見出し画像

高校生の進路選択 その5 あきさとさん(前編)「大学入学前の合格者セミナーに行ったら、サマーキャンプのメンバーとばったり会った」

GTE / DECA JAPAN

GTE サマースクール修了生のあきさとさん(国際教養大学 在学中(現在は台湾大学に留学中))に、高校生時代の過ごし方や今の進路に決めたきっかけなどについてインタビューしました。あきさとさんのストーリーは、これから進路選択を控え、悩んでいる中学生・高校生とその保護者の方へのヒントとなるでしょう。

☆★☆ 「中学生・高校生の進路の選択肢を増やす」 ☆★☆
アントレプレナー育成プログラム(起業家教育プログラム)は、公式サイトをチェック!(https://www.gtekapion.org/

【 語り手 】 あきさとさん(国際教養大学 在学中(現在は台湾大学留学中))
【 語り手 】 あきさとさん(国際教養大学 在学中(現在は台湾大学留学中))
【 聞き手 】 能登 左知(DECA JAPAN 理事)
【 聞き手 】 能登 左知(一般社団法人カピオンエデュケーションズ 理事)


対談記事は、「前編」「中編」「後編」の3回に分けて投稿しております。

前編では、「大学入試に GTE サマースクールがどうつながったのか」「何を判断基準に進路を選んだのか」についてお聞きしました。


< 動画で見たい方はこちらから(YouTube) >

あきさとさん「大学受験は何度でもできる。だけど高校3年間は2度とない」


< リンクはこちら >

・高校生の進路選択 その5 あきさとさん(前編)「入学前の合格者セミナーに行ったら、サマーキャンプのメンバーとばったり会った」
・高校生の進路選択 その5 あきさとさん(中編)「入学前の合格者セミナーに行ったら、サマーキャンプのメンバーとばったり会った」
・高校生の進路選択 その5 あきさとさん(後編)「入学前の合格者セミナーに行ったら、サマーキャンプのメンバーとばったり会った」



高3で参加したサマーキャンプが大学合格に直結した


あきさとさん: 実は、GTE サマースクールに参加していた せなさんと同じ大学にいるんですよ。
 入学試験の日にも会っていて。お互いに「あれっ!?」と気づいて、「お互い受かっているといいね!」と言って帰ったんですが。入学前の合格者向けセミナーにもいて。しかも、国際教養大学の1年目はクラスがあるのですが、そのクラスも同じ(笑)。

能登: すごい偶然、のようで必然かもしれませんね。私たちのプログラムに参加した生徒同士が同じ大学のキャンパスでばったり会うって、実はよく聞くので。
 せなさんにもぜひインタビューしたいですね。彼女はいま秋田にいるんですか?

あきさとさん: いや、彼女はいまポーランドの大学に留学中です。国際教養大学は全員1年間の交換留学をしないといけないので。
 実は、大学合格後も せなさんとは一緒に起業コンテストにも出たんですよ。それこそ GTE サマースクールの延長戦のようなノリで。
 高校生のときの課外活動って、参加しておくと本当に面白いなと思います。「意外と大学でまた会ったり、友だちになれるかもよ」って勧めたいですね。

能登: 高校生のときの課外活動が、大学生活につながることってありますよね。

あきさとさん: 実は、それだけじゃないんです。GTE サマースクールに参加したことが直接、大学合格に役立ちました。
 国際教養大学は特別選抜入試で入ったのですが、その際の試験科目は日本語面接、英語面接、英語エッセイの3つでした。英語面接の質問が、まさに GTE サマースクールでやってきたことだったんです。

能登: 記事では質問の詳細を伏せますが、それって、まるで私たちが用意したかのような質問ですね。

あきさとさん: GTE サマースクールに参加したことで、特別選抜入試の出願書類に使えたし、面接にも使えたし、上がった英語力は大学でもそのまま使えています。
 自分は高校3年生の夏に GTE サマースクールに参加しましたが、このタイミングで参加したのはめちゃくちゃ良かったです。めちゃくちゃラッキーでした。


DECA JAPAN GTE サマーキャンプで、 仲間と一緒にアクティビティに取り組むあきさとさん(写真中央右)
GTE Summer School で
仲間と一緒にアクティビティに取り組む  あきさとさん(写真中央右)


人生で一番英語力が上がったのは、GTE サマースクールの1週間


能登: でも、高校3年生の夏というとまさに受験勉強の真っ最中ですよね。GTE サマースクールの1週間、受験勉強をしないことの恐怖はなかったのですか?

