石井食品

ミートボールでお馴染み石井食品のnoteです。石井食品と全国の農家様との取り組みや働き方、おすすめの商品&レシピなど発信します。Twitter、Instagram、オンラインストア、公式サイトなどはこちら→ https://linktr.ee/ishii_official

石井食品

ミートボールでお馴染み石井食品のnoteです。石井食品と全国の農家様との取り組みや働き方、おすすめの商品&レシピなど発信します。Twitter、Instagram、オンラインストア、公式サイトなどはこちら→ https://linktr.ee/ishii_official

    マガジン

    • 地域と旬

      日本各地の農家さんや農作物についてのお話をします

    • イシイのオンラインストア

      イシイの通販サイトからのお知らせ 無添加調理専門店です

    • イシイで働く人

      石井食品で働く人や 働き方に関するお話をまとめています

    • イシイの和栗

      全国各地の栗をお届けします 栗についてまとめた記事はこちら

    最近の記事

    お子さんは嫌いな野菜に気付かない?!苦手を克服しつつ農家も救う、Clean Foodのスムージー

    8月も過ぎ、いよいよ秋の様子が近づいてきていますね! 夏休みは学校給食がお休みのため、毎日の昼食準備に追われるご家庭も多かったと思います。本当に毎日お疲れさまでした! さて、今回ご紹介するのは、今年からスタートした新商品 、規格外の野菜や果物を使用した「Clean Food スムージー」です。商品企画を担当する、原田のインタビューをお届けいたします。 本日お話を聞いたのは、農業の社会問題に立ち向かう原田さん原田奈実 京都府の南部にある井手町出身。祖父母が農家を経営してい

    スキ
    6
      • 世の中にそうめん”ツウ”を増やしたい!それぞれの形でそうめんを盛り上げる2人に、業界の今について聞いてきた

        これから夏本番がやってきます。みなさん、今年はもう「そうめん」にお世話になりましたか?幼い頃の夏休みの昼食と言ったら「そうめん」、という思い出の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? イシイは「地域と旬」という取り組みを通して、全国各地の「おいしいけど生産している農家さんが減ってきている農産物」や、「後継者問題を抱える農家さん」とタッグを組んで、おいしさの発信や廃棄ロスを減らすための商品企画に取り組んできました。 今回は、夏のイシイの定番…商品を目指す、そうめんつ

        スキ
        10
        • 1年越しに完成!『5つの産地を巡る新茶セット』で、日本茶の多様性を五感で体験してみませんか?

          はじめまして。石井食品の公式オンラインストア、『無添加調理専門店 イシイのオンラインストア』で日本茶の仕入れを担当している内藤と申します。煎茶道を習い始めて7年目。ここ数年で煎茶にハマり、社内でも有志の部活動『お茶部』をはじめて1年になります。 会社にも急須を持ち込み、お茶仲間を増やそうとお茶を配っていたところ、もともとオンラインストアの担当部署にいたことから、社長の石井に「内藤さん、お茶も販売してみたらいいんじゃない」と声をかけてもらい、準備期間を経て、2021年7月から

          スキ
          7
          • 筍をしっかり味わい尽くす!筍のまぜご飯”専用のお米”と一緒に、最高の一杯を味わいませんか?

            桜が綺麗な季節がやってきました! 一緒に春の味覚がやってくる季節ですね… イシイにいると「食欲の春」「食欲の夏」「食欲の秋」「食欲の冬」…もう年中無休で困っちゃっていますよ! 今回は「筍」についての情報をお届けします。 筍は加工までの時間が命。掘り起こしてから時間が経つと苦み・渋み・えぐみが出てしまうので、イシイの工場から近いエリアの千葉県、佐賀県、京都府の筍を掘り起こしてからすぐに加工し、皆さんにお届けします。 今年からイシイの新しいチャレンジとして筍にぴったりの「

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 地域と旬
            石井食品
          • イシイのオンラインストア
            石井食品
          • イシイで働く人
            石井食品
          • イシイの和栗
            石井食品

