那珂市で発見!働く魅力 〜イングトップ前半〜
見出し画像

那珂市で発見!働く魅力 〜イングトップ前半〜

株式会社えぽっく

取材型インターンシップ「ひきだし」では、茨城県那珂市内の中小企業5社に加え、那珂市長に学生が取材をさせて頂き、記事を作成しました!是非お楽しみください!

画像4

画像1

こんにちは!茨城県出身の金澤優花です!
今回はイベント会社であるイングトップさんの2名に取材をさせていただき、記事にしました!

イベント業というとキラキラした楽しそうな職場のイメージ。実際にはイベントを成功させるまでに製作や企画、準備などさまざまな作業あって初めてイベントを実行できます。多岐にわたる業務を少人数でこなすイングトップさんを覗いてみましょう!

会社説明

1989年に設立され、各自治体や企業から依頼されたイベントの企画・制作・運営・管理やイベント用機材の貸し出し・販売など幅広い業務を行なっています。代表取締役の住谷春雄社長のもと、少数精鋭で運営されているからこそ意見交換がしやすい環境で、よりよいイベントづくりに繋げています。私たちが普段楽しんでいるイベントにイングトップさんが携わっていることも!

住谷 春雄さん:代表取締役

イングトップの代表取締役を務める住谷春雄さん。31年もの間会社のトップに立ち続け、現在も社員の皆さんを引っ張っています。イベント業に対する熱い想いが取材中にも伝わってきました。

画像5

イングトップという社名がすごくスタイリッシュでかっこいいと感じたのですが、由来は何ですか?
ーありがとうございます(笑)。実は、よくそう言っていただけるんですよ。由来としては常になにかに挑戦し続けながら(~ing)、トップに立ちたい!という思いと「idea new good total original plan」の2つの意味を込めてこの社名にしました。

常に何かに挑戦し続けたいと思える向上心がかっこいいです!

そんなイングトップを起業したきっかけは何ですか?
ーもともとイベント会社に勤めていたんですけど、新しいことに挑戦し続けたい自分とはあまり合わなくて。それなら自分で起業してしまおう!という感じで会社を立ち上げました。その時すでに結婚して子供もいたので、「絶対に後戻りはできない!」というプレッシャーは正直ありましたね。ただ、当時イベント業界が右肩上がりだったということもあって、すぐに波に乗って何とかここまでこれました。

家庭をもっている中での挑戦は、なかなか勇気のいることですよね。

挑戦でもあった起業ですが、仕事の中でやって良かったとやりがいに繋がる瞬間はどんな時ですか?
ーお客様に「頼んで良かった。ありがとう。」と言われる瞬間ですね。イベント業務は雨や雪が降っても、暑い日でもやることが多いので大変ですが、「また来年もお願いね!」と言っていただけると、やって良かったなとやる気にも繋がります。

お客様の声が直接届いたり、直接喜んでいる姿を見れるというのがイベント業の魅力なんですね。自分自身のやりたいことをつきつめていく姿勢を私も見習いたいです!ありがとうございました!

住谷 直輝さん:制作

社長の息子さんであるプランナーの住谷直輝さん。取材中の直輝さんの笑顔が素敵で緊張する私たちも自然と笑顔になりました。

画像5

お父様が代表取締役を務めるイングトップで、働こうと思ったきっかけを教えてください!
ー高校1年生の頃からイングトップでアルバイトをしていたので、常に仕事に触れる機会がありました。高校卒業後に、一度ウェイターとして働いていた時もあったんですけど、やっぱりものづくりが好きだったので、イングトップで働かせてもらうことにしました。自分が製作したものがイベントに使われているのを見ると感動しますし、ものづくりの楽しさを実感します!

好きなことをお仕事にできているなんて羨ましいです!

個人的に職場に家族がいると気まずくないのかなと思ってしまうのですが、家族経営のメリットやデメリットはありますか?
ーメリットは、やはり仕事がやりやすい点ですね。家族だからこそ何でも話せて情報共有しやすいので、スムーズに業務がこなせます。デメリットは・・・あまりずっと一緒にいるのが(笑)。嫌というわけではないんですけどね。大きなデメリットは特にないです!

気を使わずに業務をこなせる環境は家族経営ならではですね。

ちなみにお父様から会社を継いでほしいみたいな圧はありませんか?
ー圧はないですけど、この会社に入って20年くらいになるので、そのまま引き継ぐ覚悟はしています。もしかしたら圧をかけられていることに気づいてないだけかもしれないですが(笑)。

頼もしい一言ですね!私も、自分の好きなことを仕事にできるように自分磨きを頑張ります。

取材の感想

今回たくさんの企業を取材させていただきましたが、イングトップさんは唯一の親子取材でした。家族経営の良さや雰囲気を知れて良かったです。また、取材でイングトップで働く魅力や、社員の皆さんのパーソナルな部分を伺うことができ、就活に迷える私にはとても良い刺激になりました。住谷社長の行動力や直輝さんの好きなことを突きつめる姿勢を、私も見習いたいと思います!
そして、今はなかなかイベントを積極的に行える状況ではないですが、できるようになったら、イベントを通してイングトップさんと再会したいです!ありがとうございました。

画像5

いかがでしたか?
自分のやりたいことを叶えるために起業された社長、そしてものづくりが好きだと再確認された直輝さん。お二人とも、自分の好きややりたいことを仕事にされていいて、やりがいを感じていらっしゃるため、取材中キラキラして見えました!将来の私たちも、自分の仕事について語るときにキラキラしていたいですね。

イングトップさんの後半はこちらです。

企業情報

株式会社イングトップ
事業内容:各種イベントの企画・制作・進行・運営、備品やPRツールの制作・レンタル・販売、スタッフサービス
従業員数:6人
住所:那珂市堤686ー2


この記事が参加している募集

ふるさとを語ろう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
100%ではなく120%を出す人は、”次も呼ばれる人”になれます〜!
株式会社えぽっく
茨城県日立市にある株式会社えぽっくです。兼業/副業/インターンシップコーディネートや地域おこし協力隊サポートを通して、新しい「組織」「働き方」のスタイルを追求しています。 HIP-HOPを愛する代表と、地方好きなインターン生が事業内容やマインドなどを発信していきます。