見出し画像

【定期開催】医療機器業界におけるサイバーセキュリティー対策オンラインセミナーのお知らせ

DX推進サポーター

残暑も和らぎ、過ごしやすい日が増えてきましたね。
昼と夜の寒暖差も大きいので体調管理には気を付けていきたいです。

さて、本日は7月の前回に続いて二回目になります、医療機器業界におけるサイバーセキュリティー対策オンラインセミナーのお知らせのご案内です。

・開催概要

IMDRF・医療情報ガイドライン対応の勘所と
構成管理プラクティス活用事例の解説

開催日時:2022年9月27日(火)16:00 ~ 17:30  
会場:オンライン(全国どこからでも参加可能です)
共催:株式会社ビーエスピーソリューションズ

現在、デジタル技術の進展により医療機器やヘルスケアのデジタル化を大きく進める絶好の機会となっています。一方で、サイバーセキュリティに対する意識や提供されるサービスの信頼が醸成されなければ、足元のデジタル化の潮流に対してコミットメントを得られず、変革を伴わない表層的なデジタル化に留まるおそれがあります。
このような中で我々は「デジタル変革を踏まえたDX」「デジタル化に応じたサイバーセキュリティリスクの変容への対応」を同時推進することは、将来の企業価値に直結すると考えています。
今後、サイバーセキュリティに関わる規制当局への対策にとどまることなく、医療機器ビジネスにおいて組織全体の変革やDX推進のひとつとして、これからご紹介する「構成管理」の取り組みを同時推進することで、高価値で戦略的な取り組みに展開していくことが重要となるでしょう。

第一部:「IMDRF・医療情報ガイドライン対応の勘所と構成管理プラクティス活用事例の解説」


[講演] 株式会社ビーエスピーソリューションズ
DX推進部
山崎 芳弘氏

・登壇者の経歴
ITサービスマネメントツールの新規⽴ち上げ時から8年間に渡り携わり、プロダクトPM、セールスエンジニアとして製品化企画、プロダクトマーケティングを主導。また、データセンタ事業、製造、商社、エネルギー、公共機関、⼩売、物流のお客様とITサービスマネジメント構築をベンダー側PMとして支援してきた実績がある。近年は、サービス開発、インバウンドマーケティング構築/実施を経て、2016年11月より現職。
現在は、ITサービスマネジメント⼿法の適⽤領域をITに閉じられた世界からサービス事業へ展開すべく、事業領域のお客様と未来のサービスマネジメントについて設計・構築している。

第二部:「サイバーセキュリティ・ガイドライン対応の肝となるリスクマネジメントの解説」


[講演]キヤノンITソリューションズ株式会社
デジタルビジネス統括本部
デジタルソリューション開発本部
クラウドサービス推進部
武田 和美

・登壇者の経歴
情報セキュリティコンサルタントとして、2005年よりISO/IEC27001認証取得支援・監査や社内のISMS構築・認証取得等の情報セキュリティ関連業務にたずさわる。豊富なISMSの知識・経験を基に2018年よりアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で医療情報の取り扱う際のリファレンス作成活動および医療分野でのクラウド活用時の情報セキュリティ・コンプライアンス遵守に関するコンサルティングを行う。公認情報セキュリティ監査人、ISMS審査員補/クラウドセキュリティ審査員、公認医療情報システム監査人補等の資格を保有。

こんな企業におススメです!

・サイバーセキュリティ対策が重要なことは理解しているが、規制対応というリアクティブな目的だけではなく、全社のDX推進として戦略的に取り組む方法が知りたい
・構成管理の重要性は理解しているがどのようにして導入設計し浸透させていくのか知りたい
・医療機器のネットワーク化(IoMT)に取り組んでいる
・医療情報をクラウド上で管理していきたいと考えている
・IMDRFガイダンスや構成管理プラクティスの適用を、既存の品質管理システム(QMS等)へ整合させていきたい

参加申し込み、詳細はこちらから↓

気になった方は是非お気軽に参加してみてください。
こちらは定期開催になっております。年内にもう一度、開催予定です。
また決まり次第、お知らせいたします。

そして本セミナーのホワイトペーパーもご用意しております。
ぜひこちらもご覧ください。
※当日のセミナー資料とは異なります。

―――――――――――――――――――――――――★―☆。.:*:・゜―
キヤノンITソリューションズ 公式Webサイト

医療DX関連ページ


この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro