見出し画像

言葉が世界を創る。無意識のマインドセットによって世の中の見え方が異なる。


8年前にモロッコに行った時のこと。自分が自分にどんな言葉を使っているか?によって、出来事の見え方がわかるというきっかけがあった。この体験が、”人生の見え方”を大きく変えてくれたきっかけとなったことをNoteする。(※旅行記ではないです)

読むとご利益ある方
・うまくいかないことがあると感じている
・目に見えない不安を感じている
・コーチング業をしているまたはコーチングに興味がある方
・出来事に色んな意味づけを持ってしまうと感じる方


人生初のバックパッカーで、友達と2人でヨーロッパに二週間行った。
往復のチケットだけとって、残りは現地で決めるというスタイル。5日目くらいに「モロッコ行こうよ!」と、友達に言われた。


よくわからんけど、アフリカ大陸か。いいなそれ!と基本フットワーク軽めの僕はyes。
スペインに着き、これからモロッコへ船で渡ろうとした時、たまたま日本人と出会いモロッコに行くことを伝えると彼はこう言った。


「日本人の拉致事件が増えていて、大使館が対処したらしい。気をつけた方がいい。」


”ヨーロッパ=スリが多い”と思っていた僕の脳みそに、
”モロッコ=拉致される”とマインドセットされる。
モロッコに着いて、7時間かけてフェズという街に行く予定だった。
バス乗り場でフェズ行きのバスを探すにもアラビア語で書かれていて、どのバスかわからない。英語も通じない。やっと思いで、同じような形の文字を探してバスに飛び乗ることにした。


バスの中に欧米の夫婦がいて、フェズに行くとのことだった。良かった。
しかし、問題が発生する。
50人乗りのバス。乗客はその欧米夫婦と僕ら、それと2.3名のモロッコ人。
2時間ほど乗って気づく。乗ったはいいものの、あれ、これいつトイレ休憩するんだろ?
飲み物ペットボトル一本しかないんだけど足りるんだろうか?
不安が不安を呼ぶ。
ふと、スペインで言われた言葉が頭によぎる。


「日本人が拉致されたらしいよ」


一気に不安増加。
トイレ行こうと降りたら、そのままバスに逃げられるんじゃないか?
急に山賊が襲ってきたりしないだろうか?


僕らの顔はかなり引きつっていた。不安という言葉の下に。
そんな不安も束の間、無事7時間のバスを経てフェズについた。
フェズは綺麗な街だった。イメージしたモロッコではなく、とても綺麗に整備されていた砂の街だった。

画像1


一見治安も良さそうだったが、モロッコ=拉致とマインドセットされている自分は、いやいや拉致されたらいけない。モロッコ人を信じてはいけない。と人との交流を拒絶している自分がいた。


そんな時、ラマダン中で食べるものが見つからなかった僕らは、マクドナルドで食事をとることにした。
ラマダンセットなんてあるんだね。面白い!と言っている時、少し離れた席に、アジア人の女性がこちらをチラチラ見ていることに気づく。
あれ、俺ら見られてる?と思い、何度も見返すと向こうがやってきて、こう言った。


「日本人ですかぁー?!」


一気に心の距離が縮まった。
なんとも言えない安心感。同郷バンザイ。
いくつかの会話を経て、なぜか、一緒に行動しましょう!という話になり、フェズ名物の迷宮を一緒に歩くことにした。


彼女は仕事をやめ、一人で世界一周をしているとのことだった。そのスケールの広さに圧倒された。そして、何よりもその果敢な姿にこの旅一番の学びを得た。
それは、彼女が街頭で売っているフルーツジュースを買う時だった。
いかつい180cmくらいあるモロッコ人男性に、あまり流暢でもない英語で値下げ交渉しているのである。


僕の心は、やばい、拉致られる!この日本人英語喋れないから狙うのに格好の獲物だ!と思われる!!
と、焦っていた。


しかし、そのモロッコ人は笑顔で「もう安いんだからこれ以上まけないでよーと言っていた」(僕の脳内翻訳機)
彼女は「いいからいいからー」とかなりの笑顔でボディータッチをしながら、結局値引きしてもらったジュースを買っていた。


それを見たとき僕は驚愕した。


僕と彼女は、同じ世界の中でも、違うものが見えているということを感じた。
同じ世界でも、彼女は楽しいという世界を創り、
僕は不安という世界を自分で創っていたと気付かされた。


言葉が世界を創る。


それ以来、バックパッカー旅が好きになり、人との交流が好きになり、ストレスがかかった時の気づきは価値観を変えると学んだ。


そして、シェイクスピアのこの言葉を大切にすることにした。


There is nothing either good or bad,
 but thinking makes it so
この世には良い悪いはない。考え方だけだ。


今の世の中でも同様のことが感じられる。
自分が日々の出来事、社会、仕事関係、家族関係、知人関係、起こること全て、出来事。

自分がそれらの出来事にどのような意味づけをしているか?により、物事の見え方は変わるのである。

事実は一つ。解釈は無限である。


今あなたが見ている今の世界は、どんな世界ですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!