本間家(嫁)

想いが交差する場所【アトリエ想木】 夫婦ユニットで、ものづくり 築40年超の古家と出会い、住居兼アトリエとして神奈川県厚木市に拠点をおく。 HOLOHOLO BIYORIがつくる"ᴘɪᴄᴛᴜʀᴇ ʙᴀɢ"とは?麻袋はアート、バッグはそのフレーム。麻袋をポジティブに捉えます。

本間家(嫁)

想いが交差する場所【アトリエ想木】 夫婦ユニットで、ものづくり 築40年超の古家と出会い、住居兼アトリエとして神奈川県厚木市に拠点をおく。 HOLOHOLO BIYORIがつくる"ᴘɪᴄᴛᴜʀᴇ ʙᴀɢ"とは?麻袋はアート、バッグはそのフレーム。麻袋をポジティブに捉えます。

    ストア

    • 商品の画像

      【完熟コーヒーチェリー】底マチたっぷり、肩掛けトートバッグ

      赤ってなかなか勇気がいる色だったけど いつも気になる色だった。 ちょっとポイントに。 挑戦してみたい。 麻袋の色にのるさりげない赤 コーヒーチェリーがちょうどいい。 真っ赤じゃない 私に寄り添ってくれる赤。 最初はドキドキしたけど 一歩外に出...
      17,600円(税込)
      【ホロホロビヨリ】オンラインショップ
    • 商品の画像

      【ロゴ×青パッチワーク】コロンと膨らむ秘密のシルエット

      文字はアート ロゴ系ワンポイントのTシャツを サラッと着る感覚で 麻袋の中のロゴ部分に目が行く。 私は麻袋の この文字の部分に惹かれたのだ。 え?あなたも?! どこを切り取るかで見た目が変わり そしてどれが好きかで 好みが分かれる。 ロゴ系の...
      11,000円(税込)
      【ホロホロビヨリ】オンラインショップ
    • 商品の画像

      【コーヒー麻袋パネル】海を渡る船

      好きなコーヒーを好きな時に 自分軸で楽しむ。 その空間が 自分好みだったら 言うことなし。 コーヒーパネル1枚飾るだけで いつものコーヒーが なんだかさらに美味しくなる気がする。 気分を変えるってこういうことかぁ。 コーヒーパネル L サイズ...
      8,800円(税込)
      【ホロホロビヨリ】オンラインショップ
    • 商品の画像

      【完熟コーヒーチェリー】底マチたっぷり、肩掛けトートバッグ

      赤ってなかなか勇気がいる色だったけど いつも気になる色だった。 ちょっとポイントに。 挑戦してみたい。 麻袋の色にのるさりげない赤 コーヒーチェリーがちょうどいい。 真っ赤じゃない 私に寄り添ってくれる赤。 最初はドキドキしたけど 一歩外に出...
      17,600円(税込)
      【ホロホロビヨリ】オンラインショップ
    • 商品の画像

      【ロゴ×青パッチワーク】コロンと膨らむ秘密のシルエット

      文字はアート ロゴ系ワンポイントのTシャツを サラッと着る感覚で 麻袋の中のロゴ部分に目が行く。 私は麻袋の この文字の部分に惹かれたのだ。 え?あなたも?! どこを切り取るかで見た目が変わり そしてどれが好きかで 好みが分かれる。 ロゴ系の...
      11,000円(税込)
      【ホロホロビヨリ】オンラインショップ
    • 商品の画像

      【コーヒー麻袋パネル】海を渡る船

      好きなコーヒーを好きな時に 自分軸で楽しむ。 その空間が 自分好みだったら 言うことなし。 コーヒーパネル1枚飾るだけで いつものコーヒーが なんだかさらに美味しくなる気がする。 気分を変えるってこういうことかぁ。 コーヒーパネル L サイズ...
      8,800円(税込)
      【ホロホロビヨリ】オンラインショップ
    • もっとみる

    最近の記事

    固定された記事

    ほんまゆきのものづくり

    HOLO HOLO BIYORIが作る作品は 全て一点もので 作業効率とは程遠い場所で ものづくりをしている。 効率って… なんだろうか? 改めてそう思う。 私も効率化については考える。しかし一般的言われるような効率化とはちょっと違う方向に向かっているんだと思う。合ってるとか、間違ってるとかじゃなく、麻袋でものづくりをする、ということが大前提になってる。その上での効率化の話。 麻袋っていうなかなか厄介なものをメイン素材にしていると 元々の柄も様々 プリントサイズも定ま

