番頭

横浜のアートセンター 若葉町ウォーフ 番頭

ファッション

かつて、新宿の伊勢丹の前に真っ白なバレエの衣装を着たおじさんがよく現れた。もちろんプリマ…

物語る人

「出来るだけ大きな嘘を考えなさい」と私の先生は言った。その頃の私は正直者の少年だったが、…

部活⑦(最終回)

ここから先は、だんだん笑えない話になってくる。なんとか陽気に話を着地させたい。無理なら仕…

部活⑥

なかなか脚の痛みは取れなかった。近所の病院でレントゲンを撮ったが異常は見当たらず、筋肉の…

部活⑤

痛みは少しづつ酷くなっていった。爪先が痺れ始め、脚の感覚がだんだんとなくなってくる。おま…

部活④

タスキが回ってくるのを待ちながら僕はブラックコーヒーを飲み干す。もちろん、こんなので痛み…