見出し画像

高松の奥座敷、塩江温泉へ行ってきた

かぼちゃかべ

瀬戸芸目的で伊吹島へ行った日
宿泊は高松市内の山間部にある
塩江しおのえ温泉へ行きました♨️

伊吹島での散策はこちら🌱
アートと路地を散策しました

塩江温泉にした理由

行ったことない温泉だから
という単純な理由です🤗

伊吹島に行くと決めた時
前のりすれば土曜帰宅でも
いいかな〜とも思ってました
ただなんとなく宿探しをしてる時に
行ったことない温泉の宿が空いてて😓
温泉行きたい欲望を抑えきれずに予約

そういえば何度も訪れてる香川ですが
温泉に行った記憶があまりない
実は香川県は温泉資源が乏しいらしい
(Wikipedia情報)
そうなると益々レアな感じがする👍

もう一つの理由として
2食付き宿にしたかったから🍙

以前の瀬戸内島巡り旅では
宿代をケチったことで夕食に難儀し
夜の市街地を空腹で彷徨うことに💦

酒飲まないので居酒屋には入りにくく
ホテルでコンビニ飯を食らうという
旅先では悲しい夕食になってしまった

朝食はモーニング行けるので
素泊まりの方が良いんやけど
それ以上に夕食が苦労するので
のんびり旅では2食付きやな〜と🤗

以上、2つの理由で決めはしたが
大きな難点がありました💦
それは塩江温泉の場所

Google map

香川県の西端にある伊吹島から
塩江温泉までかなりの距離がある💦

離島から山間部という正反対の場所
ということで距離以上に時間もかかる

移動の効率とかを考えたら
もったいなさも感じるけど
島にも温泉にも行きたいという
欲望のままに動いた結果ということで😆

この先は移動と温泉での時間について
書いてみようと思います

塩江温泉

開湯伝説によれば、奈良時代初期に行基ぎょうきが、発見したとの伝説が残る。空海も修行し、湯治を万人に勧めたと言われる。なお、ここが讃岐国と呼ばれていた時代から、塩江温泉郷は存続しているとされる。古くは潮江と記されており、江は井(泉のこと)の転訛てんかと考えられ、塩気のある泉であったため「塩江しおのえ」と呼ばれるようになったと言われている。

Wikipediaより引用

こじんまりした温泉街を形成し…と
Wikipediaには記載されているが
バス停周辺にはそれらしき場所はなく
塩江温泉HPにもバス停周辺の宿2軒と
日帰り入浴施設が1軒あるのみと・・

閉業してしまったのか休業中なのか
分からないですが行った感じは
山間部の鄙びた温泉という印象でした
ただ温泉が目当てやったので
静かな場所の方が良かったりする🤗

伊吹島から宿まで

伊吹島〜観音寺

12:00|真浦港(伊吹島)
 ↓ 🚢POPEYE2《真鍋海運》
12:25|観音寺港

観音寺港すぐのいりこセンター
濃厚伊吹そばをすする
※詳細は前記事で書いてます

港から駅までは無料バスもあるが
満腹やったので徒歩で駅へ

観音寺駅

13:18|観音寺
 ↓ 🚃快速サンポート
14:33|高松

ホームにいたのは2両の電車ですが
結構癖のある電車でした😆

JR四国では普通みたいですが
2両繋いでてもワンマン運転の時は
2両目には乗ることができないようで
ホーム側のドアも車内の扉も開かず・・
見た目は2両、実質1両の電車でした

けど途中の多度津からは乗務員が乗り
2両目の車両も解放されました
さらに前に2両を繋いで高松到着時は
4両の電車になってるという・・

今回は増える方なのでよかったけど
知らない土地で逆パターンやと焦るやろな

半日ぶりに戻ってきた高松

高松駅前バスターミナルからは
塩江行きのバスに乗りました
山間部へ行くバスなので
本数は2時間に1本程度でした

伊吹島での滞在時間延長を目論むも
船を1本遅らせると塩江到着が18時半
夏なら良いけどこの季節は真っ暗😱
(てかみんな車で行くんやろな・・)

15:27|高松駅前BT
 ↓ 🚌ことでんバス塩江行き
16:38|塩江BS

塩江バス停(手前はさらに奥地へ行くバス)

