デジリハ公式note @DigiReha

子どもの視点とデジタルアートで小児医療・療育を革新していくプロジェクト。全国全世界のリハビリを必要とする子どもたちにデジタルアート型のリハビリを届けます。医療従事者やエンジニアを中心としたチームで、リハビリテーションの質の向上を目指します。

デジリハ公式note @DigiReha

子どもの視点とデジタルアートで小児医療・療育を革新していくプロジェクト。全国全世界のリハビリを必要とする子どもたちにデジタルアート型のリハビリを届けます。医療従事者やエンジニアを中心としたチームで、リハビリテーションの質の向上を目指します。

    マガジン

    • デジリハ Diary『デジタルアート&プログラミング教室』

      デジリハの「キッズデジタルアート&プログラミングスクール」に通う子ども達と、日々リハビリを頑張るキッズ達がデジリハアプリを創っていく活動の全貌。 by 作業療法士Yukino

    • デジリハ News 『プロジェクト全体の最新情報をお届け!』

      デジリハアプリの開発や論文発表について、施設や病院への導入実績について、様々な機器のプロトタイプ開発についてなどを更新!

    最近の記事

    難病・障害をもつ子ども達の心と体を動かす仕掛けづくりーそらぷちキッズキャンプさんから学ぶ

    2022年9月9日、公益財団法人そらぷちキッズキャンプの佐々木執行理事をゲストにデジリハセミナーを開催!今回はその様子を一部レポートとしてお届けいたします。 なぜ医療ケア付キャンプ場に関わることになったの?造園コンサルタントとして活動をしていたそらぷちキッズキャンプ執行理事の佐々木さん。業務・研究の一貫として米国視察に行った際に難病の子ども向けの医療ケア付きキャンプ場に出会いました(同キャンプ場を含む「シリアスファンチルドレンズネットワーク」は世界各地に展開をしています)。

      • 【ユーザーインタビュー】子ども達の”好き”を見つけるインクルーシブな場づくりを -シェルターインクルーシブプレイス コパル-

        デジリハって実際どんな施設で、どんな風に使われているんだろう?そんな疑問の声にお応えして、デジリハユーザーを紹介していきます!今回はシェルターインクルーシブプレイス コパル(https://copal-kids.jp/)さんです! コパルさんはデジリハユーザーの中で現在唯一の遊戯施設として、障害の有無に限らず多くのお子様にデジリハ体験を提供しています。コパルの詳細やデジリハを導入してみての感想を運営に関わる佐藤親子に伺ってみました! シェルターインクルーシブプレイス コパル

        スキ
        2
        • 特別支援教育におけるICT・デジタルツールの実践事例と可能性 -水戸特別支援学校さんから学ぶ

          2022年9月27日、茨城県立水戸特別支援学校の宮山校長と八柳先生をゲストにデジリハセミナーを開催!今回はその様子を一部レポートとしてお届けいたします。まずは、教員である八柳先生のプレゼンの内容をご紹介! なぜ特別支援教育でICT・デジタルツールの導入が必要なのか?文部科学省から出されました「新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議」の報告書に、ICT利活用等による特別支援教育の質の向上という項目が提示されました。 そちらに、ICTは子どもが主体的に学ぶために有用

          スキ
          1
          • 【ユーザーインタビュー】これからの時代、”選ばれるリハビリ病院”になるために -麻生リハビリ総合病院-

            デジリハって実際どんな施設で、どんな風に使われているんだろう?そんな疑問の声にお応えして、デジリハユーザーを紹介していきます!今回は麻生リハビリ総合病院さんです! リハビリ専門病院として初めてデジリハを導入いただいた麻生リハさん。スタッフはもちろん全員リハビリセラピスト!そんな環境で、どのようにデジリハをご活用いただいているのか?リハビリテーション科科長の田中さんと、セラピストの皆様にお話を伺いました! デジリハを導入したきっかけは?スタッフがSNSでデジリハを見つけたのが

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • デジリハ Diary『デジタルアート&プログラミング教室』
            デジリハ公式note @DigiReha
          • デジリハ News 『プロジェクト全体の最新情報をお届け!』
            デジリハ公式note @DigiReha

