見出し画像

【フィールドワーク体験記】海と星と”なんとかなる”が見える公園ではたらいてみた

丹後海と星の見える丘公園を知っていますか?


画像1

京都府立丹後海と星の見える丘公園(以下、”うみほし公園”)は

自然体験を通じて、『なんとかなる』という自信をつけてもらいたい

そんな思いから始まった公園です。京都の北端に位置しています。

画像2

その名前の通り、公園の高台からは、日本海、宮津湾といった美しい海を一望することができます。キラキラです。

うみほし公園の敷地はなんと100ha超え!!
1日では周りきれないほど大きな公園です。

そんな広大なうみほし公園内では、森、食、海に関わる教育プログラムを体験することができる他、園内のロッジ風宿泊所キャンプサイトに泊まることができます。

教育プログラムとしては、

森の楽校ー豊かな広葉樹の森で森づくり体験会

食の楽校ー地元で獲れた新鮮な魚介類のさばき方講座

海の楽校ー丹後の海にすむ生き物の観察会

といったコンテンツに加え、季節ごとに多種多様なコンテンツが用意されています。

他にも、木工、星空観察、パンづくりといった多種多様なプログラムがあるそうです!

そんな実践を基にした体験プログラムを提供するうみほし公園が開業したのは、今から約15年前の2006年のこと。

開園以来、自然の中での体験や教育プログラムを通して、地域内外の方々に自然と暮らしのつながりや、自立して考えることの大切さを伝えているとのことです。

スタッフの皆さんはそれぞれ、自然に対する幅広い知見に加えて、土木、林業、天体観測、植生観察等の専門的な分野を持っています。

まさに自然エキスパート集団

そんな自然を学び尽くすことのできるうみほし公園に、私は今回、バイトという形で関わらせていただきました!

うみほし公園でバイトをしてみた

今回、私は計2日間、森林整備のバイトをさせていただきました。

きっかけは、ふるさと兼業というサイトに

里山整備などを通じて、公園の豊かな生態系をつくる仲間を募集

という告知を発見したことです。告知をみた瞬間、

「これだあ!!!」

ってなりました笑

2日間にわたって、

竹林で道に乗り出してくるやんちゃな竹の伐採を行ったり

倒木の処理を行ったり、

薪割りを行ったり(ナラ材はコクのある良い香りがしました!)と、

画像3

実に多様な作業を手伝わせていただきました!

急傾斜の斜面で木を伐り、運搬する作業は体力、体幹、休憩(一番大事)が必要です。

一生懸命一日中作業を進めても

「あれ、、今日進んだのこのエリアだけ??」

という感覚に。

自然がとてつもなく大きいということを体感しました。

画像4

(生い茂る笹、横から失礼します。)

チェーンソーみたいな文明の利器をもってしてもこれなら、昔の人達はいったい・・・という謎の絶望感すら湧いてきました。笑

そんなこんなでなんとか2日間を終えることができたのですが、作業を通じて大切なことを学びました。

森林整備の作業は、1つとして同じ場面がありません。

根っこの曲がりが気になるな
足場はどうか
木はどこに倒れそうか

常に、「絶対」はなく、複数の視点と対話を必要とします。

だからこそ、

これ、伐れそうかな
どこから伐ればいいと思う?
次の伐採作業は交代しようか

というような声掛けが現場に飛び交います。

答えのない作業の進め方を決めるために、その場にいる全員の経験を総動員して、一心で自然と向き合う時間はとても充実したものでした。

常に次の作業、自然の動きを想定し、考え、対話する。

森林整備のしごとは総合的で、広い知見が必要だということに改めて気付かされました。

経験や対話を積み重ねていくと、森を眺めるだけで色々なことが

わかる

という感覚が生まれます。

そのわかるという感覚(作業をすすめる手がかり)が森林整備の面白さであり、難しい作業をコツコツと進めていく原動力になるのだろうなあと思いました。

ハキハキと動かれる皆さんの姿がかっこよかったなあ。
私はまだまだ出来ないことだらけなことがわかったので、
まずは伐木、下草刈りの練習を重ねていきたいと思います!

”自分に対する”自信が見えてくる

今回、私はバイト以外にも、

小学生たちと園内の竹やぶ伐り
星空観察(月明かりで影ができることに衝撃を受けました!)、
森林資源の活かし方講座
薪ボイラーの使用 etc...

といった体験をさせていただき、計5日間滞在しました。

手取り足取り、自然のことを教えてくださった皆さんに本当に感謝しています(T_T)

毎日、

早起きする。

木の名前を覚える。

ご飯を作って食べる。

木材を運ぶ。自然を学ぶ。

というように時間を過ごす中で、

経験を積み重ねるできるようになるという小さな成功体験を繰り返すことができました。ホクホク感っていうんでしょうか!?自信が生まれます。

この成功体験に基づく自信
他の人と比べることで得られるものではなく、
自然の中で、できることが少しずつ増えているという実感から生まれています。

自然と向き合うことで
自分に対する自信、「なんとかなるでしょ!」という自信
を学ぶことができました。

他人と比べてしまいがちな性格だからこそ、うみほし公園で学んだこの感覚を大切にしたいと思います(^^)

おわりに

京都府立丹後海と星の見える丘公園で5日間過ごしたら、

森づくりの面白さ
自然をフィールドにした仕事の在り方
手触り感のある確かな自信

が見えてきました!

うみほし公園の皆さん、ありがとうございました。
また行きます!(^^)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
COUSUKE

記事を読んでいただけたことに感謝です

大吉!
フィールドワークが好きな京大院生▶「小さなひらめきを小さな企画に変える場所」というコンセプトでnoteを続けています▶ゲストハウス、サウナ、昼寝が好きです▶テーマ:森/クリエイティブ/ローコード開発