綺麗道 古川 綾子【 綺麗メシ研究家・四柱推命鑑定士 】

【おブス化回避➹】四柱推命×ずぼら薬膳=『からだ攻略ガイド』考案者。備えあれば老化なし。体質に合った東洋医学的セルフケアで10年先もおブスとは無縁な生き方を。内面から美しい女性を増やし日本を明るく。美味しく愉しく美しく/ゆる無添・自給自足・備蓄保存食・新潟スローライフ・武士道

綺麗道 古川 綾子【 綺麗メシ研究家・四柱推命鑑定士 】

【おブス化回避➹】四柱推命×ずぼら薬膳=『からだ攻略ガイド』考案者。備えあれば老化なし。体質に合った東洋医学的セルフケアで10年先もおブスとは無縁な生き方を。内面から美しい女性を増やし日本を明るく。美味しく愉しく美しく/ゆる無添・自給自足・備蓄保存食・新潟スローライフ・武士道

    マガジン

    • 【新潟人】そこそこ田舎暮らし:野菜×人×アキハ=豊かさ

      田舎暮らしにちょっと憧れている、野菜が好きだ、食べることが好きだ、新潟に興味があるという人におすすめ。【新潟のアキハ】何もないように見えていた暮らしの中に、実はたくさんの富があることに気づいた私。地方に住む人の考えていることや発見を書いています。

    • 【ずぼら薬膳】食を愉しみながら綺麗になりたい方必見

      内側から綺麗になりたいなら、古来から伝わる食の智慧を日常に。薬膳をスーパーの食材を使い、日常に取り入れる方法を公開しています。

    • 【伝統つなぐメシ】自家製・干す・備蓄保存

      昔から日本人が大切にしてきた智慧を次の世代につなげたい。だから「つなぐ」メシ。乾物・保存食・自家製食品など手作りで安心なものが今の時代に必要。備蓄のアイデアにも。

    • 【綺麗道の道】人生観・世界観など

      「私は世界を良くしたい」小さな一歩でもそれはいつか大きな力になる。今できることは何か。自分にできることは何か。綺麗道の根幹にかかわる記事、綺麗道のことがわかる記事をまとめました。

    • 簡単ヘルシーな綺麗道おやつ

      できるだけ安心で罪悪感なくおやつを食べたい。ずぼらでも家で作れるおやつレシピを集めました。レシピカード付レシピも順次追加していきます。

    最近の記事

    固定された記事

    料理が苦痛なあなたへ。いのちの栄養と人間としての尊厳を創り出す料理とは

    私はもともと料理が嫌いでした。 だって一生懸命作ったところで 食べるのは一瞬。 なんで私ばっかり いつも料理のことを考えなくちゃいけないの? なんて思っていました。 でも、今は 料理することの意味が変わってきています。 ・食べること ・作ること そこに加えて 料理を作らせて頂いている そんな風に思えるようになってきました。 私の意識を変えてくれたきっかけの一つが 辰巳芳子さんの著作との出会いでした。 今日は 辰巳芳子さんの本から一部引用させて頂き、 私が今

    スキ
    24
      • 初めてなのにいきなり反響があったブログ記事がどんなものか気になりませんか?【初心者ライター実践記】

        初心者ライターの処女作記事に 早速反響がありました。 私、今年からライター活動も始めました 新潟の綺麗道と申します。 大好きな新潟を応援すべく 新潟県観光協会さま公式ブログのライターを させて頂くことになりました。 そして、いきなり反響があった 人生初のライターとしての処女作がこちらです。 前編↓ 後編↓ 先日お伝えしましたが 人生初のライター仕事でしたので色々”やらかし”ました。 何のことかなと思った方はこちらもどうぞ↓ 出来上がった記事は自分的に 大満足と

        スキ
        16
        • 【実録失敗談】初心者ライターが初記事を公開するまでにやっちまった失敗をnoteのライティングに結び付けてみる

          ライターの仕事をしてみたい。 そう思っている人は 結構多いのではないかと思います。 特にnoteで常々執筆している方というのは 書くことがお好きでしょうから、 余計そう思うかもしれません。 でも「私がライターなんて・・・」 と奥ゆかしい気持ちでいらっしゃるかもしれませんね。 かくいう私、note歴でいいますと まもなく3年となります。 3年というと そこそこ中堅どころでしょうか。 (いや、長い方になるのかな?) とはいっても、 ライティング力が特別凄いわけでもなく

