ずっちのこと

39

MEMORIA ずっちモノクローム

白黒フィルムで撮った古い写真をスライドショーにしました。#猫#記憶

ずっちです!
33
ずっちです!
20

「ずっちのこと」のずっち

猫のずっちと出会ったのは1995年の10月でした。わたしが校正者になるずっと前、『集英社 世界文学大事典』の編集を手伝っていた頃でした。ずっちとはそれから、一匹と一人、十六年半を共にしました。

先日、ずっちの白黒写真をスライドショーにしました。渋谷区の一軒家の二階を借りて、半年ほどずっちを閉じ込めていた頃の写真です。

それまで、わたしは足立区のアパートの一階に住んでいました。辺りにはまだ広い畑

もっとみる
ずっちです!
15

「ずっちのこと」のそれから

1996年春、ベランダの金網の端を開けて、ずっちの出入りを自由にしました。

『世界文学大事典』の編集の仕事が終わり、『ハーレクイン・ロマンス』の編プロに移った頃でした。訳文を読んで、少しぎこちない箇所を原書に当たって手直ししたり、邦題を考えたりする仕事でした。

毎晩八時半には帰宅していたと思います。最後から二つめの角を曲がり、少し坂を下ると、最後の曲がり角にずっちが胸を張って座っていました。

もっとみる
ずっちです!
16

「ずっちのこと」と大家さんの猫たちのこと

台所の隅に、鯖虎の、毛もまばらな猫の赤子が置かれていた。母猫が咥えて運んできたのだろう、唾液のようなもので全身がべったり濡れていた。階下の大家さんの、まだ一歳くらいの子のお腹が膨らんできたのは知っていた。よく一匹でベランダの金網の中まで避難してきて、心細いような目でわたしを見たことがあった。赤子を助けてほしくて運んで来たにちがいない。赤子は死んでいた。

わたしはその赤ちゃんをどうしたのだったろう

もっとみる
ずっちです!
10
ずっちです!
9

ずっち原っぱ / Rock' N' Roll Suicide 97-99

「ずっちのこと」に出てくる野原のずっち。いつもここにいました。
この空き地は10年のあいだありました。(デヴィッド・ボウイ・ヴァージョン)

ずっちです!
8

ずっち原っぱ:Walk On the Wild Side 97-99

「ずっち原っぱ」ルー・リード・ヴァージョンです。写真を少し追加しました。

ずっちです!
6

「ずっちのこと」の野原のこと

斜向かいに、ブロック塀に囲まれた原っぱがあった。小さな住宅がひしめいている一角に、そこだけぽっかりと、草花が咲き乱れる空間が保たれていた。原っぱに隣接する巨大な要塞のような家の土地で、そこの方が、草花の種子を蒔いて、あえてほったらかしにしている「野原」だった。木戸が開け放たれていることが多く、中に入ってみたくなる。ずっちは木戸が閉まっているときでも、下をくぐって自由に出入りしていた。暑くなると外に

もっとみる
ずっちです!
6
ずっちです!
23