武田 元彦 / DataStrategy Inc. CEO

フリーのデータサイエンティストを経て、新規事業開発や業務自動化、データ駆動型マーケティングのための技術導入全般をディレクションするDataStrategy創業。帝京大学講師(マーケティングサイエンス)、ナレッジ・マーチャントワークス株式会社社外取締役(データサイエンス担当)
固定されたノート

データ戦略の会社が考える「マーケティングとブランディングの違い」〜どちらもデータで測れるという話

ちょっと前にマーケティングとブランディングの違いについて、タイムライン上で話題になっていました。 これはもちろん定義の話で正解がある訳ではないのですが、少なくと...

新規事業や新商品、海外進出のためのシンクタンク始めました

私が代表を務めるDataStrategy株式会社は4年目になりますが、これまでに市場調査や技術調査、事例調査の相談を頂くことが多く、「ならばいっそサービス化してみよう」との...

データ戦略の会社が考える「成果が出ないデータ分析/AI導入が多い理由と、 成功確率を上げるために何が必要なのか」

最初にタイトルに対する結論ですが、成功確率を上げる、つまりビジネス上の意味がある成果を得る確率を高めるために必要なものは 1) ビジネス上の成果と紐付いた適切な「...

DataStrategyへの仕事依頼について

DataStrategyは2016年に創業したベンチャー企業です。 創業者について 東京大学大学院(経済学修士)を卒業後、三菱総合研究所に入社。官公庁や地方自治体をクライアント...

データ戦略の会社が考える「データ分析・AIのビジネス導入に必要な4つのポジション」

分業チームの必要性 AI.Accelerator座長の進藤さんのツイッターで以下のような内容がありました。 私の認識でも、データ分析・AI導入は、今の時点(2019年4月時点)では...

データ戦略の会社が考える「名前がない?データとビジネスを繋ぐ超重要な役割」

私もフォローしている、データ分析とインテリジェンス(@data_analyst_)さんがblogに上げていたアナリティクスディレクターという役割について、共感する部分と追加したい...