見出し画像

1人でラトビアに行ってきた話 ②


随分間が空きましたが、ラトビアの旅第2弾です。


さてラトビア へ行くぞ!って楽しみにしてたんですが…


当日、風邪ひきました!!!!

いやマジか…

ラトビア に行く前に地元の鳥取に帰り、そのまま大阪へ遊びに行き、横浜に帰ってきて次の日にはラトビア。というハードにスケジュール詰め込んだせいか…。

僕のメンタルは普段は乾いた髪の毛くらい強いですが、風邪引くと濡れた髪くらい弱いんですよ。

でももう仕方ないんで、風邪薬2つ荷物に加えて成田へ!風邪薬が違法薬物かと勘違いされたらどうしよう…ってちょっと不安でしたが笑

前のブログに挙げたように、日本からラトビア は直通便がありません。

なのでロシアのモスクワ経由でラトビア へ。

14時間くらいの空の旅。

知らなかったんですが、先進国の空港って、完全禁煙が多いんですよ。喫煙ブースとか完全に撤去されてて、モスクワももちろんありません!
コレはキツかった…

長時間の飛行機もキツいけどそれより喫煙ブースないのがキツい…!!


脱線しましたが、初の1人海外旅行の不安って、空港乗り継ぎなんですよね。モスクワ空港デカイし、英語分からんしでそれがちょっと不安でしたが、無事乗り継いでラトビア 、リガ空港へ。


リガ国際空港に着いたのは21時とか22時くらいかな?

リガ国際空港は大きくないので(日本で言えば沖縄空港くらい)楽です。

この時4月ですが…クッッッソ寒い!!

画像10

気候について調べると

ラトビアは四季が比較的はっきりしています。北の国なので冬(11~3月)は長く寒い時期が続きます。ただし、ノルウェー沿岸を通る暖流の影響もあって、同緯度の他の地域と比べると比較的穏やかなほうです。この時期の平均気温はリガで-0~-5℃くらいです。短いながらも春(4~5月)と秋(9~10月)もありますが、この時期は急激に変化するので注意が必要です。短い夏(6~8月)は明るい時間が長くて過ごしやすく、日本の初夏ぐらいの気候です。平均気温は15℃前後です。一日中日が沈まない白夜はありませんが、夏至の頃には23時ぐらいまで明るく、冬至のころは16時には暗くなります。
国土が小さいので地域差はほとんどありません。

地理的にロシアと隣なんで覚悟はしてましたが…体感的には東京の冬より寒いです!手袋とかないと手がかじかみます!耳も痛い!

昼はまだマシなのかなぁ…とか思いながら、バスに乗ってリガ旧市街地へ。


ちなみに、ツアーとか送迎とかオプション一切つけず、航空券とホテルとwifiしかつけてないので行、移動は全部自分で決めなくちゃいけません。

画像5


リガ旧市街地はラトビア観光のメインスポットです。ホテルもそこに取りました。

空港からのバスで降りる時は、なんか大きなショッピングモール前みたいなとこで降りて、その一画が旧市街地。

画像6

(黄色い部分が旧市街地、多分)

その名の通り、むかーしのヨーロッパの街並みが残ってる場所です。

で、これは未だになぜかわかりませんが、夜になると花火やってました笑


なんでだろ…謎。


ヨーロッパのホテルってあんまいい思い出ないんですよね。5〜6年前、イタリア旅行して3つ星ホテルに泊まったんですがシャワー水圧弱…だし湯船ねーし!部屋もそんな綺麗でもオシャレ感もなかったんで。5つ星クラスは大丈夫だと思うんですけど、3つ星クラスは当たり外れがあるイメージ。 

ちなみに今回泊まったのがオールド リガ ホテル ヴェクリガ

画像1

画像2

メイン通りからちょっと中にある小さな通りの小さなホテル。

ほんと小さな通りにあるし、入り口分かりづらいんでGoogleマップ使ってもちょっと迷いました笑

ちなみに

画像3

画像4

部屋はこんな感じ。

決して豪華ではないですが、清潔感があり、シンプルでクラシックな感じで良かったし、何より風呂に湯船ある笑 安いしいいホテルでした。

とりあえず風邪引いてしんどかったし、移動の疲れもあったんでチェックイン済ませてコンビニ行ってこの日は寝ました!