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            社長noteはじめます

            はじめに日頃、石井食品の「note」御覧いただいているみなさま、こんにちは。 石井食品 代表取締役社長執行役員の、石井智康(いしいともやす)です。 (2018年6月に代表取締役社長執行役員に就任してから、早いものでもうすぐ丸4年を迎えます。改めて多くのみなさまに応援をいただき、ここまでくることができていると感じています。 特に昨今、Twitter をはじめとするSNS等でも、石井食品を応援してくれる方々の声をいただけることも多くなり、相互にコミュニケーションを取れる環境も

            スキ
            87

            この春からおべんと生活デビューの方へ!お弁当作りの先輩がエールを送ります

            2022年を迎えた…と思ったらもう3月!そして新学期がやってきます! 4月になったらお子さんの進学にともなって、お弁当作りデビューという方もいらっしゃるのではないでしょうか…? ………………( ゚д゚)ハッ! _人人人人人人人人人人人_ > お弁当作り!!!! <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄ 考えただけでツラくなってしまっている方も多いのではないでしょうか。 お子さんが新しい環境に慣れるのは大変なことです。 しかし、それはお弁当作りを担当されるみなさん

            スキ
            24

            イシイの食物アレルギー配慮商品へのこだわり

            最近はキャベツのお話やだいこんのお話など、お野菜を取り上げることが多かったのですが、今回はイシイの自慢でもある「食物アレルギー配慮商品」についての情報をお届けします。 イシイの食物アレルギー配慮商品「いっしょがいいね」シリーズ「いっしょがいいね」シリーズは、食物アレルギー特定原材料7品目を使っていません。食物アレルギーがあっても、なくても、いっしょの食卓で家族みなさまで楽しい食事の時間をお過ごしてほしいという願いから食物アレルギー配慮食品「いっしょがいいね」を開発しました。

            スキ
            16

            “美味しい”をもっとたくさんの人に届けたい — コロナ禍の需要減に立ち向かう農家さんとイシイの「地域と旬」の取り組み

            こんにちは、イシイの中の人です! 皆さんが健康に過ごされていることを祈っています。 新型コロナウイルスが落ち着かないと、飲食店での野菜の需要は増えません。その影響は、昨年の緊急事態宣言の頃と比較しても、今の方がつらいというお声まで聞きます。コロナ禍が長期に続いたことによって、先が読めないため、需要がずっと戻らないのだそうです。 そんな中でも農家さんと一緒に何かできないか? 今回は、イシイの取り組みの中から、2016年にスタートさせた「地域と旬」をテーマにした商品開発の

            スキ
            8

            新型コロナによる影響で廃棄ロスが拡大中。”もったいない”を減らすイシイと「姉崎だいこん」のプロジェクト

            こんにちは、イシイのnote担当です。 最近、一気に寒さがましてきました。寒い時と言えばおでん! 今日はそんなおでんに欠かせない大根のお話です。 イシイは2016年から、社員が日本各地の生産者を訪問し、その土地の特長、生産のこだわり、作物の美味しさを学んで良質な食材を活用する商品づくりを行う「地域と旬」という取り組みを始めました。旬の時期に旬の味を加工し、日本全国にお届けしています。 今日は、その活動の一環で2019年に出会った千葉県市原市の「姉崎だいこん」についてお伝え

            スキ
            13

            勤続36年以上でもまだ新しい発見のある日々を過ごすベテラン社員のストーリー

            イシイは全国3か所の工場と10か所の営業所を起点に、今日も全国の皆さんに安心安全な食をお届けするために尽力しています。 そんなイシイは、多様な経験を持った人材を募集するために、新卒採用だけでなく中途採用も積極的に行っています。ただいま絶賛新しい仲間を募集しているのは京都の京丹波工場! 本日は京都府京丹波工場で製造に関わるベテラン社員の間嶋さんと諏訪さんからお話を伺います。 インタビューに対応してくれたのは素材価値開発部 京丹波工場所属 間嶋(ましま)さん 単なる商品生産で

            スキ
            14

            ここまでやる。イシイのおせちのこだわりと進化をみなさんにお伝えします

            師走ですね。年末のご準備はもうお済みですか? イシイではこの季節、おせちに向けた準備を急ピッチで進めています。 一口に「おせち」と言っても、イシイのサイトでお申し込みを受け付けているものだけではありません。フォトギフトサービスの「OKURU」さんとのコラボおせち、中川政七商店さんとのコラボおせちなど、みなさまのご期待に応えられるよう年々進化を遂げています。 今回は九州で販売している生協会員様向けおせちの開発裏話を福岡営業所の白木原さんと武井さんに伺いました。 イシイのお

            スキ
            8

            はっきり言って安くはありません。手間暇かけすぎ?な、イシイの熟成栗の誕生秘話

            「イシイってミートボールだけじゃないんですね!」 「栗も扱っているんですね!」 そんなお声をたくさんいただいております。 年々、SNSやオンラインショップを通して新しい出会いが増えていることを実感中です。イシイはミートボールだけじゃないんですよ! 今日はそんな中でも、比較的歴史の浅い取り組み「熟成栗」についてお伝えします。 昨年から本格的に始まった熟成栗のプロジェクト。 今年は製造工程も見直し、さらに美味しく・甘い栗をお届けできるようになりました! 「熟成」ってなあに

            スキ
            7

            安かろうは悪かろう?そんな常識を変えたいイシイの”オーガニックミートボール”への挑戦!

            イシイの看板商品「イシイのおべんとクン ミートボール」。 この商品は、もともと佃煮の会社として立ち上がったイシイが、1970年代に手がけ始めた洋食・中華関連惣菜のひとつです。初めはトマト味じゃなかったんですよ。 そんなミートボールが生まれてもう47年。 長い歴史を持つこのミートボールも、少しずつ進化を遂げています。 今日は、昨年九州エリアに期間限定で登場し、現在は関東地方でも提供を始めているイシイの「オーガニックミートボール」について、開発への想いをお伝えします。 オーガ

            スキ
            22

            平常時にこそ非常食を食べよう!今こそ考えたい「防災」と「非常食」についてお伝えします

            8月というのに、最近は涼しい日も増えてきました。 イシイのnote担当です。今回のテーマは「防災」と「非常食」です。 なぜこのタイミングかというと…9月1日は「防災の日」だからです! 最近は地球温暖化が一因とも言われている未曾有の災害が増えています。こんな世の中だからこそ「防災」が重要です。 ✔︎ ハザードマップを事前に確認する ✔︎ 避難所までお散歩してみる ✔︎ いざという時の行動について事前に家族と確認する 一口に防災と言っても、たくさんできることがあります。

            スキ
            17

            収穫をひとつひとつ手作業で行う、生産者の思いが詰まった茨城県筑西市下館地区の「館玉ねぎ」

            石井食品では2016年より「地域と旬」をテーマにした商品開発に取り組み、全国の地場野菜の生産者と直接取引する循環型地域事業に力を入れています。 今回は茨城県筑西(ちくせい)市下館(しもだて)地区で栽培されている「館玉ねぎ」(やかたたまねぎ)をご紹介します。 (茨城県の北西部に位置する筑西市) 【館玉ねぎの特長】・種まきや収穫は一つひとつ手作業五行川と小貝川に挟まれており、小石が多い畑のため、機械の導入が難しい土地です。種まきや収穫はひとつひとつ手作業で行っています。

            スキ
            5

            ミートボールの命であるソースが消えた!?お客様の声から生まれたミートボール

            イシイのnote担当です! 今回の特集は、昨年からCMでもお届けしている「朝ミートボール」。 イシイのミートボールの命(!?)とも言える 「ソース」を無くしてしまった、塩味のミートボールです。 このミートボールが生まれるまでの裏話をお届けしたいと思います。 (朝ミートボールのパッケージ) 今日は石井食品本社の1階にある「コミュニティハウス Viridian(ヴィリジアン)」のスタッフである中澤さんにお話を聞いています。 お客様とのコミュニケーションから新商品のアイデア

            スキ
            17