ふくい ちはる

ヒカリテラス代表・政治学専攻の大学4年生です。若者の自殺予防や生きづらさを研究しています。 物思いに耽って、空想を形にするのが好きです🫧

ふくい ちはる

ヒカリテラス代表・政治学専攻の大学4年生です。若者の自殺予防や生きづらさを研究しています。 物思いに耽って、空想を形にするのが好きです🫧

マガジン

  • ネクスウェイ・広報お手伝い記事

    株式会社ネクスウェイで広報のお手伝いをしています。(インターンです!) こちらの福井ちゃんもお見知りおきを……!

  • ものおもい日記

    連ツイートするならnote書けよって感じがしたので、noteにします。 私の思考とか物思い中に思ったことを書き殴るスタイルです。🥺

  • #私なりの生きづらさ論

    私の脳内にある生きづらさ論を文面に投下したものです。

  • #ヒカリテラスの旗持ち係

    言葉の発信地ヒカリテラスの代表もとい「旗持ち係」である私の日記と思い出話。

  • すきなきじ

    読んでて好きだと思った記事、読み返したくなる記事を詰め込んでます。

最近の記事

固定された記事

肩書きがなきゃ「生きづらい」って言えないなんておかしいよな。

なんで「何か理由」「肩書き」がなきゃ、「生きづらい」って言えないどころか認めてすらもらえないのだろう。 そもそも「生きづらい」って大小があるものなの? どうして「あなたの生きづらさは大したことない」って言えるんだろう。 私が「生きづらさ」というものにアプローチしたいと思ったきっかけです。 今回は肩書きのない「生きづらさ」について。 「元不登校」「引きこもり」に甘えてた学生時代私が抱えている生きづらさは昔から現在にかけて、様々なパターンがあり複合的。単純明快なものでは

スキ
29
    • 《ものおもい日記》0727*よわねねね

      私、改めて、話すことが得意じゃないなと思います。日々ずっと。 いや正直、昔から。 一時期、失声症になったのは、あなたの身体で弱かった部分が声だったからだと言われました。 ストレスが溜まると頭が痛くなったり、お腹が痛くなったりするのと、同じように、私の場合は声だったのです。 私がブログを始めたのは、話すことと伝えることに大きなコンプレックスを抱えていて、 自分の感情も何を考えてるかも分からないこともコンプレックスで、 そいつらをどうにかしたかったからに他なりません。

      スキ
      4
      • 心のもやもやを見える化し、対話するオンラインワークショップ「もやもやシェアリング」。 まだまだ参加者募集中です! https://forms.gle/J1doVTyCTVqhT4GP8

        スキ
        1
        • 《ものおもい日記》0714*いいじゃん、大人ぶらせてよ。

          日記書こうとしたけど、時間が経ちすぎてしまった。今は土曜日の深夜。そろそろ日曜日になる。 今日は動画収録。明日は地元の可愛い友人と会う。昨日は楽しいインターン。その前の日は…夢が叶った。 2022年の最初、手帳の1ページ目、ウィッシュリスト100の1番目に書いたもの。 「新宿のmoon coffee salonに行く」 たったこれだけに思えるが、1年間ずっと行きたいと願って行けなかったお店に行くことは、もうもはや憧れの領域だった。 大学1年の時、オフィスに向かう銀座

          スキ
          10
          • 《ものおもい日記》0727*よわねねね

            スキ
            4
            • 心のもやもやを見える化し、対話するオンラインワークショップ「もやもやシェアリング」。 まだまだ参加者募集中です! https://forms.gle/J1doVTyCTVqhT4GP8

              スキ
              1
              • 《ものおもい日記》0714*いいじゃん、大人ぶらせてよ。

                スキ
                10

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • ネクスウェイ・広報お手伝い記事

                • 57本

                株式会社ネクスウェイで広報のお手伝いをしています。(インターンです!) こちらの福井ちゃんもお見知りおきを……!