          スキ
          65
          • 薬膳的おススメかき氷の選び方。無添加シロップを夏休みに子どもと一緒に手作りしちゃおう【かき氷レシピ6選】

            こう暑いと冷たいものを食べたくなりますよね。 夏といえばかき氷。 だけど、 かき氷って年々高くなってませんか? 私が小さい頃、お祭りで食べた 真っ赤なかき氷は100円でした。 今や300円の時代。 使っているシロップなんて安いのにね。 高級路線のかき氷なんて1000円を余裕で超しますし、 すごい時代になりました。 シロップと水に そんなにお金を出すのは忍びないので 家でかきを氷作る、という方もいらっしゃるかと思います。 でも、市販のシロップって 着色料と香料のオン

            スキ
            24

          マガジン

          すべて見る

          記事

          すべて見る
            • カビ梅干しの救済策と陰陽五行からみる土用干しの意味【初めての梅干し】

              今年、初めての梅干し作りに挑んだ私 ですが 蓋を開けてみたら 白色のふわふわしたものが・・・。 そうです。カビが生えているではありませんか。 「な、な、なんてことだ・・・。」 世界が闇に包まれました。 *** 今年は例年にないほどの 梅三昧な日々。 大量の梅をゲットすることができ、 大量の梅レシピに挑戦しました。 青梅レシピその数は全7種。 そして、その裏では 【梅界の帝王:梅干し】 に果敢に挑戦中だったのです。 アラフォーずぼらママの 記念すべき人生初の

              スキ
              23
              • ウナギ食べても大丈夫?あなたに合った夏土用に食べたいものとは

                土用の丑の日=ウナギと言われますが そもそもあなたは ウナギを食べても大丈夫な体ですか? 何か不調を感じていませんか? この時期に不調になりやすいところは今年は 2022年7月20日 (水)~8月6日 (土) が夏の土用期間です。 土用は 季節の変わり目にあたる18日間のこと。 ってのが、 この変わり目のタイミングなんですね。 すると 土 × 季節の気 =2つのエネルギーが入り混じる ↓ 気が乱れる ということで 只今、カオスになっております。 コレ、環境

                スキ
                25
                • 夏の隠れ冷えさんに!漬物初心者が挑むらっきょう漬けレシピ厳選6選【保存版】

                  キンキンに冷えたビールに麦茶、かき氷にアイス。 やっぱり夏はこれですよね。 でもね、あなたのお腹もしかしたら ”冷え”で悲鳴上げているかもしれませんよ。 外は暑くても、体の中は冷えやすいのが夏。 ですが それを緩和してくれる季節の食材があるんです。 それは・・・ラッキョウ。 今回はなんと大盤振る舞い。 計6パターンのラッキョウ漬けをご用意しましたので、 この中からあなた好みを選ぶことができます。 この夏はラッキョウを上手に活用しましょう。 夏の食材といえば、 トマ

                  スキ
                  24
                  • イカの一夜干しを作れたらデキル嫁になれるうえ、自己成長までできた気がする

                    いかの一夜干しが 手作りできる日が来るなんて思わなかったです。 そんな余裕もなかったし、 作ろうと思ったこともありませんでした。 だって、手間がかかるんでしょ? でもね、その”ひと手間”が かけがえのない時間だったりもするんです。 【生のイカをさばく】 もともと料理苦手なんで 最初はハードルが高かったです。 それでもね、 手間をかけてもそれに見合う価値がある と思うようになりました。 当たり前ですが、 イカには内臓や骨や目がありますよね。 さばくということは

                    スキ
                    30
                    • 新潟県観光協会公式ブログのライター始めました【初めてのライター日記】未経験者が初取材にいった話

                      新潟の綺麗道です。 これまで(おふざけ大盛りの) noteクリエイターをさせて頂いておりましたが この度、 新潟県観光協会公式ブログ「たびきち」 のライターとして活動を始めましたことを こちらにご報告いたします。 これ証拠。 今まで書くことが好きで noteをただただ続けてきたのですが ここ1年くらいは 妙に”新潟熱”が熱くなっていました。 にいがたキテますよ~ と声高だかに”ひとり相撲”で叫んできた私ですが が形になったのが こちらの新潟県観光協会様とのご縁

                      スキ
                      28
                      • 素人が梅エキスを作ってみたら自分を呪うことになった件[やっちまって後悔]

                        まさか こんなことになるなんて。 あれは6月の暑い日でした。 自分の好奇心のせいであんな目に遭うとは 思いもしなかったんです。 軽い気持ちで始めたことで 大変な目に遭ったことはありませんか。 私は良くあります。 むしろそんなことばかり。 きっかけは ばあちゃんと取りに行った梅。 なっている梅を譲ってもらえるということで たくさん過ぎるほどの梅をもいできました。 嬉しくて 興奮気味だったことは覚えています。 ただ、そのせいで 自分の身をわきまえるということを 失