    スキ
    9
      • 私の告白。

        ※写真はこの記事の内容とは全く関係ありません… 記事を書き終わった後、なんかいいサムネないかなとiPhoneの中の画像を探していて、画像検索で"台所"と入れてみたら、この写真が引っかかったので使ってみました。 なぜこの写真が「台所」に分類されたのでしょうか… ネギ、でしょうか? あぁ、また旅行、行きたいなぁ。 この写真をみて思いました。 旅行行けるように、仕事頑張ります! さて、なぜ台所、なんて検索をしたのかと言いますと、タイトルの"告白"に繋がります。 なんの告白かと

        スキ
        14
        • 験を担ぐ

          トンカツ食べるとか カレー食べるとか 世の中には一般的に言われているゲン担ぎがあるけど 私たち流のゲン担ぎ それは popup出展中の晩ごはんは "コロッケ蕎麦" 各出展先の最寄駅の立ち食い蕎麦屋を探し、コロッケ蕎麦を流し込み帰路に着く。 明日も頑張ろ、って。 そして出展が終わると 思いっきり餃子を食べて お疲れ会。 これがHOLO HOLO BIYORIの出展スタイル。 今回は最寄駅ではなく乗り換え駅で食べていたんですが、なんと冷やしコロッケ蕎麦がありまして、助かり

          スキ
          7
          • 断線の真相

            アトリエ古家の外側を整える そんな記録をしましたが その中のインターホンが壊れたと思ったら 断線してたという その記録も残しておこうと思います。 我が家はものづくりの仕入れはほとんどネットだし 家のものを買うのも かなりの頻度でネットを利用しています。 ほぼ毎日何かしら届いてる。 ある日、ピンポーンと鳴ったと思ったら 上のように画面が真っ青になって ザーッとノイズが聞こえるのみ、という状況になってしまって。 配達の方に声聞こえましたか?と確認したけど 聞こえなかったと。

            スキ
            9

            アトリエの外側を整える

            アトリエ玄関横の百日紅の木 引っ越してきた時は ツルンツルンのただの棒…みたいな状態だったのに いつのまにか枝も葉っぱも ぐいーんと伸びて ついに花が咲きました。 百日紅の花、はじめて見たかも。 やっとやっと晴れた日曜日。 ISAMUさんは外構フェンスのペンキ塗りをしてくれました。 この日をずっと待ってたのよね。 錆止め姿から卒業。 この続きをやっとできた。 完成です。 ほっといたら ペンキの剥げだけでなく 外構フェンス自体がダメになっちゃうから 早く塗れてよかった

            スキ
            7

            アトリエでの過ごし方

            寝ている時間以外、ほとんどをアトリエで過ごしています。 お昼と午後のおやつの時間は休憩しますが あとはずっと仕事。 簡単ですがこんな感じ。 私はミシンのあるメインスペース ISAMUさんは作業台のある奥のスペースが 自分の仕事場 みたいな感じになってるかなぁ。 3部屋全てひと続きになってるので 仕切りはないのですが お互いそれぞれ 好きな動画や音楽を流しながら 自分のペースで仕事をしています。 ドアもないのに それでも相手が全く気にならない 音も気にならない このアトリ

            スキ
            6

            サビサビのサビ

            今日もあちこちこで大雨。 ここ、アトリエ想木がある地域も、1日のなかで何度も突然ものすごい雨が降ってきていて。 晴れを待つのはみんな同じだと思う。 私たちもそう。 アトリエ古家の外構部分のペンキを塗り直したいのです… 上の写真のように サビサビでして 引っ越してきた時から痛んでいたのですが 冬から春になり そして梅雨に入って 梅雨が明け あの連日の炎天下で もう目に見えて どんどん痛みが進んでいて こりゃ早めになんとかせねばと まぁ、築42年ですからね。 あちこち痛んで

            スキ
            5

            自分の好きを貫け!

            先日、ISAMUさんの前で バルタン星人の真似を披露しました。 両手をチョキにして、ハッハッハッハッハー すると、フォッフォッフォー、だろって、真顔のISAMUさん。 あ、そうか、私のバルタン星人は普通に笑ってしまってました。記憶の曖昧さ、怖いね。 私は心底、麻袋ってかっこいいと思っていて だからこの素材でものづくりをしている訳ですが 特に初見の方だと プリントが面白いってところがフォーカスされやすいかなぁと感じています。 もちろんそれも魅力の1つ。 間違いないです