              • ものおもい日記

                • 13本

                連ツイートするならnote書けよって感じがしたので、noteにします。 私の思考とか物思い中に思ったことを書き殴るスタイルです。🥺

              • #私なりの生きづらさ論

                • 14本

                私の脳内にある生きづらさ論を文面に投下したものです。

              • #ヒカリテラスの旗持ち係

                • 5本

                言葉の発信地ヒカリテラスの代表もとい「旗持ち係」である私の日記と思い出話。

              • すきなきじ

                • 20本

                読んでて好きだと思った記事、読み返したくなる記事を詰め込んでます。

              • ネクスウェイ・広報お手伝い記事

                • 57本

                株式会社ネクスウェイで広報のお手伝いをしています。(インターンです!) こちらの福井ちゃんもお見知りおきを……!

              • ものおもい日記

                • 13本

                連ツイートするならnote書けよって感じがしたので、noteにします。 私の思考とか物思い中に思ったことを書き殴るスタイルです。🥺

              • #私なりの生きづらさ論

                • 14本

                私の脳内にある生きづらさ論を文面に投下したものです。

              • #ヒカリテラスの旗持ち係

                • 5本

                言葉の発信地ヒカリテラスの代表もとい「旗持ち係」である私の日記と思い出話。

              • すきなきじ

                • 20本

                読んでて好きだと思った記事、読み返したくなる記事を詰め込んでます。

              記事

              記事をすべて見る
                • 誰かの想いを感じ取れるお仕事楽しい〜!°ʚ♡ɞ°

                  スキ
                  1
                  • 《ものおもい日記》0714*仕事をしている何も無い私が好き

                    定期的に「何も無い私になりたい」と願う時がある。1年に2回くらい。 どう足掻いたって、私は私でしかないし、私として生きることを選択しているのに「なんだそりゃ」って思うんだけど。 肩書きを持たない私を好きでいてくれたり、評価してくれる人はどれだけいるのだろう、といつも脅えている。 N高生でなかったら、話すことのなかった人。 不登校経験者でなかったら、出会うことのなかった人。 ヒカリテラスの代表でなかったら……。 何もかも肩書きから見られる世の中が怖い、窮屈だと感じてしま

                    スキ
                    10
                    • SOSや吐露する感情をブラッシュアップしてゆく。#私なりの生きづらさ論

                      ここ最近、若者の自殺対策であったり、ヒカリテラスのワークショップ(もやもやシェアリング)であったりを考えると、やっぱり思うんです。 アウトプットをする大切さを。 若者の自殺対策において、しょっちゅう見かけるのは「電話相談」や「チャット相談」の類です。(アウトリーチとか、フィルタリングとかも見かけるけど。) ただ、いち当事者として伝えたいのは「様々な相談窓口があることすら知らなかった」という無知、「相談するところを見られるのが怖い」「また嫌な気持ちになるかもしれない」とい

                      スキ
                      5
                      • 私が言葉と想いにこだわる理由。#ヒカリテラスの旗持ち係

                        私が生きる上で大切にしているものは「言葉」と「想い」です。 どんなことをしていても、いつも頭の中心にあることです。 私の原体験は、不登校であり、自殺念慮と語ることが多いですが、その中でも 「自分の気持ちが分からない。でも助けて欲しい。それが伝わらない。」 という生きづらさの根本の想いにありました。 書き言葉が好きなのは、話せない言葉の裏返し私は、昔から何かを書くことが好きでした。 小説やエッセイを書いたり、雑誌を模して、絵や文章のレイアウトを考えて描いてみたり。

                        スキ
                        11
                        • 《ものおもい日記》0528*内省して自己解決してしまったやつ。

                          私は、何か社会に対してやってやるぞ〜って活動をしている時、何度も、というか常に、悩みながら進んでいる。 常に「私はこれでいいのか。」「良きリーダーになれているのか。」という感じで。 やっていることも、私の正義に適っていて。 周りにいるみんなのことを尊敬して、誇りに思っていて。 ただひたすらに、私だけに、その視線を向けられない。 団体を立ち上げてから、5年ほど経っているが、「きっと私に合うのはこの形だろう」と思いながら、団体のリーダーをやってきたつもりだ。 リーダーが

