株式会社イー・エージェンシー
オフィスへ足を運ぶ機会づくり「七夕Week」開催
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

オフィスへ足を運ぶ機会づくり「七夕Week」開催

株式会社イー・エージェンシー

フルリモートワークで「コミュニケーションが取りづらい」「コミュニケーションの機会が少ない」という悩みの解消に向けて

みんなの願い事が叶いますように

1.オフィスの役割とは?

イー・エージェンシーでは、2020年3月にフルリモートワークを導入しました。
導入後はほぼ100%の社員がフルリモートワークとなったため、オフィスを持つ意味を考え直すことになりました。
その結果、有楽町にある本社オフィスは、床面積を減らしコストを抑える一方で、オフラインコミュニケーションを生み出す場としてリノベーションすることに決定しました。
こうして、フリーアドレスで、快適にコミュニケーションできるファシリティ(施設、環境、備品)を備えた「有楽町 森の本社オフィス」が誕生しました。

リモートワークで自宅がオフィス化する中、有楽町 森の本社オフィスは、社員同士のオフラインのコミュニケーションを喚起するスペースを目指しています。

2.フルリモートワークの困った問題

このようなリノベーションを行った背景には、社員からの声がありました。
フルリモートワークを開始して間もなく、オンラインのみでは「コミュニケーションが不足しがち」「雑談ができない」などの声が出てくるようになり、課題意識を持っていたからです。
実際に2021年9月に行った社内アンケートでも、次のような声が上がりました。

「Q3. テレワークになって不便な点や困ったことを教えてください」への回答

  • 働き方としては満足しています。ただ、コミュニケーションが不足しているところに課題感を日々感じています。普段業務を共にする人たちとは週に1回、少なくて隔週1回くらいは出社して同じ空間で仕事をしたいです。

  • テレワークにとても満足しています。が、入社時点からテレワークなので、既存メンバーとの温度感や距離感が掴みづらいと感じているところです。

  • 対面で話す方が、よりコミュニケーションがとりやすいため。

  • 隣で教えたほうが早いということがやはり多い。また、マネジメント観点で、メンバーがどのように仕事しているか見えない部分が多く、目が行き届かないケースも多い。

画像2

フルリモートワークの導入は総じて好評でしたが、課題もすぐに明らかになりました。
本社オフィスのリノベーションは、それを補っていくための施策になっています。

当社代表の甲斐も、リモートワークの「副作用」と表現して、次のように語っています。

3.足を運んでもらうための「きっかけ」を

とはいえ、「有楽町 本社オフィスができたので来てください」と、ただ案内するだけでは面白くありません。
2年もの間フルリモートワークが日常になり、オフィスから足が遠のいていたのですから、社員のみんなが再びオフィスに来るようになるのは難しいと思いました。

そこで、コーポレート部門のコミュニケーションデザイン部が中心となって「きっかけ」をつくることにしました。
コミュニケーションデザイン部は、社内外のコミュニケーションを良くするための活動をしています。
社員のみんなが「有楽町 森の本社オフィス」に気軽に来てもらえるように、定期的にイベントを実施することにしました。

その第1弾が、4/10〜15に開催した「桜Week」でした。
足を運んでくれたみんなには、ちょっとした気分の変化を感じてもらえたのではないかと思っています。

4.「七夕Week」とは?

「やってよかった!」
「桜Week」に気をよくして、今回7/4〜8に開催したのが、第2弾の「七夕Week」です!

社員のみんなに送ったお誘いのメッセージ

2年間、僕たちは新型コロナウィルスの脅威にさらされてきました。
長かったようで、短かったようで、気づいたら時間が過ぎていて、春夏秋冬を感じることができなかったように思います。

まるでトンネルの中で過ごしたような2年間でした。
でもようやく、ここ最近、社会が大きく動き出した気がしませんか?

未来に前向きに動き出した社会と季節を感じてもらうために、7月4日から7月8日までイベントを企画しました。
「七夕Week」です。

この期間は、有楽町 森の本社オフィスに短冊をご用意しておきます。
どんなテーマでもかまいませんし、いくつ書いてもかまいませんので、「お願いごと」を書いて、(オフィスの)藤の木をカラフルにかざっていただけるとありがたいです。

7/4(月)〜8(金)の間に次のような企画を設けています。

・短冊に願いを(全期間)
・浴衣Day!&撮影会(7月7日のみ)
・短冊抽選会(ちょっとした景品あり)
・短冊奉納(7月15日予定)

オフィスに来た方へのおもてなし

「七夕Week」の開催期間中は、有楽町 森の本社オフィスに七夕のデコレーションをして、夏らしい雰囲気を演出しました。
7月7日の七夕当日は、コミュニケーションデザイン部の担当者が浴衣を着て、来社した方におもてなしをしました。

5.「七夕Week」当日の様子

いろいろな彩りの和紙で作られた短冊を用意
七夕の飾り付けって楽しいですね
星に願いを

ほんとうに偶然のことでしたが、思い掛けないゲストにも来てもらうことができました!

最終日には短冊で抽選会をして、当選者にプレゼントを渡すところまで動画にして報告しました。

最終日の短冊抽選会

まずは「七夕Week」が、社員のみんなの気分転換や、ちょっとした息抜きの機会になっていたら、コミュニケーションデザイン部としてほんとうにうれしいです。

6.真価を求められる3回目の次回は?

前回の「桜Week」と今回の「七夕Week」では、ひとまずイベントを続けてやってみることを目標としていました。
次回は参加した方に感想なども聞かせてもらって、今後さらによいイベントとして継続できるようにしていきたいです。

コミュニケーションデザイン部では、日々「新しい働き方」を探究するため、森の本社オフィスを活用する企画を考えています。

さて、次回は秋。秋と言えば?!🎃

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!