チャレンジフィールド北海道

北海道を元気にしたい!そんな想いの詰まった「産学融合」プロジェクト。 道内の研究を起点とした事業化による地域課題・社会課題解決と、次世代に向けたプラットフォーム形成を目指します!https://challenge-field-hokkaido.jp/

チャレンジフィールド北海道

北海道を元気にしたい!そんな想いの詰まった「産学融合」プロジェクト。 道内の研究を起点とした事業化による地域課題・社会課題解決と、次世代に向けたプラットフォーム形成を目指します!https://challenge-field-hokkaido.jp/

マガジン

最近の記事

動画配信中!次世代につなぐものづくりにチャレンジする清水一道教授を紹介

日本が誇る「ものづくり」が今ピンチ! 人材不足、カーボンニュートラルな材料とエネルギーの確保…山積する問題を前に、日本鋳造工学会会長でもある「鋳造のスペシャリスト」、室蘭工業大学の清水教授が動き出しています。 「鋳造」とは材料を溶かして型に入れることで作るものづくりの方法。マンホールや車の部品など、様々なものが鋳造でつくられています。北海道のソウルフード、ジンギスカンの鍋だって鋳物! そんな身近な鋳造技術を担う人材を育てるために、清水先生が行っていることとは? 鋳物の工場

スキ
1
    • 動画完成!あらゆる「もったいない」からおいしい食材をつくる帯広畜産大学の研究

      北海道のおいしいもの…いっぱいありますね! 野菜や果物、魚介類、乳製品、お肉、お酒… 観光客の方が感動するのはもちろんですが、住んでいてもその食材のバリエーションの豊富さと品質の高さを日々感じています。日々の料理でも、調味料、粉類、ハーブ類、何から何まで北海道産でそろえられることに驚いています。 そうした食材が私達の口に入るまでに、さまざまな方の手によって加工され、その過程で廃棄されるものがあります。 たとえば、豆腐をつくる過程で生まれるおから。 たとえば、ワインをつくる過

      スキ
      3
      • はじめてのスタートアップオンラインレクチャーvol.2「スタートアップの気になる“お金”あれこれ」

        「チャレンジフィールド北海道」では、起業やスタートアップをめざす方の支援を実施しています。起業やスタートアップに興味はあるけれど「何から始めればよいかわからない」、そんな方向けのオンラインレクチャーを開催します。 第2回目の今回は、スタートアップの際の気になるお金事情について、日々スタートアップ支援を行う講師がみなさんとの対話も交え、わかりやすくレクチャーします。 18時30分からの開催となりますので、授業やお仕事終わりにぜひご参加ください! 実施について 【日時】20

        スキ
        1
        • 山田総括インタビュー:「これからやってみたいことを教えてください!」

          チャレンジフィールド北海道が2020年10月に始まってから1年が経ち、総括の山田さんに「これまで」と「これから」についてお話いただきました。 今回は後編として「これからやってみたいこと」のお話です。 ※前編 山田総括インタビュー:「1年を振り返っての思いを語って下さい!」 山田さん: チャレンジフィールド北海道がスタートしてまだ1年ですので、当然のことながら、現在取り組んでいることをしっかりやることが最優先です。その上での新しく「やってみたい」ことですので、手堅い目標ではな

          スキ
          3

        マガジン

        すべて見る

        記事

        すべて見る
          • 山田総括インタビュー:「1年を振り返っての思いを語って下さい!」

            チャレンジフィールド北海道が2020年10月に始まってから1年が経ちました。新年を迎えたところで、総括の山田さんから「これまで」と「これから」についてお話いただきました。 今回は前編として「これまでの1年を振り返って」のお話です。 山田さん: 手応えを感じることも、なかなか思うようにならないこともあります。それでも、試行錯誤の中で見えてきたことがあります。正確にいうと、以前から漠然と感じていたことが、チャレンジフィールド北海道の活動の中で、より実感を伴って再認識できたという

            スキ
            5
            • アーカイブ動画配信中 セミナー「融合って何だろう?」

              あけましておめでとうございます。2022年もチャレンジフィールド北海道をよろしくお願いします。 年末年始は2年ぶりに実家の群馬で過ごした和田です。群馬の方がやっぱり北海道より断然寒かったです…晴れているのでうっかり外出してしまうんですが、鬼ほどの強風で毎度後悔。北海道は快適です。 さてさて、12月4日に実施したチャレンジフィールド北海道セミナー「融合って何だろう?」のアーカイブ動画編集がようやく終わり、YouTubeで配信をしています。珠玉の言葉の数々をぜひご覧いただきたい

              スキ
              4
              • セミナー「融合って何だろう?」ドローイング完成版!

                12月4日(土)に実施したチャレンジフィールド北海道セミナー「融合って何だろう?」において、 絵師/まちづくりコーディネーターの林匡宏さんに対話の可視化をお願いしました。 その完成版がこちら! ドローイングを読み解くと、様々な対話が思い起こされます。 また、私たちの社会はもともとはこうやって融合していたのだとも思えてきます。 林さん、すばらしいドローイングをありがとうございました。今後様々な媒体でみなさまの目にふれると思います。 セミナー実施の模様はレポートをご覧くださ

                スキ
                4
                • はじめてのスタートアップ オンラインレクチャーvol.1 《魅力的な事業計画には何が書かれているのか》

                  チャレンジフィールド北海道では、起業やスタートアップをめざす方の支援を実施しています。起業やスタートアップに興味はあるけれど「何から始めればよいかわからない」、そんな方向けのオンラインレクチャーを全2回開催します。 今回は、スタートアップには必須の『魅力的な事業計画』について、日本各地でスタートアップ支援を行う講師がみなさんとの対話も交え、わかりやすくレクチャーします。 単発での参加もOK。18時30分からの開催となりますので、授業やお仕事終わりにぜひご参加ください!