                          スキ
                          3
                          • 《ものおもい日記》0505*ニコニコ笑顔の私を抱いて泣いたげる。

                            15歳から、この気持ちは変わらない。 色んなものを見てきたし、 色んな別れも経験したし、 ショックもたくさん、ハピネスもたくさん。 きっと今は、昔よりも、 本当の笑顔で笑えることが増えた気がするね。 その裏では、 何度も、何度も、本当の涙を流せたよね。 無表情か、仮面の私を、 少しずつ「さようなら」できた気がするね。 笑顔が防御反応だった頃から、 大きく変わっていた気もした。 何だかんだ、変わってなかったんだけど。 緊張して見えないのは、笑ってるおかげ。 大変そ

                            スキ
                            3
                            • 《ものおもい日記》0419*「折られた翼」を継ぎ接ぎで直すように

                              ふと大学1年の時に出逢った考え方を思い出し、頭の中で物思いに耽っていた。 「マララの翼を折らなかっただけだ」 2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフガイさんのお父さんが取材で答えた時のセリフ(多分そうだった)。 このお話を聞いたのは、女性の権利だったり、フェミニズムだったりの講演会だったと記憶しているが、この話を不登校生に当てはめて考えて共感して「泣いたなぁ、講演聞いてるだけなのに」と思い出した。 このマララさんのお父さんが話す「翼を折らない」教育というの

                              スキ
                              12
                              • 《ものおもい日記》0405*ラッキーガールと常日頃思う

                                ブログをはじめて、何か世間に発信することをはじめてから、かれこれ6年近く経つ。 10代という果敢な時期に感じて考えたことや、自分の意思や価値観を確立していく過程を残しておけたことは、 実はとてもラッキーだったのではないかと思う。 何気ない日常や、今ではどうってことないことも一つひとつ勇気を出して踏み出したこと。 私にとって、守りたくなるくらい大切な居場所や人がたくさんできたこと。 私の努力だけでは掴み取れなかったこと。 つまり私はラッキーの連続の中、生かされている

                                スキ
                                24
                                • 「病、市に出せ」という言葉を実現するには、ある程度のダークな話題や言葉に「ぎょっ」としない素振りを学ぶ必要がある。 そのためにはどんな出来事も「まぁあるよねぇ」と自分ごとにすり替える必要がある。 フィクションだと思うから驚くし、同情する。現実に起きてることなのにね。

                                  スキ
                                  4
                                  • 社員さんにね「思っていることを、思っているとおりに伝えられる所がすごいところだよ」って言われたのが、とっても嬉しかったの。 いつだって理解されたくて、ちゃんと伝わってほしいと思って、必死に生きてきたからね。

                                    スキ
                                    4
                                    • 《ものおもい日記》0303*ブラックになりたい夜もある

                                      「私には私の地獄がある」 宇垣美里さんの言葉を思い出す深夜。 私は日頃から、ブラックちーちゃんなるものを脳内に住まわせる時期があるのだが、今がそうだ。 常々、社会の流れや人の感情を観察して、さて私はいかがだろうか?だなんて、眺めているが、正直そんなことできる感じではない。 見せかけの善意で気持ち良くなりたいだけの人。 自分の正義を振りかざして、他人を傷つけていることに気付かない人。 目先のことだけで、半径1mほどにしか関心がない人。 もっともっと鈍感に生きられたら

                                      スキ
                                      5
                                      • 《ものおもい日記》0225*子ども心をかき集めるために早く大人になりたかった。

                                        お久しぶりです。 21歳になってからの数ヶ月、何度も大人を感じました。 普段から斜に構えたものを見方をして変に大人ぶる一方で、大人になってからの特権である一人暮らしもお酒を嗜むのもしないような、宙ぶらりんの毎日でしたが、 最近は視野が広がって、こう考えるのも人生20年間歩いてこれたからだなぁと感慨深くなりました。 さて先日(というよりも昨日)、数年ぶりに旅行に行ってきました。 私の弟が小学校から高校までみっちり野球漬けだったり、私自身も家よりも色んな活動にいっぱいいっ

                                        スキ
                                        7