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【ユーザーインタビュー】本人にあったICTツールをできるだけ早く取り入れていくことで、生活の幅を拡げたい-NPO法人やまごや-

            デジリハって実際どんな施設で、どんな風に使われているんだろう?そんな疑問の声にお応えして、デジリハユーザーを紹介していきます!今回はNPO法人 やまごやさんです! 現在デジリハをさらに活用していくためのクラウドファンディングを予定されているやまごやさん、実は体験日当日にデジリハ導入を決定してくれたという経緯があります。導入即決をしていただいた背景や今後に向けた想いを、代表・作業療法士の平向さんに伺ってみました。 やまごやさんについて教えてください僕は元々JICA海外協力隊に

            スキ
            2

            【ユーザーインタビュー】プール×デジリハ=最強! 世界初の無重力デジリハとは -医療法人かがやき かがやきキャンプ-

            デジリハって実際どんな施設で、どんな風に使われているんだろう?そんな疑問の声にお応えして、デジリハユーザーを紹介していきます!今回は医療法人かがやき かがやきキャンプさんです! なんとかがやきキャンプさんでは世界初!屋内プールにデジリハを導入し「無重力デジリハ」が行われています。「デジタル×水」というまさに水と油な関係の2つを結びつけようと思ったのはなぜ?そして実際どのように活用いただいているのでしょうか?理学療法士の藪本さんにお話を伺いました! デジリハを導入したきっか

            スキ
            1

            注目度上昇中!リハビリに活かすゲーミフィケーション。その最新動向とは

            ゲーム的要素を取り入れることで、自然と「動きたくなる」「続けたくなる」というモチベーションを生み出す”ゲーミフィケーション”。近年は様々な社会課題の解決のために活用されています。 そんなゲーミフィケーション、近年では国際的にリハビリの領域でも活用が進んでいます。この度、「リハビリテーションにおけるゲーミフィケーションの国際最新動向」をテーマに、福島県立医科大学 楠本先生よりご講演をいただきました!今回は、ご講演いただいた内容を、実際ご紹介いただいた論文も含めてご紹介していきま

            スキ
            2

            【ユーザーインタビュー】「なんだこれは」が営業トークに?!物珍しさを社会参加に繋げたい-株式会社ingrow-

            全国各地で進むデジリハの導入。街の福祉事業所に突然デジタルアートが導入されることって、実際子どもや保護者の方の反応はどうなのでしょうか? 今回は、オープン前からデジリハに熱いラブコールを送ってくれていた新潟県新潟市で放課後等デイサービスを運営する株式会社ingrowさんへお邪魔し、代表の高橋さんにお話を伺いました。 まずは事業所のことを教えてください!ここ、株式会社ingrowが運営する事業所「LigLig」は、新潟県新潟市の児童発達支援・放課後デイサービスです。 0-

            スキ
            1

            【ユーザーインタビュー】生徒と教員の試行錯誤を伸ばす「新しい教育」を!-茨城県立水戸特別支援学校-

            デジリハって実際どんな施設で、どんな風に使われているんだろう?そんな疑問の声にお応えして、デジリハユーザーを紹介していきます!今回は茨城県立水戸特別支援学校さんです! 実は教育機関として日本で初めてデジリハをご利用いただいているのがこの水戸特別支援学校さん。一体なぜ学校で?実際使ってみてどうだったのか?同校の宮山校長&八柳先生に聞いてみました! デジリハを導入したきっかけは?宮山校長) よく「神の手」って言われるものがあるんです。例えば子どもの手をもって、本人の意思のないと

            スキ
            5

            【ユーザーインタビュー】子どもも大人も”笑顔がうまれる経験”を-社会福祉法人 宮共生会 チームみらいときっず-

            デジリハって実際どんな施設で、どんな風に使われているんだろう?そんな疑問の声にお応えして、デジリハユーザーを紹介していきます!今回は社会福祉法人 宮共生会 チームみらいときっずさんです! 普段から医療的ケアが必要な利用児さんたちを長崎の綺麗な海に連れていったりと精力的に”楽しい”を目指しているチームみらいときっずさん。 中村さんにお話を伺いました! デジリハを導入したきっかけは?知人からデジリハを紹介されたのがきっかけで、理事長と一緒に「やってみようか!」となり直近で開催

