BUNBOU WEB
中国茶のある暮らし――7月のお茶「擂茶」
見出し画像

中国茶のある暮らし――7月のお茶「擂茶」

BUNBOU WEB

 長い歴史に磨かれた豊かな中国茶の世界。四季折々の甘味や食に合わせるお茶を、中国政府公認の評茶員・茶藝師の澄川鈴が提案します。
 心に余裕がなくなりがちな日々だからこそ、めぐる季節を愛で、自分を癒すひとときを。そして、お茶を通して見える中国の人々の素顔と暮らしにも、ほんの少し触れていただけたらと思います。


☞ 連載「中国茶のある暮らし」


7月は擂茶のアレンジレシピを紹介

客家擂茶はっかれいちゃ」という茶をご存知でしょうか。茶葉と数種類の雑穀をすり鉢で〝り潰し〟、そこに湯を加えて飲む擂茶は、中国・客家の伝統的な飲み物とされています。

 客家の人々は、黄河こうが中流域の中原地方(現在の河南かなん省一帯)を原郷として、一説では東晋とうしん時代(317年〜420年)の末頃から各地に南下したと言われています。現在では、主に広東かんとん省や福建ふっけん省に住んでいますが、広西こうせいチワン族自治区や四川しせん省、湖南こなん省、さらには台湾や東南アジア各地にも点在しています。

 日本では唯一、「松茶まっちゃ商店(無店舗型の擂茶専門店で、各地のイベントなどでも販売している)」が台湾から輸入した擂茶を販売しています。「松茶商店」が取り扱う擂茶は、大豆などの20種類以上の穀物を丁寧にすり潰し、粉末にした穀物茶です。

「松茶商店」が販売する「客家擂茶」

 大豆が主成分なので、きな粉のような香ばしい風味が特徴でとても飲みやすく、ビタミンB群をはじめビタミン E、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養素が豊富に含まれています。

 コップ一杯でたくさんの栄養素を摂取できますので、偏栄養へんえいようの方や固形の食事が取りにくい方なども補助的な食品として活用できるはずです。私自身も、普段の食事にプラスする形でお茶のまま飲んだり、アレンジレシピを楽しんだりしています。

 台湾では「一日3杯の擂茶はあなたを98歳まで生かす」との触れ込みで売られている擂茶――。今回は、そんな擂茶を使っていくつかの食事とデザートを作ってみました。

 食事はシンガポールなどで食べられている擂茶をドレッシングのように使った「サンダーティーライス(擂茶飯)」と私が創作した「擂茶蒸しパン」を、デザートには擂茶を混ぜた「豆乳プリン」と「甘酒アイス」をご用意しました。


ここにも一つ〝茶縁〟が

 私と擂茶の出合いは2020年2月のことでした。翌月に鈴家すずやのオープンを控えていた私は、さまざまなお茶を楽しむことができるイベント「第3回大大阪お茶会~全日本お茶好き連合集会~」に個人で出店していました。

 23組の団体・個人が出店しており、左隣には日本茶と中国茶を売る「心樹庵しんじゅあん」(奈良県)が、右隣には「松茶商店」がブースを構えていました。両店ともとても人気で、私の店だけが閑散としている状況……店主の私もいつしかやる気を失って両隣のブースのお客さんをぼんやりと眺めつつ、気力なく椅子に座り込んでいました。

 そんな時に声をかけてくれたのが「松茶商店」の容子さんでした。歳は私よりも少しうえで、とても快活な印象。「お疲れさまです!」と挨拶をしてくれたその明るい声に、なんだか勝手に励まされた気がしました。

落花生や小豆、米、胡麻など、擂茶の材料

「松茶商店」のブースには容子さんのほかに、松本さんという男性がおり、お店の代表は彼とのこと。容子さんは松本さんの右腕的な存在なのだそうです。そのイベントではお二人に簡単な挨拶をした程度でしたが、翌月に阪神百貨店で開催される「台湾フェス」というイベントにも出店されるとのことだったので、私は一般のお客さんとしてお二人に会いに行くことにしました。

 私と「松茶商店」の関係が深まったのは、「台湾フェス」のあとに松本さんと容子さんが鈴家で開催した擂茶のワークショップに来てくださってからでした。松本さんの擂茶に対する思いと、容子さんの良い意味での〝お節介せっかい〟が、私たちの仲を深めてくれたのです。容子さんは私の店に来るたびに、自家製の梅シロップやらお味噌やらを差し入れとして持ってきてくれます。お二人との出会いもまた、私にとってはかけがえのない〝茶縁ちゃえん〟の一つです。

 ちなみに現在、鈴家では「松茶商店」が台湾から輸入している擂茶の販売も行っています。今回、私がつくった「豆乳プリン」と「甘酒アイス」は容子さん直伝のレシピです。


『中国茶譜』によると……

 さて、話を擂茶に戻します。
 私にとっての中国茶の教科書『中国茶譜ちゃふ』によると、擂茶は客家の人々によって少なくとも1000年以上受け継がれてきた古い喫茶法のようです。別名を「三生湯(sānshēngtāng)」と言い、この名前の由来はかつての擂茶が①茶樹から摘み取ったばかりの生の葉、②生の生姜しょうが、③生の米仁(ハトムギ)――の「三」種の「生」の原料を混ぜ合わせ、すり潰し、そこに「湯」を加えた飲み物だったからだそうです。

