寺嶋孝佳【装身具作家/CJST運営代表】

独自の素材表現を探究しながら現代社会における“装う”という行為について、装飾(物体/ヒト/空間)と加飾(動作)の双方向から考える作品を制作中。コンテンポラリージュエリー分野の普及と情報発信を目指したContemporary Jewellery Symposium Tokyoを主催
固定された記事
+1

コンテンポラリージュエリー展 “ペンダント100”(仮題)参加者募集

 私たちコンテンポラリージュエリーシンポジウム東京では、コンテンポラリージュエリー分野の普及と発展を目的としたグループ展示を開催予定です。1回目の今回は誰でも応…

+4

コンテンポラリージュエリーとアーティストステートメント

 コンテンポラリージュエリー(以下CJ)作品は“ジュエリー表現としてアートに成り得るのか”というテーマで複数回記事を投稿していますが、今回は「アーティストステート…

『コンテンポラリージュエリー』ジュエリー表現のマーケットについて ♯2

前回の投稿からリクエストのあった、“具体的にどうやってギャラリーと繋がれば良いの?”という問題について、今回は自身の体験談からいくつかご紹介したいと思います。こ…

『コンテンポラリージュエリー』ジュエリー表現のマーケットについて ♯1

今回は現在のコンテンポラリージュエリー(以下CJ)分野のマーケットについて紹介します。まだまだ駆け出しの身ですが、CJのマーケット内で活動し始めるようになった個人の…

アート的なジュエリー作品とジュエリー的なアート作品

先日、1年間延期となっていた『Contemporary Jewellery Symposium Tokyo 2021』が無事に開催されました。新型コロナウィルス対策の一環として対面式からオンラインプログラ…

『コンテンポラリージュエリー』ジュエリー表現はアートになり得るのか/表現者♯2

理解し易いジュエリーと理解し難いジュエリー 私がジュエリー表現作品の制作活動を通してよく耳にするのが、コンテンポラリージュエリー(以下CJ)分野は、一般的なジュエ…