            スキ
            6

            反省します

            先週メンテナンスに出していたミシンが 今日戻ってきました。 麻袋というハードな素材を縫うので セルフメンテはもちろん 定期的にプロにお願いもしている。 が、今回のは違う… もっと言うと今年の初めにも同じ原因で ミシンのメンテナンスをお願いしているのです。 それは… 故障とかではなく 完全人的ミス 故障を引き起こすかもしれない 自分のミス… 麻袋のカスが溜まるので 掃除をし 最後に油を差した つもりが なんと ピケを垂らしてしまって… 半年で2回 もういい加減 反省

            スキ
            4

            最近の様子

            6月の出展が終わってから アトリエの整えと製作を並行して進めていて 気づいたら麻袋洗ってない。 慌てて昨日までの3日連続で洗いまくり そしてまた雨が続くと天気予報が。 よかった。 たった3日 貴重な3日 3日で60枚前後は洗えます。 ホッとしました。 今日はいろんなことがあった1日。 その中の1つ また朝からアトリエの配置換えに着手。 6月出展時に 店頭オーダーに備えて什器を持ち込みしたので 1週間アトリエがスッキリしたんです。 この部屋こんなに広かったんだ。。。と再

            スキ
            7

            毎日ちょっとずつ

            ただただ増える一方のnoteの下書き。 どうやら感情を表に出せなくなっているようです。 そんな自分に気付きました。 取り止めもなく ただただ書いて えいやと投稿する ちょっとそういうこと してみようと思います。 立派なものを出そうと見栄を張るのではなく 失敗しても 間違ったことだったと後から気づいたとしても まずは 感情を 心を 私という人間を 表に出していく その練習をしていきますね。 文章が 短い日も 中身のない日も あるでしょう。 それでも 書く、という時間

            スキ
            7

            口に出すと癖になり性格になる

            今年も茅の輪くぐりができました。 我が家は結婚してからずっと寒川さん。 アトリエ想木もずっと寒川さんにお参りしてます。 少しずつアトリエを直していて まだまだ完成とはいかないけど 早く神棚を作って 見守って頂こうと思っていて 先日やっと神棚を付けました。 身が引き締まる想いです。 __ popup中、ご購入に至る至らない問わず、たくさんのお客様とお話をさせていただきます。 その中でも印象深い言葉 嬉しい言葉 というのがあって。 今回お客様から頂いた印象深い言葉を

            スキ
            8

            心を亡くさないために

            以前Twitterで目にした言葉です。 これを目にしたとき、脳みそが揺さぶられ、そしてその日から忘れられない言葉になりました。 ダメならアルバイトでも何でもやって生きていく。その覚悟はある。 私もそう思っていたし、挑戦する人の言葉として、耳にする事もよくありました。これが"売れない覚悟" でも必要なのは"売れる覚悟"だったのか、という話。 ものづくりをしていて 1つも売れない経験もしたし 悔しい思いや 自分の不甲斐なさを痛感することも 何度もありました。 それが少し

            スキ
            10

            ものづくりという哲学

            とあるpopupで 閉店時間も近くなってきた頃に ふとpicture bagに目を止めて下さったお客様へリーフレットをお渡しした。 ほんの一瞬の出来事だったと思います。 それが心に残ったと そのお客様は 後日再来店くださったのでした。 その言葉が心に響いたとおっしゃってくださいました。 嬉しかった。 本当に嬉しかったです。 この言葉は リーフレット製作の背景を お伝えする意味もあって。 ブランディングデザインをお願いしている"みねたさん"との打ち合わせでは、かなり

            スキ
            13

            肉体的なオフ

            一昨日、私はミシンを踏みながら、とてつもない眠気に襲われました。 もちろん普段は仕事をしていてお昼寝なんてしませんが 突然、もう手が止まるくらいの眠気に襲われてしまい、そのままソファに倒れ込んで眠ってしまって。 目が覚めたとき あぁ、私疲れてたんだ と実感して。 なんか突然、思いっきり気分を切り替えたくなったんです。 そして昨日、思い切ってオフにしました。 3月から全く休んでなく まぁ仕事が好きだから苦痛ではないし 普段から毎週休む必要も感じていなくて、時々休めたらい

            スキ
            8

            ネガティブ思考からの脱却は"作ること"、"作り続けること"

            昨年12月 アトリエ兼住居を引っ越して はじめての個展を開いて 荷解きをしたりプチリフォームをしたりしているうちに2022年もpopupシーズンに突入して、そして4月、ついにHOLOHOLO BIYORIは2人になりました。 気づいたらGWも終わっていて 正直今はアトリエ古家の庭を愛でる時間もなかなか取れていない。 けど、いまはそういう時期かなと。 1人であわわーとやっていた頃とは色々と変えなくてはいけないこともあるし、変えたいと思っていたこともあって、今は整備の時なん

            スキ
            6