川や湖(内水面)の制度変えよう@せがわ(つりチケ中の人)

川や湖(内水面)の制度変えよう@せがわ(つりチケ中の人)

    最近の記事

    内水面制度改革の各議論ポイント:遊漁料設定(案)

    前回の記事で、制度改革の基本骨子として漁協+民間組織、をやりやすい形にする提案をしました。 これは「専業漁師でなく個々人の生計には関係ない(海や農業と異なる)」組合員で構成された、内水面の漁業協同「組合」では、リスクをとれない(①必死でやるインセンティブや切迫感がない ②複数人の合意制で地域対立起こしてまでやらない)という根本原因があると考えているためです。 ただ、これ以外にも既存制度で問題だと思うことが複数あるので、ここで記載していきます。 遊漁料の設定が制限大きすぎる

    スキ
    1
      • 内水面制度改革の基本骨子(案)

        前の記事までで内水面の釣り(≒川釣り)の現状やその背景等追っていきました。 結論としては、「このまま根本変えなければ既存内水面漁業・川釣りは衰退するしかない」です。 全部内水面漁協(以下漁協)が無くなるかと言えば、たぶんそうではなくダム補償や大手漁協でうまく管理出来ているところは残りますが、それ以外はほとんど漁協がなくなるだろう、と。でも中途半端に漁協残ることで逆に現状制度が根本変わらず引きずられていくのではないか、と考えます。その場合、実質管理されていない河川が広域に残る

        スキ
        1
        • 内水面漁業制度制定の背景

          前回の記事で、内水面=川・湖・沼の資源管理主体である内水面漁業協同組合=漁協が、金が回る体制でもないし、そもそも未来への投資的な判断もやりにくいし、法律も川釣り=観光・レジャーの観点の法がない、と制度問題だらけ、という記事を書きました。そもそも制度おかしいのでは? ただ、今の法制度や運用になった背景があるはずです。超優秀な官僚や政治家の皆さんが作ってきたものなので。 ということで、今のような制度になった背景を追ってみたいと思います。 魚を獲る権利について定めている「漁業法

          スキ
          3
          • 内水面の制度問題とは??

            前回の記事で、内水面の釣り(川釣り)の可能性は十分高い、釣り人も増えるし、環境もよくできる、という話を書きましたが、実際そのポテンシャルが発揮できていません。 いちばん最初の記事で、内水面(川、湖、沼。この後は内水面、または川でまとめてしまいます。)は資源管理が必須、という話書きました。 人間の数が増えて技術も上がったので、制限つけたり増やしたりする努力しないと、すぐ魚いなくなっちゃうよ、という話です。 いまや海でも資源管理の必要性が言われ、まずマグロの釣りに関して規制がか

            内水面の釣り・遊漁(川釣り)の可能性は?

            前回の記事で、内水面遊漁=川釣りの落ち込み具合を書かせてもらいました。 ただ、川釣り全体が今後も落ち込んでいくわけではなく、やり方次第で可能性は十分あると思います、という話を書いていきたいと思います。 川釣り人が増える可能性は? まず、コロナ禍で関東の小売店ベースでは2021年は川釣り用品が前年比10~15%ぐらい売れているとの話あり(どこまでソースを公開すべきか悩みますが、とりあえず信用できる業界関係者より)。特に初心者セットが売れているようです。コロナの3密回避で川

            内水面の釣り(川釣り)は何故落ち込んでいるのか?

            前の記事で、内水面の釣りの現況について記載してみました。 この記事では、何故内水面の釣り(内水面漁協も合わせて)が落ち込んでいるのか、その原因考察をしたいと思います。 川をとりまく環境 まず、川の環境条件を見てみます。 (主にアユと渓流釣りに関して見て行きます。ワカサギ、ブラックバス、フナ、コイ、雑魚等は正直わからないところがあり別扱いとさせてもらいます)。 以下は、主に内水面漁協 が厳しいよ、という話のために書いた図です。 環境条件としては、ダム、落差工、堰堤等河川構

            スキ
            5

            内水面の釣り(主に川釣り)の現況を見てみる

            最初の記事で、内水面の釣りも、漁業も、地域にとっても、良い状況に出来るけど、それには法・制度変更必要、という話書きました。これ以降はそれぞれの項目に分けて記事を書いていきたいと思います。 2022年現在、川の釣りは高齢化が進み、釣り人が減っている、業界としては市場が縮小している、という話を多く耳にします。 一方で、コロナ以降3密回避の流れから、アウトドア人気がより上昇し、釣りもその恩恵に預かっており、小売店ベースでは2021年度は川釣りの道具が10~15%伸びたところも、と

            スキ
            3

            内水面漁業の活性化提言←川釣りはもっと注目されてもいいはず、という話

            一般社団法人ClearWaterProject代表の瀬川と言います。 2013年に立ち上げて、最初IT×水辺、ということで色々水環境に関わる社会課題解決を目指してきました(経緯や何故?は別場所に譲ります)。 その一つの枠組みとして、インターネットやアプリで川・湖等の内水面(後述)で釣りをする場合に必要な電子遊漁券を購入できる「つりチケ」というサービスを展開し、組織としてはそれこそ内水面漁協に述べ1000回以上は訪問してきたかと。 その結果の実感値と分析から、内水面の釣りや現状

            スキ
            13