                  スキ
                  3
                  • 学生向け実践型起業家育成プログラム SCS Startup School「ADVANCE」&「ADVANCE U-18」参加者募集中

                    スタートアップ支援を行うチャレンジフィールド北海道から、スタートアッププログラムのお知らせです。 SCS Startup Schoolは、STARTUP CITY SAPPORO(通称:SCS)が学生向けに開催する、起業を学ぶためのプログラムです。ただいま、学生向け実践型起業家育成プログラムの参加者を募集中です! 自分のビジネスアイデアを事業化したい学生は「ADVANCE」・実施期間:2022年1月25日(火)~3月12日(土) ・実施内容:オンライン講義(3回)・メンタリ

                    スキ
                    2
                    • セミナー「融合って何だろう?」開催しました

                      12月4日(土)、チャレンジフィールド北海道セミナー「融合って何だろう?」を開催しました。 融合って何でしょうか?融け合う(とけあう)と読んだときにイメージするのは、ケーキのタネです。小麦粉やバター、牛乳等の材料を入れてよく混ぜると、原型がわからないどろどろの状態になります。私のイメージでは、融合というのはそんな状態。 私たちが取り組むチャレンジフィールド北海道は、さまざまな人や組織が融合し課題設定の段階から一体的となって取り組むことが、経済産業省から求められています。

                      スキ
                      7
                      • チャレンジフィールド北海道のイベント出展

                        11月は2つのイベントに出展してきました! 北海道宇宙サミット2021(11/4~5)宇宙ビジネスをテーマに「北海道宇宙サミット2021」が10月5日、帯広市で開催され、産学官の専門家が参加し、議論を交わしました。 主催は大樹町などでつくる実行委員会が、チャレンジフィールド北海道はセッション4の「宇宙版シリコンバレーと地域活性化」のスポンサーとして協賛しました。 モデレーターはSPACE COTAN㈱の小田切CEO、登壇者は、㈱インフォステラの倉橋CEO、室工大の内海教授

                        スキ
                        4
                        • ものづくりは、人づくり ~室蘭工業大学の研究を撮る➁~

                          チャレンジフィールド北海道は、産と学が連携を超えた「融合」をすることによって、北海道の課題解決に取り組むプロジェクトです。 今、チャレンジフィールド北海道では、道内の大学や国研が主導し、様々な社会課題解決のための「推進計画」が16件進行中です。 そのうちの1件が、室蘭工業大学の「高付加価値鋼材の資源循環型サスティナブル未来素材供給基地形成」。 (推進計画詳細はこちら) 研究代表者は、室蘭工業大学の清水先生です。清水先生は、鋳物のスペシャリスト。高付加価値な鋳物の研究はもち

                          スキ
                          4
                          • 移動のしやすさは生きがいを支える ~室蘭工業大学の研究を撮る①~

                            チャレンジフィールド北海道は、産と学が連携を超えた「融合」をすることによって、北海道の課題解決に取り組むプロジェクトです。 今、チャレンジフィールド北海道では、道内の大学や国研が主導し、様々な社会課題解決のための「推進計画」が16件進行中です。 そのうちの1件が、室蘭工業大学の「地方都市圏のMaaS(Mobility as a Service)の社会実装」。 (推進計画詳細はこちら) 研究代表者は、室蘭工業大学の有村先生です。有村先生は、交通工学の観点から都市の最適化を研

                            スキ
                            7
                            • 【セミナー】融合って何だろう?

                              【オンライン視聴をご希望の方】 オンライン視聴用URLを公開しています。(9:50より接続開始) Zoomウェビナー:https://us02web.zoom.us/j/88904419820 ○スケジュール 9:50                    オンライン接続開始 10:15               セミナー開始 10:20-11:25 パネルディスカッション 11:25-11:30 休憩 11:30-12:35 トーク 12:35            

                              スキ
                              9
                              • 上級エリアコーディネーター 三枝昌弘先生

                                チャレンジフィールド北海道にたずさわるメンバーの自己紹介を連載するコーナー。 第10回目は上級エリアコーディネーターの、北見工業大学 社会連携推進センターの三枝先生です。 上級エリアコーディネーターとは?「チャレンジフィールド北海道」は経済産業省の産学融合拠点創出事業の採択を受け実施しています。その事業の実施スキームとしては、総括エリアコーディネーターがイニシアティブをとり、参画機関に所属する高度な専門性をもった上級エリアコーディネーターと連携して事業を進めています。 チャ

                                スキ
                                9
                                • ビジネスEXPOに出展します!~ミニセミナーの実施~

                                  11月11日・12日にアクセスサッポロで開催されるビジネスEXPOに、チャレンジフィールド北海道も出展します。 推進計画の紹介や、進行中の研究に使われている実物の展示、ミニセミナー等実施予定です。 ミニセミナーの実施チャレンジフィールド北海道の推進計画の研究者や上級エリアコーディネーターの方から、ご来場の方に向けたセミナーを実施します。 産総研が取り組む農工連携 ~工業技術を第一次産業に応用する取り組み~ ■講演時間:11月12日(金)14:05~14:20 (リアル)

                                  スキ
                                  2