                        スキ
                        31
                        • 新潟・菊水酒造の蔵見学で知った心豊かな暮らしのためにできることとは

                          私が俄然 応援していきたい企業を見つけました。 それは 「菊水酒造」さんです。 新潟ではトップ3に入る有名な酒蔵でして 「ふなぐち菊水」という 缶入りのお酒って見たことないですか? これを作っている酒造さんです。 先日、蔵見学にお邪魔したところ・・・ 正直、しびれました。 もうね、ビリビリしちゃう。 いいです、この酒造。 蔵が素晴らしいとか、すごい施設がある すごいお酒を造っているとか そういうレベルじゃなくて 菊水酒造さんの想いは これから日本人が進むべき

                          スキ
                          35
                          • 材料3つでできる旬のお菓子「水無月」の作り方~作ってみてわかった失敗しない方法とは?

                            ※無料で読めます 6月30日は夏越の祓。 今年が始まってから半年間の穢れを落とし、 後半戦に向けての新たなスタートを切る日です。 この日には昔から 水無月といわれるお菓子を食べる習わしがあります。 和菓子屋さんにいくと売っている 「水無月」 ですが 実は思ったよりも 簡単に作れることが判明しました。 これは一度作る価値あり。 大切な日本文化ですから。 今日は をお送りします。 実は、危うく失敗しかけたので 回避するための方法までお伝えしちゃいますよ。 用意

                            スキ
                            25
                            • 「水無月」で和の文化を子どもたちに伝えたい。夏越の祓をきっかけにママが日本文化の継承者になろう

                              6月30日は『夏越の祓』の日です。 『夏越の祓』とは 1年の半年に当たる「6月30日」に それまでの穢れを落とし 残りの半年の無病息災を祈る儀式です。 この時期には 各地の神社にも「茅の輪」が設置され(これです↓) これをくぐることで穢れを祓うことができる といわれています。 こんな感じでお参りします↓ 家にほこりが溜まるように 人は誰しも生きていれば知らないうちに 何かしら”負のエネルギー”が溜まってしまいます。 昔の人は負のエネルギーを”穢れ”として 定期的

                              スキ
                              33
                              • 【梅王決定戦】大量の梅を一番おいしく食べる方法は?ずぼらな梅レシピ7選

                                6月の季節仕事といえば「梅」 ですが 梅が大量にあったら何を作りますか? 2キロとかのレベルではなく 本気で大量なんです。 マジ鬼レベルですわ。 なぜこんなことになったのかは こちらの記事でわかります。 今年は調子こいて、6キロ以上の 「超大量の青梅」を手に入れた女が 梅にまみれながら 汗を流しながら 初挑戦に涙しながら 大量の梅を仕込んだ全記録を大公開。 題して をお送り致します。 もし大量の青梅に困ったら いつでもこちらにお越しください。 ワタクシめは

                                スキ
                                35
                                • 今が旬の梅仕事。トモコばあちゃんが梅まで手配してくれた話【新潟産】

                                  本日、6月21日は夏至です。 1年で一番昼が長く、 夜が短い日というやつですね。 太陽の高さが一番高くなり、 「陽」が極まる日でもあります。 そして、6月といえば梅です。 (唐突だな) 梅が・・・ 只今・・・ 旬を迎えておりますっ! ってことで、本日は朝から 梅をもぎにいってきました。 いやいや、 昨年までは「梅は買うもの」だったんですよ。 それでも地元である 新潟産の梅を買って喜んでいたわけですが↓ あれから 「新潟産」から少し欲が出てきまして。 新潟の

                                  スキ
                                  33
                                  • 旬のそら豆で作ったあんこが私に教えてくれたのは豊かさでした。

                                    旬のもの。 それは私に生きることの喜びをくれます。 ばあちゃんの畑で採れるお野菜たちから 私は生命だけでなく ”心”まで育んでもらっている そう感じているんです。 そして 旬は”はかない”ものでもあります。 満開の桜だけでなく 桜が”散る”というところにも 日本人が”美”を感じるように 旬のものは 時期が過ぎると終わってしまいます。 そこに”はかなさの美” を感じるのは私だけでしょうか。 旬が過ぎると しばらく”その子たち”には会えなくなる・・・ だからこそ

                                    スキ
                                    34