ちなみに、ラトビアはコンビニがあります!サークルKとNarvesen(ナルヴェセン) 

画像11

Narvesen(ナルヴェセン) が色んなとこにあるので、不便はしません^_^


イタリアには24時間やってるようなコンビニがない(多分ですけど。5〜6年前にローマに行った時はなかったと思います )ので、これがありがたいです!ちなみにコンビニコーヒーが普通に美味しいです。

あと意外だったのは、深夜までやってるバーやクラブや店が多い!ストラップクラブみたいなのもありました笑 外からそれっぽい音楽とか照明が漏れてるし、なんならダンサーが見えるんですぐ分かります。

この時、体調悪くて入るのは辞めましたが、体調よかったら多分行ってました笑

ちなみにあとで知ったんですが、というかちょっと考えれば分かりますが、こういうクラブは犯罪やトラブルに巻き込まれる事多いらしいんで行かなくて良かった笑

ていうか、ラトビアは白人率の高い!

画像16

画像17

画像18


街で見かけるのは殆ど白人です!ロシア系とかヨーロッパ系の白人以外ほぼ見かけませんでした!80〜90%白人じゃないでしょうか?

故に、アジア系に対して差別意識がある人もいます!

これについては実体験したんで、次かな?で書こうと思いますが、それはさておき…


次の日はリガ旧市街地を散策する事にしました!

僕の趣味の1つがフィルムカメラなんですが、ラトビアに行った目的の一つはフィルムカメラで街撮りしたい!!だったのでフィルムカメラを鞄につっこんでプラプラ街歩き。

日本人的な感覚だとは思うんですが、フィルムカメラとヨーロッパの街並みって相性抜群だと思うんですよ。

画像7

△有名なブラックヘッドハウス

画像14

△旧市街地は結構入り組んでるんで、道が覚えづらいですが、雰囲気抜群です!


持ってたカメラはexakta vx、Nikon S2、Nikon F2だったかな?

exaktaがメインです。何故なら見た目が中世ヨーロッパっぽいカメラだから笑 レンズの描写力も1番好きなのがこのexakta。

画像15


サブでNikon S2です。

NikonF2はローライ・レトロ400Sという、外国製のモノクロフィルムを入れてました。

画像12

△ホテルにて。

ちなみにカラーフィルムはKodakがproimage100とFuji400proH。

画像14

△Kodak proimage100

画像13

△Fuji400proH


kodak のフィルムは外国の街並みと相性がいい。と勝手に思ってます!

まぁこの日は教会行ったり、観光名所行ったり、中央市場ってとこに行ったりとにかくこの旧市街地をプラプラ歩き回りました!


飯事情

ラトビアの飯は基本美味いです!あんまハズレはないと思います。

画像9

初日?の朝はコンビニのホットドックで済ませました!

(あとはいつ何を食ったか忘れました笑)

滞在中、結構このホットドック食ってました。何故なら普通に美味いから笑

未だに詳しくは分からないですが、このホットドック、トッピングとか好みに合わせてレジで注文するシステムです。少なくともNarvesen(ナルヴェセン) はそうです!

「ホットドックくれ」って頼んだんですが、日本のコンビニ感覚だとそれでオッケーじゃないですか?でもラトビアで頼んだら、多分ですが「パンを選べ。ケチャップとマスタードは?ソーセージはノーマル?チョリソー?ピクルスとかのせるか?」とか聞かれます。聞かれたんだと思います笑 よく分からなくて適当に答えたらこの形できました笑

写真は黒いバンズですけど、多分白もあります!シードが練り込まれてて美味しかったです^_^

外国で言葉が分からないと苦労するのが飯ですよね!細かい注文聞かれるとさっぱり分からん笑 ラトビアでも注文系はどこでも結構オタオタしました笑

さて、次の日は、高速バスに乗ってお隣のリトアニアに行こう!と思ってたんですが……

長くなったんで続きます。

追加…いつ、どこに行ったかは詳しくは忘れたんで、時系列関係なしに書くことにします。




この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

拙い文章ですがスキ嬉しいです☺︎
15
Asti Unjourというサロンで美容師してます☺︎フィルムカメラが得意な美容師
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。