左の「サンダーティーライス(擂茶飯)」は、中央の擂茶ベースのドレッシングをかけて食べる。右は「擂茶蒸しパン」

 こんな言い伝えもあるそうです。
 三国時代(220年〜280年)のこと。酷暑の夏に張飛ちょうひが兵を率いて武陵ぶりょう壺頭山こずさん(現在の湖南省常徳じょうとく市)に入ると、そこでは疫病が蔓延しており、張飛本人と数百人の兵士も感染症を患ったそうです。そのときに、現地の漢方医が張飛らに擂茶を授け、いくつかのアドバイスをすると、皆が疫病から立ち直った――という話です。

「茶」は疲労を回復し、邪気を払い、毒を消す。「生姜」は脾臓ひぞうを整え、水分の代謝を上げて汗を促す。米仁は脾臓を健康にし、肺を潤し、胃の熱を取る――かつての中国では、擂茶はそんな効能がある良薬と認識されていたようです。
 冒頭でも触れたように、現在の擂茶は茶葉と生姜、米仁以外に多くの材料を用います。例えば、落花生や胡麻、米花(ポップライスやポップコーン)、食塩、胡椒などです。

 客家の人々は、夕方に仕事を終えて帰宅し、夕飯の前に何杯かの擂茶を飲むようです。特に高齢の人にとっては、擂茶を一日飲まないだけで全身に力が入らなくなり、精神が落ち着かないと言われるほど、この茶を飲むことが生活の一部になっているのだそうです。
 あるいは、客人を招くときにも擂茶は振る舞われます。お茶請ちゃうけには、落花生らっかせいや芋片(ポテトチップスや干し芋など)、うりの種、米花糖(日本でいうポン菓子)、揚げ魚などが用意されるようです。

 ここまでは『中国茶譜』に書かれていた大陸に伝わる擂茶の概要です。個人的には、擂茶がその後にどのような経緯で各地にもたらされ、現代に至っているのかに関心がありました。
 そのことについては「松茶商店」の擂茶の輸入元である台湾の企業「林園りんえん食品」の代表・林文琇(línwénxiù)さんから、とても興味深い話を聞くことができました。


中国から台湾へ、そして台湾から日本へ

 林さんが教えてくれたのは、ある大学の研究者から聞いたという一説でした。擂茶の起源と各地への伝播は、客家人の歴史と不可分だそうです。

左が「甘酒アイス」で右が「豆乳プリン」

 客家の人々は、これまでに幾度となく戦禍に見舞われ、その度に南方への避難を余儀なくされました。度重なる戦禍を逃れ続けた結果、現在の広東省や福建省にたどり着き、そこに定住したのです。「客家」という名称は、もともとは〝客=移民〟だったことに由来しています。

 どの国でも、どの時代でも、移民として新たな土地に入植した人々は苦労を避けられません。客家人は、南部の海沿いの地域において未開発の山間部に住まざるを得ませんでした。得られる食材は硬い木の実や種ばかりです。そこで、山間部の気候を生かして茶を栽培し、生活に必要なものと交換してなんとか生計を立てるようになります。

 硬い木の実や種、そして生きるための茶の栽培――こうした条件が、擂茶を生み出しました。硬いままだと食べにくいものも、すり潰して湯を注げば日常的に食べられる食材になる。まさに生きるための知恵です。ちなみに、客家の人々は戦禍から逃れるたびにすり鉢を運んだそうです。

 先述のとおり、いまでは台湾や東南アジアにも客家の人々が暮らしています。多くの人々が、いまも各地で擂茶を飲んでいるのです。
 17世紀の半ばに鄭成功ていせいこう(1624年〜1662年)が台湾に攻め入った際、軍人の3分の1は客家人だったそうです。もしそれが本当ならば、台湾に擂茶がもたらされたのはその頃だと推測できるはずだという話でした。

 林さんが教えてくれたことで特に興味深かったのは、擂茶と歯の関係についての話でした。擂茶が重宝されたのは、戦時下における栄養不足と衛生状態の悪さによって人々の歯の状態が悪化し、硬いものが食べられなかったからではないか――と。

 擂茶の歴史を調べたり、誰かに話を聞いたりするたびに、茶は文化であり、文化は歴史と不可分であることを実感します。

 実はいま、「松茶商店」のお二人は国産の擂茶の開発に取り組んでおり、松本さんはそのために農学校に通って農産物についての勉強をされています。客家によって中国から台湾や東南アジアへ渡った擂茶は、すでに「林園食品」と「松茶商店」によって日本にもたらされています。

 土地に合った食材でつくられるところが、擂茶の大きな強みであり、普遍性だと思います。果たして日本産の擂茶にはどんな食材が使われ、どんな味になるのでしょうか。いまから完成が楽しみでなりません。

*

本人提供

澄川鈴(すみかわ・れい)
中国政府公認高級評茶員・中国政府公認高級茶藝師。
兵庫県生まれ。大学卒業後、輸入商社で香港発ホテルブランド食品部門のスーパーバイザーとして従事。中国茶の販売を通して中国茶に興味を持ち、学び始める。2009年中国安徽農業大学で中国政府公認評茶員・茶藝師の資格を取得。その後「現地の言葉で中国茶文化を理解したい」という思いから、2012年2月より北京語言大学へ留学。2017年7月修士課程修了。帰国後は「気軽に手軽に中国茶」をモットーに中国茶講師として活動する。華文教師証書取得(2017年)。現在はオンラインで中国語講座を開講中。2020年3月に、大阪府高槻市内の福寿舎2階蓮室に「中国茶教室 時々茶席」鈴家-suzuya-を開店。

WEB : https://fukujuya-takatsuki.com/suzuya/
Instagram : https://www.instagram.com/ling.cs_chinesetea/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
BUNBOU WEB
ライター×編集者×研究者のユニット「BUNBOU」が運営するnote。 文化・芸術・言葉を軸に、日本とアジアを見つめていきます。