あきさとさん: いや、ずっと机の前で勉強するだけより、やったことのないことに参加した方が自分の能力が上がるし、出願書類に書けたり面接で話せたりする内容も広がります。
 それに、言葉は悪いんですけど、1週間受験勉強しなかったから落ちたとしたら、それはその1週間を受験勉強にあてても落ちるので。楽観的に、「あとで取り返せるからいいや」と考えたのがたぶん一番よかった

能登: 数ある課外活動の中で、GTE サマースクールに参加したきっかけは何でしょう? 私たちは起業、ビジネスを扱うことが多いので、あきさとさんがなぜ参加しようと思ったのか興味があります。

あきさとさん: 高校生の夏休みは3回しかないから、ある程度長期間で、いままで経験したことのない探求型のプログラムがやりたいと思って参加しました。
 高1のときは、別の団体の次世代リーダー養成に関するプログラムを受けて、高2は格闘技の大会でつぶれて。あっ、もう高3しか夏がない、となったときに、皆でわちゃわちゃと何かを作り上げる、何かを突き詰められるようなプログラムがないかと調べていたら GTE サマースクールが見つかりました。
 「ビジネスって今まで学んだことがないな、しかもアメリカの本場の内容を英語で学べる。これは大学入試にも直結しそうだな!」と思って選びました。

能登: 申し込んだときの英語力はどのくらいですか?

あきさとさん: 結構低かった。いまが 100 だとすると、高3の夏時点では 50 もないくらい。だけど、GTE の1週間で一気に 75 くらいにまで上がりました。

能登: 本当に!? そんなすごいプログラムだったっけ?(笑)

あきさとさん: 本当に。最初はもうぜんぜん聞き取れなくて。先生の英語が速いし、知らない単語ばかりだし。
 でも、1週間過ごすとだんだん耳が慣れて、こんなことを言っているんだなと気づいて。僕の英語力が一番上がったのは GTE の1週間でした。

選択肢を柔軟に変えられることを基準に大学を選択


能登: あきさとさんはいつから進路選択を意識したのでしょう?

あきさとさん: 実は結構遅くて。具体的に大学を調べ始めたのは高校2年生の冬でした。
 それまでは格闘技に熱中したり、生徒会長をしたりしていたので。直前であわてて調べた感じです。

能登: 大学と学部を選ぶときの判断基準は何でしたか?

あきさとさん: 自分は、可能性の幅というか、選択肢が狭くならない進路を選んだ感じです。
 具体的には、国際教養大学と慶応義塾大学のどちらかにしようと進路を決めました。
 慶応義塾大学は学部の転科が比較的簡単にできる。国際教養大学は最初の2年間を教養課程で過ごした上で、3年目以降にグローバル・スタディズ領域、グローバル・ビジネス領域、グローバル・コネクティビティ領域、教職課程などを選択できる。
 大学に入学したあとで選択肢を決められる、変えられるという点で、志望する大学と学部を決めました。

能登: なるほど。留学先に台湾を選んだのも、選択肢を広げるためでしょうか?

あきさとさん: 一番の理由は、中国語を勉強したかったからです。
 いままで英語だけでなく、韓国語と中国語も勉強していて、「言語って面白いな」と感じていました。
 国際教養大学は1年間の留学が必須なので、「語学を学ぼう。韓国か台湾のどちらかに行こう」と考えて。どちらにするか悩みましたが運よく台湾大学に行けることになったので。「これは中国語を学べということだな!」と思い、台湾を留学先に選びました。

能登: 授業は中国語ですか? すごい!

あきさとさん: いえ、英語です。中国語は語学の授業で学んでいるだけで。中国語で講義をされてもついていけない(笑)。
 台湾大学は旧帝国大学で、台湾でも最高学府なので、授業のレベル自体が高いんです。
 それに、台湾でもタレントぞろいの学生が集まるし、日本から来ている留学生も東大、京大クラス。今まで出会ったことのない仲間が集まっているので、今後どうなるのだろう、もしかすると仲間と起業するかもしれないな、と楽しみです。



前編では、「大学入試に GTE サマースクールがどうつながったのか」「何を判断基準に進路を選んだのか」をお聞きしました。

中編では、「あきさとさんの進路をご両親はどうサポートしたのか」「なぜ海外で学ぶことに興味を持ったのか」についてインタビューしていきます!

【 編集 】 柏 陽平(DECA JAPAN メンター)
【 編集 】 柏 陽平(一般社団法人カピオンエデュケーションズ メンター)


< 中編へのリンクはこちら >

・高校生の進路選択 その5 あきさとさん(中編)「入学前の合格者セミナーに行ったら、サマーキャンプのメンバーとばったり会った」



GTE / DECA JAPAN


☆★☆ 「中学生・高校生の進路の選択肢を増やす」 ☆★☆
アントレプレナー育成プログラム(起業家教育プログラム)は公式サイトをチェック!(
https://www.gtekapion.org/



#高校生 #中学生 #課外活動 #受験 #大学入試 #英語 #留学 #海外留学 #進路選択 #アントレプレナー教育 #起業家教育 #英語教育 #実行力塾 #GTE #DECAJAPAN

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?