            【ユーザーインタビュー】新しいことへのチャレンジを楽しむ組織へ! -NPO法人EPOここね-

            デジリハって実際どんな施設で、どんな風に使われているんだろう?そんな疑問の声にお応えして、デジリハユーザーを紹介していきます!今回はNPO法人 EPOここねさんです! 最近はテレビ取材も受け、クラファンにも成功し、積極的に新しいことへとトライしていらっしゃるここねさん。その源は一体どこから?そしてデジリハはどう活用していただいているのでしょう?理学療法士の宮代さんに早速聞いてみました! デジリハを導入したきっかけは?新たに放課後等デイサービス(以下、放デイ)を開所することに

            スキ
            4

            【サポーター大募集中!】ゆめのめにデジリハを連れてくるために。体験会を実施しました!

            2022年5月22日、デジリハチャレンジ1期生であるNPO法人ゆめのめ様で、新規事業所のオープニングイベント&デジリハ体験会を開催しました! ゆめのめ様では、 医療的ケア児や重症心身障害児など、重い障害をもつ子ども達が自分で出来た!という経験が積み重ねられる環境づくり 障害のあるなしで子どもを分けず、誰でもふらっと立ち寄れる居場所づくり の大きな2つの”ゆめ”のため、現在デジリハチャレンジに参加いただいています。 子ども同士の関係性づくり。デジリハが生み出す笑顔の空

            スキ
            5

            誰でもフラっと立ち寄れる放課後デイをつくる!デジリハを通じて叶えたい大きな”ゆめ” ーNPO法人ゆめのめ

            今回はデジリハチャレンジ1期生、NPO法人ゆめのめ様をご紹介します。ゆめのめ様は東京の西、とっても緑が豊かな地域の日野市で活動をされているNPOです。重症心身障害児・医療的ケア児のための放課後等デイサービスや児童発達支援の2施設を運営されています。 「すべての子どもたちが地域で健やかに暮らせますように」一人の保護者から始まった”ゆめ”ゆめのめは、自身も障害児を育てる一人のお母さんから始まりました。地域の中で子どもたちが安心・安全、子どもらしく育てる居場所を作りたい。そんな”

            スキ
            7

            【月額1,000円から】障害をもつ子どもたちに”遊び”を届ける、デジリハマンスリーサポーター大募集!

            あなたの支援で子どもたちの遊びが変わる。 今が変わる。 皆さまからのご支援を、障害児者や高齢者の生活をサポートする福祉事業所のデジリハ導入費(55,000円/月)に充てさせていただきます。どうぞご協力をお願い致します! マンスリーサポーターになる! 「障害があるから仕方ない」?子どもたちにもう”遊び”を諦めさせない! 子どもは遊びが仕事!遊ぶことは子どもの大事な権利の一つ。心と体の発達にも欠かせないものです。しかしながら、そんな権利を諦める状況に追い込まれる子どもたち

            スキ
            3

            福祉施設とサポーターが繋がりともに子どもを育む、あたらしい形のご提案。

            皆さんこんにちは、デジリハのタコスです。 この度デジリハでは新しい取り組みデジリハチャレンジ制度を始めることになりました(ジャジャーン!!!) 簡単に言うとデジリハチャレンジ制度とは、 金銭的余裕のない医療福祉施設が、料金を支払わずにデジリハを利用できるようにサポートする! という画期的な取り組みです。 サービスするほどお金がない!医療福祉施設の声「デジリハはとても良い!使いたい!…でもお金がない!!」デジリハを作ってから一番聞く皆様からの声はコレかもしれません。

            スキ
            3

            リハビリってなんだろう?ーデジリハの”リハ”の意味について語る。

            皆さんこんにちは!デジリハの仲村佳奈子 a.k.a. タコスです!デジリハ開発の裏側や普段はなかなか見えない頭の中など、定期的に更新していきます。どうぞよろしくお願いいたします! 一回目の今回のテーマはズバリ! デジリハって一体なんなの? というお話をしていきたいと思います。初回にふさわしくシンプルです笑。 デジリハとは デジリハは実は、Digital Interactive Rehabilitation Systemというながーーーーーい英語名の略称なんです(ポケ

            スキ
            4