見出し画像

バレエ漫画60年の遍歴 おまけ編

前の記事⇒2010年代編

おまけ① その他のバレエ漫画

戦後~2010年代の16作の中に入りきらなったバレエ漫画をご紹介します!

1.『バレエ・リュス/ニジンスキーとディアギレフ』 桜沢エリカ

本作は、バレエ・リュスの中心にいたニジンスキーとディアギレフを巡る、史実を基にした物語です。

「バレエ・リュス」とは、20世紀初頭に活動した、別名「ロシア・バレエ団」です。芸術監督はセルゲイ・ディアギレフで、花形ダンサーはニジンスキーやバランシンなどです。
バレエ・リュスはモダンバレエの基礎を築き上げただけでなく、あらゆる芸術運動に影響を与えました。
バレエ・リュスに参加した芸術家は、美術ではピカソ、デザイナーではココ・シャネル、音楽は私も大好きなストラヴィンスキーなどなど…!惚れ惚れする名ばかりです。

ニジンスキーなどの名前も、バレエ漫画の中でたくさん登場します!「バレエの歴史も知りたい!」と興味を持った方は是非読んでみてください。

2.『ポリーナ』 バスティアン・ヴィヴェス

この作品は、バンド・デシネに非常~~に詳しい方から教えていただきました!ありがとうございました!

バスティアン・ヴィヴェスは、フランスのバンド・デシネ作家です。代表作は『塩素の味』で、2009年アングレーム国際漫画フェスティバル新人賞を受賞しました。
最近だと、2019年に『年上の人』が日本でも発売され、話題になりましたね!

『ポリーナ』は、2014年に日本で発売され、『ポリーナ、私を踊る』の名で映画化もされました。
バレリーナを目指す6歳の少女・ポリーナが、ダンサーとして成功するまでの軌跡です。
(※以下、ネタバレ含みます!)
ポリーナは師のボジンスキーの元を離れ、数々の出会いと別れを経験します。時には師を疎い、師の存在を忘れていた時もあるでしょう。
しかし、ボジンスキーの教えがポリーナの中で生きていたことに気づいたシーンは、涙しました…!!

海外のバレエ漫画も読みたい!という方には是非おススメしたいです!

おまけ② 主人公が踊ったバレエ作品

バレエ漫画の主人公が、作中で踊った既存のバレエ作品を集計してみました!(笑)
過不足と集計ミスがあると思うので、本当に参考程度に見てもらえると嬉しいです…。(汗)
【2020.7.18追記】更新しました。情報教えていただいた方、ありがとうございます!

画像1

【図55】主人公が踊ったバレエ作品一覧(仮)

あとがき

万が一、億が一、…全部読んでくれた方がいらっしゃいましたら、本当に本当にありがとうございます!!
そうでなくとも、足を運んでくれた方、心からありがとうございます!!

言及が足りてない部分がまだまだ多いと思います。
ご意見・ご感想ありましたら、遠慮なくいただけますと大変嬉しいです。

せのおは今、めちゃくちゃ生のバレエ舞台を観に行きたいです!!(笑)

それではみなさん、どうかお元気でお過ごしくださいませ!

【2020.07.16追記】
Twitter、note、はてなブログ等で、たくさんのいいね・RT・コメントをしていただき、大変光栄です。

正直、バレエ漫画の紹介にここまで多くの反応をもらえるとは思わず、すごく驚いています。

特に古き良き少女漫画が大好きで、現代でも読み続けられるために何ができるか、若輩ながらずっと考えておりました。
コメントで「もう一度読みたい」「昔の読んだことないから読んでみたい」といった感想をいただけて、本当に嬉しいです。
もちろん、最近の作品についても同様のコメントを頂戴しております。ありがとうございます。

また、皆様のコメントから、新しく学ばせていただいたことも多く、心から感謝しております。
力及ばずで、上原きみこ先生、飛鳥幸子先生、滝沢美之先生などなど、紹介できなかった作品も多数あり、悔しい気持ちもあります。申し訳ないです。

この記事を読んでいただいた1人1人に、直接お礼を言いたいほど、皆様からの反応が嬉しかったです。

改めてですが、本当にありがとうございました。

このようなご時世ですので、どうか皆様ご自愛ください。

参考文献

・『バレエ・マンガ~永遠なる美しさ~』(太田出版、京都国際マンガミュージアム編、2013年)
・『世界で日本人バレリーナが活躍する理由は? 日本のバレエは4.0時代へ』https://dot.asahi.com/aera/2019060700043.html?page=1


1960年代編 1970年代編 1980~1990年代編
2000年代編 2010年編 おまけ編

この記事が参加している募集

マンガ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
177
少女漫画よ、美しくあれ!! アイコンはライン絵文字より"りぼんフォント"です。

こちらでもピックアップされています

バレエ漫画60年の遍歴
バレエ漫画60年の遍歴
  • 6本

戦後(1960年)~令和(2020年)までのバレエ漫画を、年代ごとに紹介して遍歴を追ってみました!※ネタバレ有りです

コメント (2)
面白くて一気に全部読んでしまいましたー!!
このまとめ、バレエファンにはかなりウケると思います♡
私は1991年生まれで5歳〜17歳までプロのバレリーナを目指していました。
70年代〜2000年代の漫画はほとんど読んだことがあるのですが、2010年代のものは初めて知ったので、是非読んでみたくなりました✨
今後もせのおさんの記事楽しみにしております😊🎶
記事、面白かったです!!
かすみちゃんの時代のは知りませんでしたが、昔の漫画って主人公の運命過酷すぎですよね(笑)
私は小学館の「小学〇年生」という雑誌で、上原きみ子さんの“まりちゃんシリーズ”に出会いそこからバレエ漫画にはまりました。「白鳥の歌」という作品で、ライバルの大道寺ルリ子という人の名前がインパクト強で今でも覚えてます(笑) 
中学になって復刻版の「アラベスク」を読んだら、「白鳥の歌」の登場人物の設定やカットデザインに、アラベスクの影響が感じられ、アラベスクって漫画はすごいなあ!と改めて思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。