北欧家具と最近のこと。vol.26
見出し画像

北欧家具と最近のこと。vol.26

本間慎祐 / Dawner

こんにちは。西荻窪のヴィンテージ家具店、Dawnerの本間です。

暑い中マスクをつけることが辛くなってきたここ最近、今日は涼しくて過ごしやすくて良いです。
雨の音と、今日は店内クラシック音楽なんかかけてしっとりと

溜まりにたまっていた日記を書いていこうと思います◎

5月のお店のこと

5月は良かったこともありましたが、それ以上に反省すべきことが多い月でした。

反省点1:注意不足

納品を済ませた家具に不備があったとお客様より報せを受け、対応にあたりました。

私たちは中古の家具を修理して販売しているわけで、商品不良のリスクはもちろんゼロではない。
だからこそ普段から慎重にメンテナンスを行い、そして必ず最終確認をも行ったうえで、お客様のもとへとご納品を心掛けているのですが

なんと今回この5月、ご納品後の商品不良の報せが数件続いてしまいました。

例え1件でも反省すべきことがこうも続くとなると
もはや注意不足を通り越してただの怠慢でしかない、と深く反省。

同じことがないよう、気を引き締め直して臨んでいきたいと思います。

反省点2:段取りの悪さ

上述した商品不良の修理対応があったとはいえ、5月に『完成』した商品、なんとたったの2点。

「時間がかかることは時間がかかっても仕方がないんだから、それよりも丁寧に」

と、その時は自分にそう言い聞かせて臨んでいたのです。上述した件もあったばかりですし。

でも今になって省みてみれば、手際の悪さ、というよりかは段取りが悪かったと思えて仕方のない次第で。

丁寧=時間を掛ける

ということでは必ずしもないですよね。

きちんと段取り良く臨めば、改善出来ることも多くあったはず、と強く反省いたしました。

5月の良かったこと

反省点ばかり書いていると気持ちが沈んでしまうので、良かったことも書いておこうと思うのですが

5月の良かったことはたった一つ。

それはお客様からの声をたくさん頂けたことでした。

『声』といってもまぁ色々なんですが

例えば、5月に商品のご注文を頂いたお客様の90%近くは以前にもお店をご利用頂いているお客様からのご注文であったり
また今回はご案内こそ出来ませんでしたが、以前ご利用いただいたお客様より商品のお問い合わせを頂き、その際にご自宅で家具が大活躍してるとの嬉しい報せを頂いたり
また以前に家具修理を担当させて頂いたお客様からは、家具を購入するならぜひ本間さんにお願いしたい、と直々に購入のご相談を頂いたり
一年前に一度、遠方よりご来店を頂いていたお客様からは家具を買うときにはDawnerさんでと決めていた、なんて熱い熱いご注文を頂いたり
上述した商品不良が続いてしまった際にも、一つとしてクレームにもならずに、親切丁寧にされていることが窺えるので本間さんにお任せします、と仰って頂けたり。

不器用なりにも出来る範囲で一生懸命やっている自分の仕事に対して、こうも評価して頂けるなんて。。

ミスもありましたが、この上なく嬉しかったです。

というかだからこそ、ミスしてしまったことが情けなかったというか、余計に悔やまれました。

頑張ろう、自分。と強く思った5月

5月に完成した家具

デンマーク製ビューロー付きブックケース(SOLD OUT)

画像1

画像2

デンマーク製3人掛けソファ

画像3

*****

2点とも大きめな家具ですが、でもやっぱりたったの2点ってどうなの、と。

完成した家具が少ないわりにも、多くのご注文を頂いた5月のおわり。
店内はスッカスカになっていました。(そりゃそうだ)

6月のはじめのこと

そんなこんなで、在庫を作らないと。一度気持ちも切り替えた方が良さそうだ。と思い始まった6月は月曜スタート。仕切り直すには丁度良い◎

ということで6月1日&2日(月曜&火曜)を急遽臨時休業として木曜日まで家具のメンテナンスをめいっぱい進めました。

6月1週めの家具たち

デンマーク製キャビネット

画像4

モダンデザインとクラシカルな装いが融合したキャビネット。
大型サイズながら、抜け感のある脚元、扉や抽斗に立体感を持たせたリズミカルなフロントデザイン、艶のあるオーク材と真鍮金物とのコントラスト、などなど。洗練された上品な印象を感じられる素晴らしい一台。

デンマーク製サイドテーブル

画像5

画像10

コンパクトかつシンプルなデザインのサイドテーブルは様々なシーンに使い廻しが利くことが何よりも魅力。ソファテーブルにしても良く、ベッドサイドに据えても良い。飾り台にしたり、鏡を据えてドレッサーテーブルにしたりと、何かとあると便利なアイテム。淵廻りの溝を切ったデザインがアクセント。

スウェーデン製ベッドサイドテーブル

画像6

ベッドサイド、ソファサイド、玄関脇など、こちらも様々に使い廻しの利くアイテム。抽斗と棚が一体となった機能性も魅力。横から眺めたシルエットが可愛らしい一台。

デンマーク製サイドテーブル

画像7

またまたサイドテーブル。先に挙げたサイドテーブルと比べるとシュッと先細る丸脚や緩やかに弧を描いた幕板デザインなど、繊細なシルエットが美しいです。

画像11

と思いきや一転、天板のローズウッド材(Palisander:マダガスカルローズウッド)の力強く野性的な、荒々しい杢目。
こういう荒々しい杢目は好き嫌い・好みも分かれるのかなとは思いますが、自然が創り出した、決して人間には造り出せない、もはやエネルギーの塊のような気がいたしますので、好きな人にはも~、たまらないと思います◎

