見出し画像

【※海外未経験エンジニア】前職は人材営業。”完全未経験”から”1年”でカナダ現地企業へ”WEBエンジニア”として就職するまで。

前職は人材営業。プログラミングの知識ゼロ『完全未経験』からバンクーバー(カナダ)の現地企業へ『WEBエンジニア』就職を目指し一念発起、日本を飛び出したのは2018年1月の話。

それまで「IT」「プログラミング」「AI」みたいな言葉はなんとなく聞いてたが、実際に仕事で使うのは営業数字の入力作業や簡単なExcel程度。僕の中ではエンジニアというと真っ黒の画面に向かってパソコンを使う、まさに「ハッキング」をイメージしていた。それぐらいど素人の僕にはざっくり「かっこいいな、お洒落」みたいな浅はかで軽い印象を持っていたほど。

世の中にはエンジニアとしては未経験と言えど業界や職種的にそれに近いバックグラウンドを持っている人達もいる。そういう人達は勉強開始の段階で多少の知識を持っていたりする。

もう一度言うが、僕はそんな類の未経験とは語れないほどの『完全未経験』。

営業畑から若干25歳のゆとり男がカナダでの『WEBエンジニア』就職をと言う無謀な挑戦を勉強期間『1年』という限られし時間の中で『完全未経験』というステータスを持って最終的に現地就職に成功した情報をこれからカナダでのエンジニア就職に、特に未経験から目指す人達に向けて共有したいと思います。(もちろん経験者の方にも僕を底辺として考えて頂ければご自身の就職イメージがつくかもしれない)

あと、未経験の海外就職は率直に言って・・・”めちゃくちゃ難しい”。

自分もカナダへ来た時は就職できないことを前提に負け戦をしに来たぐらいの気持ちで来た。それでも今回伝えたいことは”めちゃくちゃ難しい”かもしれないが、それは”不可能ではなかった”ということ。

そんな僕のバンクーバーの1年間をいちいち細かく書いてみました。

ここまで貴重な時間を割いて僕の記事を呼んで頂けているあなたの後押しを少しさせてください。

(※追記10/25 100人以上の方々に貴重なお時間を頂き呼んで呼んで頂きました!本当にありがとうございます!)

この続きをみるには

この続き:17,847文字/画像4枚

【※海外未経験エンジニア】前職は人材営業。”完全未経験”から”1年”でカナダ現地企業へ”WEBエンジニア”として就職するまで。

Sho

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

51
日本で人材営業に従事。企業担当として数百社を担当し爆発的な『ゆとり力』で退職。2018年1月にバンクーバーにて圧倒的など素人としてすぐにフリーズする最新のMacbook Pro片手にフロントエンドでの現地就職を目指し修行中。「IT×人材×筋肉×サーフィン」でブランディングしたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。