

            ガジェット好きソーシャルワーカーの作業環境|2022年8月

            PCに全然詳しくないのに、ガジェットみたいなものが大好き。 昔から物欲がすごいので、そんなふうになってしまった、いちソーシャルワーカーの作業環境を記録しておきたいと思います。 作業の前提僕の仕事はソーシャルワーカーなので、PCで専門的な高度な作業はしません。できません。 仕事ではPC作業と言えばメール、Officeソフトをちょっと使うぐらいです。あとはウェブ会議。そんなもんです。 同じような仕事をしている人と比べて特別な作業はないですが、講演会や研修会の講師としてプレゼン

            スキ
            34

            厚労省老健事業について

            厚生労働省の「老人保健健康増進等事業」という事業をご存じでしょうか? 通称「老健事業」と呼ばれます。 事業の実施要綱によれば、「本事業は、高齢者の介護、介護予防、生活支援、老人保健及び健康増進等に関わ る先駆的、試行的な事業等に対し助成を行い、もって、老人保健福祉サービスの一層 の充実や介護保険制度の適正な運営に資することを目的とする」とあります。 事業を実施する主体としては、 (1)都道府県又は市町村(特別区、一部事務組合及び広域連合を含む) (2)厚生労働大臣が特に必

            スキ
            9

            自己紹介|これまでソーシャルワーク実践者として取り組んできたこと

            最近、自己紹介することが難しくなってきた、と感じる。ひとことで言えばソーシャルワーカーなんだけど。 「今やっていること」はどんな文脈でそうなってきたのか、を説明しないとよくわからないかもしれないし。 実際、「この人なんだろう?」と訝しげな感じで見られることもある。 noteを始めたことはいいきっかけなので、これまでやってきたことを簡単に(自己紹介がてら)まとめてみます。 2005年〜 日本福祉大学を卒業後、高齢者施設や地域包括支援センターなどで勤務。 2013年〜(あ

            スキ
            15

            牛田さんと高田さん

            先日、とある大学で講義をしてきました。 地域包括支援センターの高田さんと、高田さんが関わりを持ち続けてきた牛田さんと3人で。 牛田さんは海外旅行専門の営業マンとして世界中を飛び回っていた30年ほど前、大きな交通事故で左半身に麻痺が残り、大好きだった営業の仕事を離れた。 それから30年ずっとリハビリを続けている。 主なリハビリの場は自宅すぐの公園。 自宅と公園の往復が生活のほぼすべてとなっていた3年ほど前、牛田さんのことを心配した近隣の人から地域包括支援センターに連絡が

            スキ
            7

            おれんじドアみの

            7月2日は岐阜県の中部学院大学で初開催された「おれんじドアみの」へ。 上田光敏さんと初めて会ったのは、たぶん2018年頃だったと思う。 山田真由美さんが名古屋市西区でやっているピアサポート「おれんじドアも〜やっこなごや」での出会いだった。 当時のも〜やっこなごやは、発足から1年が経ち成熟した場になりつつあった。 毎回、当事者同士の新しい出会いと対話、希望のリレーがつながっていた。 光敏さんもそんな中のひとりで、毎回美濃市から名古屋まで通い、いつも「おれんじドアが本当に楽

            スキ
            36