見出し画像

海水温は26℃超え!ハワイや沖縄と比べて、セブ島の海は1年中遊べるんです

せっかく飛行機に乗ってリゾート地までやってきたのに、肌寒くて南国気分を満喫できなかった……なんて思いはしたくないですよね。

ハワイや沖縄は海で遊ぶには向かないオフシーズンがありますが、セブ島は1年中暖かいのでオフシーズンはありません。

年間の平均気温は28℃以上!寒がりさんでも1日中海で過ごせます

画像1

ハワイ: 12 ~ 2月の雨季の時期は気温が下がり、水着になって海で遊ぶには少し肌寒い。
沖縄:海水浴が楽しめるのは海開きをする3月中旬から10月のみ。

それに比べて、セブ島の平均海水温は1年を通じて26℃を超えているため、1年中快適に海で遊ぶことができる、正真正銘南国リゾート!

プールの水温は22℃以上が目安ですが、遊泳に適する水温は26℃~31℃です。気温は水温より高めで風がないことが理想的です。

年間の平均最高気温は31.3℃、平均最低気温は24.8℃と、1年を通して暖かい日々が続きます。

時差がたったの1時間、また飛行時間が約5時間とアクセス抜群なため、長期休みを外した土日を活用して訪れたい観光地ですが、いつ訪れても快適に海で遊ぶことができます。

3 ~ 5月なら南国気分がさらに盛り上がるベストシーズン

画像2

そんな南国ムードが1年中漂うセブ島ですが、乾季と雨季の2つの時期に分れています。

12 ~ 5月の乾季はカラッと晴れた南国らしい日々が続き、6 ~ 11月の雨季はは不安定な天気が多いです

乾季の中でも特に3 ~ 5月は灼熱の太陽が照りつけ、セブ島のベストシーズンにあたります。

雨季でも雨が降るのはすこしだけ!観光にはほとんど影響なし

画像3

先ほど、1年中海で遊べる!と言ったのに、雨季の時期には気温が下がったり雨が降ったり、旅行には向かないのでは?と思ったあなた、安心してください。

日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことはほとんどなく、雨が降ったとしても、ほんの数時間程度。少し雨宿りをすれば、すぐにまた灼熱の太陽がセブ島を照りつけ、30℃前後の暖かい気温になります。

クーラーの効きすぎにはご注意!長袖の上着は必須

画像4

1年中半袖で十分過ごせるセブ島ですが、室内や車などクーラーが効きすぎて寒くなるので、長袖は必須です。強い日差しが照りつけるセブ島では紫外線対策にも効果的ですね。

どのくらい紫外線が強いのかというと……っと説明していきたいところですが、続きは下の記事から。

東京とセブ島の圧倒的な紫外線量の違いや、年間平均気温や海水温など、グラフや図を使い、より詳しくまとめたのでぜひ覗いてみてくださいね。


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
←ジンベイザメちゃんと仲良くなりたい人ー?
4
南国リゾートセブ島を120%楽しむ方法がたったの1分でわかる!フィリピン観光省認定のセブ島現地旅行会社CSPトラベルが旅行に役立つお得情報を現地からお届けしています。もっともっとお得な情報はこちらから→https://www.csp-cebu.com/navi/