高松駅からおよそ70分
終点の塩江バス停で下車
なんとか明るいうちに着けた🙌

明るい時間にこだわった理由は
宿まで徒歩15分ほどかかるから😓
街灯の無い国道沿いは危険やからな

新樺川観光ホテル

そして17時前無事に宿に到着
伊吹島から待ち時間含め5時間‼️
こうなると温泉と食事付きの
ありがたさが益々感じられる🤗

■伊吹島から塩江までの経路

青:🚢|赤:🚃|紫:🚌

新樺川観光ホテル

今回初めての塩江温泉で
宿泊したのは川沿いにある宿
新樺川観光ホテルさんでした

川の対岸から

10階建ての大きな建物があるが
どうも宿っぽくないな・・と
外観だけ見て感じてました

館内の案内図

予想通りこちらマンション棟で
宿泊ではなく居住されてる建物🤗
温泉宿に併設された住宅・・
ってことは温泉入り放題なのか
値段はどれくらいするのか
気になること多々あるけど割愛✋

ロビー・フロント

マンション棟がそびえる1階で
チェックインを済まして部屋へ

東館と西館を繋ぐ通路

フロントのある東館から
部屋のある西館までは結構歩く💦
他の客と宿の方の雑談で
自転車に乗りたいって聞こえたが
まさにそれ😆👍

部屋(8畳和室)

部屋は山側のため眺望はほぼ無し
けど川側よりは値段安めでした♪

風呂、洗面、トイレは個別であり
風呂には温泉がひかれてるそう・・
ただ溜めるの面倒やし
広い風呂入りたいので一度も入らず🤗

大浴場入口

お風呂は内外1つずつで
露天は少々熱めの湯でした
けど外気が寒いのでちょうど良く
気持ちよく温まれました♨️

色は無色透明やったけど
手触りはぬるぬるしてたと思い
あとで確認したらPH9.12の
アルカリ性だったようです✨

肌が”つるつる”になるそしてやわらかな女性の肌を磨いてくれる「美肌づくりの湯」または讃岐「べっぴんの湯」と呼ばれています。

塩江温泉

さっぱりしたら次は夕食♪
チェックインしてしまえば
何も考えずに委ねれるのが
2食付き宿の良いとこやな〜🤗

鍋は豚肉でした
煮物と天ぷら

おかずが多かったので
ご飯はおかわりして満腹に😋

デザートとお茶

満腹でも甘味は別腹👍

その後、部屋に戻ると布団が・・
もう寝ても良いけど時刻は20時
山小屋でもないのでダラダラ過ごし
いつの間にか就寝


翌朝は悩んだけどせっかくなので
朝風呂にも入りました♨️

夕方のは疲れを取る感じで
朝のは体を起こす感じ😂

二度寝して朝風呂遅れたので
風呂から朝食へ直行😓
こんなことできるのも宿ならでは

しっかりと完食して朝も満腹😋
いつもの癖で珈琲飲みたくなるけど
暖かいご飯と味噌汁の朝も
たまには良いなと思ったりする

非常階段から見る景色

部屋から景色見えんかったので
非常階段に出て景色を見てみました
合成かと思うくらいの青空と
少し色づきかけた山が見える

賑やかな温泉ではないけど
こういう何もない温泉の方が
のんびりできて良いのかもな

とか言いながら朝もバスの時間に追われ
8時過ぎにチェックアウト😓
再びバス停まで歩いて向かいました

宿名:新樺川観光ホテル
場所:香川県高松市塩江町安原上東1-6
プラン:1泊2食付き山側和室
宿泊料:¥12,100

山間部から再び海へ

いつもながらに下調べ無しで来たのと
時間の都合もあり宿以外の観光もできず
塩江温泉は桜も紅葉も綺麗らしいので
次来る機会があればその時期狙いたいな

8:45|塩江BS
 ↓ 🚌ことでんバス高松駅前行き
9:18|仏生山駅西口BS

仏生山駅

帰りは市街地の渋滞も考慮して
仏生山で電車に乗り換え♪
別経路に乗ってみたいってのも
乗り換えした理由です👍

9:26|仏生山
 ↓ 🚃ことでん琴平線
9:43|高松築港

正面:女木島、男木島行きフェリー

築港駅から歩いて高松港へ
そして再び島に向かいます🚢

つづく🌱


この記事が参加している募集

旅のフォトアルバム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かぼちゃかべ

最後まで読んでいただきありがとうございます。 個人的に興味のあることの投稿やつぶやきばかりですがよければスキ、フォローしていただけたら嬉しいです♪まだまだ初心者ですがよろしくお願いします。