見出し画像

大人だからできる素晴らしさ

この国で「バレエ」って、本当に不思議な存在です。

子ども、特に女の子はみんな一度は「バレリーナ」に憧れて。日本って世界一バレエ人口が多いのですが、ご存知ですか?みんな一生懸命練習して、一流を目指して頑張っているのですが、本当に不思議なことに、この国では「バレエを職業」として生活していくことができません。まともな会社が存在しないのです。だからもし本当に「プロのバレリーナ」になろうと思ったら、海外に渡ってバレエ団に入団する道を考えないといけないのです。

この国ではバレエは「趣味の一貫」として捉えられる方が大きいですね。むしろバレエをされている方で、年齢に関係なく「本気でプロになろうと思ってやっている人」はほとんどいないかと思います。でも…ということは「本当に好きだから」やっているはずなんですよね?

僕は本心で「バレエが好きだから」踊っています。

プロの経験はありますし、人生を掛けて踊ってきましたから、そこらへんの「本物であり続けたい」というプライドは確かにありますが、何よりもやっぱり「踊ることが好き」ですし、「踊ることを楽しんでいる人」と共有することはもっと好きです。

だから逆に言うと、バレエという形式に囚われてしまい、本当にやりたいと思っているバレエをできずに苦しんでいる人を見ると、なんだか僕も悲しくなってしまいます。

それはピラティスでも同じなんですけどね。

自分が本当に望む「自分の姿」って、やっぱり自分で作るものなんです。

でも今の時代、なんだか周りから「違う、そうじゃない」って圧力が、勝手に掛かってくるような気がするんです。うまくいってない人からは希望を奪い取るような。うまくいってる人には何とか転落させようとするような。

人間って何なんでしょうね?

子どもがやってるバレエって、ちゃんとした指導を受けるべきなんです。だって子どもは「これからどうなっていきたいか?どんな人生を歩みたいか?」なんて、自分で決められないんですから。これはバレエに関わらず、何でもそうですよね。

でも「大人のバレエ」って、『自由』しかありません。

自分がやりたいからやってるんです。

じゃあ何に遠慮するでもなく、思い切り踊ってください。

誰が何と言っても「好きに踊ればいいんです」

もしみんながそう思えるような「バレエ」だったら

この国でも「バレエ」は、お祭り騒ぎになるはずです。


楽しんでる、熱狂している様子を見ることが、人は一番感化されて、影響を受けやすい状態になります。

なりふり構わず「楽しみましょう」!!


バレエダンサー/ピラティスインストラクター

藤野暢央(ふじののぶお)


to be continued...


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます〜♪
8
今一番の夢は「本を出すこと」です。 カラダ本?エクササイズ本?自伝? 伝えたいことがありすぎて 何を本当に書きたいかをまとめ上げるのに もう少し時間が掛かりそうです。 独自のアイデアで繰り広げる 「ココロとカラダの鍛え方」に どうぞお付き合い下さい。 藤野暢央(ふじののぶお)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。