デンマーク製ダイニングチェア

画像11

一脚だけの入荷。同じデザインの材違いがまだ数脚ストックにございます。

とても椅子らしいスタンダードなデザインも、大胆に湾曲した背凭れやくびれを設けた座面下シルエット、背凭れを留める真鍮金物など個性も光る一脚。

画像11

画像24

*****

と、1週めは大小様々な家具たちのメンテナンスを進めることが出来ました。

6月2週めの家具たち

デンマーク製イージーチェア(SOLD OUT)

画像14

先に挙げた3人掛けソファと同じモデルのイージーチェア。
こちらも3人掛けソファと平行して5月中には木部のメンテナンスとサイドアームの張り替え、スプリング廻りのクッション材の作製までは終わっていたのですが
その後は優先順位をつけようと後廻しにし、6月はじめの週末にようやくクッションの張替まで完成しました◎

画像14

格好良い~◎

月曜日にウェブサイトに掲載、翌火曜日Twitterにて紹介しましたら、Twitter経由でほんの1~2時間後にはお嫁へと旅立っていました。(ご夫婦でそのまま担いでお持ち帰りになるという!)

どうやってお店にディスプレイしようかな~とか考えていた矢先の突然のお別れに、後ろ髪も引かれましたが、とっても気に入って下さっていたのでそれはそれは私も嬉しかったです。ありがとうございましたー!

デンマーク製スチールレッグチェア

画像15

1980年代頃のもののようです。スタッキング出来る機能性。スチールレッグだからこそ可能な細くすっきりとした脚デザイン。こういうの結構好きなんです。
とりあえず2脚だけメンテナンスして展示していますが、倉庫にあと6脚ございます。

画像16

デンマーク製ブックケース

画像17

デンマークのデザイナー、Poul Hundevadによるブックケース。
シンプル&プレーンなデザインですが2枚設置された棚板の小口を鋭角に仕上げることで量感を軽くする工夫がされた、スタイリッシュでなかなか格好良い一台◎

 デンマーク製ダイニングチェア(SOLD OUT)

画像18

デンマークのデザイナー、Kai KristiansenによるModel.32・通称:ネイルチェア
ゆったりとカーブした背凭れにちょこんとしたハーフアームのデザインが唯一無二の人気のあるチェアです。

こちらは5月に別の家具を購入頂いたお客様より、注文を受けていました。
前週に木部のメンテナンスまで済ませておいて、お客様セレクトの生地にて張替までを行いました。

画像19

デンマーク製キャビネット(SOLD OUT)

画像20

こちらもメンテナンス前にお客様に紹介し、メンテナンス後に仕上がりを確認後、ご購入頂いた商品です。気に入って頂きありがとうございましたー!

*****

と怒涛の家具ラッシュ。6月結構頑張っています、自分。

最後にもう一台だけお付き合いください。

デンマーク製ネストテーブル

画像24

おそらくは本来3台のテーブルが一体となるタイプのネストテーブルだと思われるのですが、こちらは2台のみとなっておりました。(一番小さいテーブルが欠損していると思われます)

欠損している、と考えるとまぁ非常に残念ではあるのですが、それを踏まえても有り余るほどに美しいテーブル。今一番のお気に入りです。

画像25

画像26

まずとにかく、細い。
2㎝角の脚部。後ろ脚を繋ぐ貫に至っては僅か5㎜という薄さ。

木製家具をここまで細く薄くするためには、綿密な設計と技術、そしてそれらを可能にする材があって初めて成り立つわけで
(もちろんただ成り立つだけではなくて、40年、50年経って尚耐えられるその強靭さ)

画像22

細ければ良い、とかそういうわけではないです。
けれど華奢な造りだからこそ成し得たこの繊細なプロポーションは
他ではなかなかお目に掛かれないのではないかと思います。

画像23

特徴的な天板の嵌め方をはじめ、意匠性にも富んでいます。

デザイナー・メーカー名ともに不祥ですが、造りの細やかさ・良質な素材の使い方、と只者ではないオーラをひしひしと感じ、メンテナンス中ずーっとワクワクが止まりませんでした◎

*****

5月はたった2点だけの家具修理。
この6月は現時点で既に11アイテムのメンテナンスが整いました。
気持ちを仕切り直すのって大切ですねー、としみじみ。

今月まだもう少し、頑張ります!

ウェブサイトのこと

家具のメンテナンスとは別の、お店のウェブサイトのはなし。

たぶん丁度一年前くらいにウェブサイトの商品ページのレイアウトやらいろいろを変更したのですが

実は作り方に結構無理があったようでして。。

そのため5月後半頃から商品ページのリニューアルを検討し、ここ一週間で作製・データの移行を一気に行いました。
ひとまず昨日、全ての新しい商品ページが整っております。

今回の日記の商品紹介(↑)では家具のタイトルにそれぞれ新しく作った商品ページへのリンクを貼っておりますので、良かったら覗いてみてやってくださいませ。

*****

で、今回きちんと(ウェブサイトへの負担のない)新しい商品ページを作成することが出来たわけですが、テクノロジーってすごいですねー。やっぱり勉強しないといけませんねー。
今回の変更でこれまでの業務への負担もかなり軽減されることが予想され、またウェブサイトで出来ることの可能性も広がったようです。

また作業が落ち着いたら次は商品ページ以外のウェブページも改めて見直していこうと思います。


*****


と、今日も長い日記にお付き合いいただきありがとうございました~

次回は短い日記が書けるように、あまり期間を空けないように更新したいと思います。

それでは皆様良い週末をお過ごしくださいませ◎

ありがとうございます◎
本間慎祐 / Dawner
西荻窪で北欧ヴィンテージ家具店Dawner(ダーナー)を営んでいます。お店のこと・家具のこと・普段のことなど、日記代わりに記しています。お店のウェブサイト→https://www.dawner.jp